FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-370  影武者

  1. 2009/09/04(金) 23:00:00_
  2. 黒澤明
  3. _ comment:0
影武者 1980年・日本



影武者




 
.


2009年9月4日(金)  レンタルDVD

監督 黒澤明
主演 仲代達也

感想
役割、その言葉が何回も何回も頭をめぐった。
黒馬に乗ったのは、役割を忘れたから。

前にチラ見したのは、追い出された後だった。
影法師が、御屋形様の人柄に触れ、
また、風林火山の意味に心から傾倒し、ラストの旗のシーンにつながると思った。

男の映画、女優は皆端役で、ちょっと出ただけ。

印象的だったのは、風、空、真っ赤な空と真っ青な空、
最後の虹はCGのようだったけど、美術の工夫だろうね?
とにかく風の強い映画で、すごかったなあ。

話の筋はつながっていて、磔になるところを、影法師に。
働かされ過ぎ、御屋形様が死んでいると知り、やめると言い、
一端離れるが、織田・徳川の間者の話を聞き、お願いしてまで影武者に。

夢で御屋形様に会うところ、天国か地獄か?
美しい場所、恐ろしい場所だった。

そして順調にいき、馬に乗ってしまい、バレる。
最後の織田との戦いのシーンは残酷でしつこい演出がイヤだった。
でも、最初に織田ばかり写し、次に武田ばかり写し、最後に全滅の図を写し、
倒れてゆくシーンは、きっと撮れなかったんだね、うまく誤魔化したなって感じ。

黒澤映画はあまりたくさんは見ていないけど、迫力は感じた。
でも戦国、男の世界、いまいち面白くなかった。
一番印象的だったのは風、頭を回ったのは役割という言葉。




<<2-370  影武者  (旧タイトル:初見・影武者) | BLOG TOP | 2-369  戦場のピアニスト  (旧gooブログの記事)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -