FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-245)  2001年宇宙の旅  (2回目)

  1. 2009/07/31(金) 23:00:00_
  2. スタンリー・キューブリック
  3. _ comment:0
再見  2001年宇宙の旅  1968年・アメリカ



2001年宇宙の旅




 
.


2009年7月31日(金)  皆と約束して、レンタルDVD

監督 スタンリー・キューブリック
主演 ケア・デュリア

感想 
うーん、いい映画だった☆
30年前に見たときと感想が違って当たり前だけど、背景が違う事も大きい!

順番に書くと、30年半見ていないのに、結構覚えているもんだなあと感心したよ。
最初の数分真っ暗で音楽だけが聞こえるところ、すごく不安な感じがして、覚えていたよ。

サルのところ、あれはサルじゃなくて、人間の着ぐるみだね?
当たり前だろうけど・・・
でもトラとかのところ、どうやって写したのかな?

それで武器を手にしたサル(人類の祖先)が、
前から居るおとなしいサルを動物の骨で殴り倒して、追い出して水のある場所を奪う場面は、
昨日の映画やキングアーサーやバリーリンドンや
そういう戦争系の映画を思い出したよ!

そういう事だったんだね!
この先ずっと、人間はこうして闘って追い出すの繰り返しをするって事!

そこに最後「モノリス」が登場して近未来(2001年)に変わるところ、鮮やかだね!
木星に行く前の、宇宙船やらなんやらも結構覚えていたよ。
そのあたりで一番思ったのは、
子供(68年に7歳くらいだから、私も同年齢に近いんだね)とのやり取りや、
知り合いとの話なんかは今と同じで、

木星に行った後も、両親からの誕生日のメッセージや、
前後に食事のシーンや、人間のやり取りや行いはそんなに変わらないという事を再確認しました。
人は食べて愛して生きるんだから。

CGのない時代に美しい宇宙の映像や、実際の映像だろうけどサルのいた場所も、
CGではない月の映像も、すべてにおいて美しいから、40年以上経った今も、
全然古くさくなくて、素晴らしい。

最後らへんの線や色がわーっと来るところもよく覚えていたし、
昔見たときはそこが一番怖かった(キチガイ)と思ったんだけど、
要するに大きな劇場に一人で行って、大きな音と、すごい映像を感じて(怖かったように感じたんだと)思う。

華氏451よりはマシだけど、2001年も もう10年位前になった今となっては、
おかしな表現上の問題科学的な問題は一杯あったよね!

一番気になったのは、船外活動時に命綱が無いところ!
今現在の若田さんの活躍を見ていると、命綱がないなんて、信じられないし!

あと、ラスト近い部屋の事は、モノリスの好意とか読んで納得、
未来の自分が年取って、ジジイになって、赤ん坊に戻るところ、何か分かりやすかったなあ。

ラストに全部字が出て、真っ暗になっても流れる♪美しく青きドナウ♪
最後の最後まで聞かせるところ、音楽も映像も美術の全てが、
キューブリックの心がいっぱい感じられました。

キチガイ発言の源は、あの恐ろしいCGのようなシーンだったけど、
今ごろにはもっと怖いような映画も一杯あるし、見たし、
この映画は思ったよりも長くもないし、難しくもないし、怖くもないし、素晴らしい映画です。
(アーサー・C・クラークの講演今聞いてるのですが、4年も掛かったなんてスゴイと思います。)

この映画を今回そう思えたのも、今はDVDをいつでも止めて、用事をしながら見られるし、
好きな格好も出来るし・・・昔は一人で大きな劇場で、動けないという感じで見たからね。

そうそう宇宙船のイメージが、今の本物や、
スター・ウオーズに多大な影響を与えたんだな、って思いました。

それから、友人を見捨てざるを得なかったところ、悲しみも感じたけど、
結局人間は自分が第一という事なのかな?と思いました。

ラストは精神面に入るという事らしい・・・ふーん、結局目には見えないもののことだね。
そうそう、モノリス、月にあって触ったとき、頭が痛くなって、急に切り替わるし、そういう
ところキューブリックらしいよね! 
あの調度の数々の部屋の撮り方もね!

宇宙空間やラストの部屋のモノリス・・・全てであり、何でもないという事???
でも68年にここまで想像したのはスゴイと思います。
だって、今、2050年の事なんて、全然分からないもんね!

色々と書いたけど、書き忘れがあったら、また後で書きます。
高校生の時の感想は、幼稚くさくて、恥ずかしいでした☆

でも、勇気という言葉はイイ線いっていたかな?
今回は思わないけど・・・



初見時等の感想はこちら

2001年宇宙の旅(68・英/米) ・・・ 1-245  
2001年宇宙の旅(68・英/米)(2回目) ・・・ 1-245 第1回 ブログ DE ロードショーの作品
2001年宇宙の旅(68・英/米)(2回目) ・・・ 1-245 第1回 ブログ DE ロードショーの作品  旧gooブログの記事




<<(1-245)  2001年宇宙の旅  (2回目)   | BLOG TOP | 2-349  宮廷画家ゴヤは見た>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -