FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-336  パックマン家の人々

  1. 2009/07/14(火) 23:00:00_
  2. ロン・ハワード
  3. _ comment:0
Parenthood  (パックマン家の人々)  1989年・アメリカ



パックマン家の人々




 
.


2009年7月14日(火)  BS2

監督 ロン・ハワード
主演 スティーブ・マーティン

感想 
子供が好きな人々の話?なのね?
俳優さんが、フツーのその辺にいる一般人みたいで、
何かER?か何かテレビドラマか映画のチョイ役かで見たような人が多くて!

しかしネットで見たら、キアヌ・リーブスが多くあって、
あのイカレタ若者野郎だったんだね!ふーん。

子供だらけで、親からの順繰りに回る良くない事もあって、
一番賢いのは、あのおばあちゃん!

人生とジェットコースターと、メリーゴーラウンド!
私に言ってくれているんじゃないかな?って思うよね。

結局子供に甘いのよね・・・お金・・・
男の子は父親が要るという事
女の子がイカレ野郎と結婚しても妊娠しても結局自分で守る、
その二人を育ておかしくなる母親が、最後に赤ちゃんを産んで終わる、
この映画はそういう映画だよね。

長くて まあ つまらないというか その辺のどこにでもある家の事みたいで、
でもまあ ついつい見ちゃうんだよね。

英才教育のおかしさ、でも分かりあえたのか?
ラストは妊娠していたし、中心人物の家では4人目!
長男のちょっとヘンなところ、一所懸命にやる両親。
とにかくバタバタ、でも何か見ちゃうそんな映画でした。

あぁ、今思った「幸せのポートレート」に似ているんだ。
どこにでもあるアメリカの一家。

それぞれの問題点は違うけど、あって、それがとても身近な感じで・・・。
あちらと違うのは俳優の有名度かな?
あと年数も違うから、89年ならこれでも最高かも?
でもDVDになっていないし、なんとなくB級というか何というか・・・そんな気がします。




<<2-337  あなただけ今晩は | BLOG TOP | 2-335  狩人と犬、最後の旅>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -