FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-369  戦場のピアニスト

  1. 2009/09/03(木) 23:00:00_
  2. ロマン・ポランスキー
  3. _ comment:2
THE PIANIST  (戦場のピアニスト)  2002年・仏/英/波/独



戦場のピアニスト




 
.


9月3日(木)  地上波のオンエア

監督 ロマン・ポランスキー
主演 エイドリアン・ブロディ

感想
この前の変な映画の代わりか?と思うくらい残酷なユダヤ人への処遇。
裏切りや何やら・・・。

最後間近まで、すごい迫力で引っ張って引っ張ってすごい映画だったけど、
ラストの字幕でがっかりして(助けてくれたドイツ人将校がロシアで死んだ)
何だ?この映画は?と思った。
それで、それまでの全てに、ガックリときた。

しかし、それ以外の部分を見ると、すごい映画だった。
まあヨーロッパで受けなかった意味は分かるよ、目をそむけたくなるよね、全く!

ポランスキーって怖いわ。
日本だけで受けたんだってさ!

彼がどんどん薄汚くなって、髪やひげもぼうぼうで、とにかく食べるものだけを求めて、生きる、
生きる生きる、助けられたのも、ピアノのお陰・・・。
そんないろんな事思う映画でした。

最近名作と言われるモノばっかり見ていて、ちょっと書きにくいです。



**************************



今日(9月6日)スターチャンネルでやっていてチラ見したら、
私が見たのはカットがあるって分かってものすごく残念!
CMも飛ばせる良いカット割りと思っていたのに・・・。
やはり映画はDVDかNHKしかダメなのかな?

オスカー取っているけどねぇ・・・




<<2-369  戦場のピアニスト  (旧gooブログの記事) | BLOG TOP | 2-368  恋におちたシェイクスピア>>

comment

  1. 2016/11/26(土) 23:22:49 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんばんは

昨日、書きたい事は大体書いてしまって・・・。
10代の時、観てたらきっと今の感想と違って、もっと素直に衝撃を受けただろうけど、生憎、色々なのを観てしまいましたから。
只、ドキュメンタリーでない映画としてのリアルさは秀逸だったと思いました。

ナチス将校>ソ連に連行されたのが不運でしたね。(東部戦線だから必然と言えば必然だけど)
スパイ嫌疑を掛けられユダヤ人組織の釈放要求にもソ連は聞く耳を持たなかったそうです。
死後、イスラエルから勲章を贈られたとか。
(彼は主人公ばかりでなく、多くの人をSSに隠れて逃がしたそうです)

オスカー>選考メンバーにユダヤ系が多いですから。(噂だけど、否定しにくい噂)

日曜日
>観に行くとしたら「湯を沸かすほどの愛」なんだけど、イマイチ気乗りしないのと、月末に付き「金欠」。(笑)
(今月は随分、映画館に行ったし、僕の場合、映画後に一杯引っ掛けながら飯喰うのも楽しみなので)
ツタヤで決めきれず2本借りて来ました。(笑)
1本は珍しくホラー系、もう1本は「ブルックリン」を高評価した関係で同系の「キャロル」、ベスト10を考える上でこれを見ておかないと片手落ちになる気がするのです。

鉦鼓亭さん、こんにちは☆

  1. 2016/11/27(日) 12:44:50 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
再びのお出ましを有難うございます!

10代の頃・・・この映画は2002年製作なので(笑)。
あら、ごめんなさ~い☆ 
そういう意味ではなかったかしらん???

ソ連はあの戦争の最後らへんから、今現在までずっと、やりたい放題ですよね~笑。
ゴルビーさんだけは期待できましたけどね・・・結局そういうお国柄で(笑)。

今日はDVDで「キャロル」でしょうか?
充実した一日をお過ごしになりますように~!!!





> 昨日、書きたい事は大体書いてしまって・・・。
> 10代の時、観てたらきっと今の感想と違って、もっと素直に衝撃を受けただろうけど、生憎、色々なのを観てしまいましたから。
> 只、ドキュメンタリーでない映画としてのリアルさは秀逸だったと思いました。
>
> ナチス将校>ソ連に連行されたのが不運でしたね。(東部戦線だから必然と言えば必然だけど)
> スパイ嫌疑を掛けられユダヤ人組織の釈放要求にもソ連は聞く耳を持たなかったそうです。
> 死後、イスラエルから勲章を贈られたとか。
> (彼は主人公ばかりでなく、多くの人をSSに隠れて逃がしたそうです)
>
> オスカー>選考メンバーにユダヤ系が多いですから。(噂だけど、否定しにくい噂)
>
> 日曜日
> >観に行くとしたら「湯を沸かすほどの愛」なんだけど、イマイチ気乗りしないのと、月末に付き「金欠」。(笑)
> (今月は随分、映画館に行ったし、僕の場合、映画後に一杯引っ掛けながら飯喰うのも楽しみなので)
> ツタヤで決めきれず2本借りて来ました。(笑)
> 1本は珍しくホラー系、もう1本は「ブルックリン」を高評価した関係で同系の「キャロル」、ベスト10を考える上でこれを見ておかないと片手落ちになる気がするのです。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29