FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-1262)  泥の河 (2回目)

  1. 2016/11/29(火) 23:00:00_
  2. 小栗康平
  3. _ comment:0
再見  泥の河  1981年・日本



泥の河

 
.


2016年11月29日(火)  初見時保存版BD

監督 小栗康平
主演 あの子たち

感想
ほとんど全部覚えていて驚きました。
「サヨナラだけが人生さ」最近つくづく思う事・・・
この映画に出て来る、多くの死や別れ、1時間46分の映画なのに、
隠された、戦争の死
事故、事故か自殺か分からない死、病死、
略奪愛、離婚、せっかく友達になれたのに、サヨナラも言えずに別れること、

あの子の眼がイイね、3人ともね。
心が傷つくと、もう、一緒に遊んだり出来ないんだネ。

藤田弓子さんが凄く良いのだけど、まさかの「略奪子供作り」とはね。。。
田村さん、もう、拝みたい。

この映画は邦画ナンバーワンだと思いますが、
「人情紙風船」を再見しないと何とも言えないと思います。。。




初見時感想はこちら  →  泥の河(81・日) ・・・ 2-1262 





<<2016年11月のプラグインの言葉 | BLOG TOP | 5-1211  誰のせいでもない>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -