FC2ブログ
  • 2020_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2021_01

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-330  女ともだち

  1. 2009/07/06(月) 23:00:00_
  2. ミケランジェロ・アントニオーニ
  3. _ comment:1
LE AMICHE  (女ともだち)  1956年・イタリア



女ともだち




 
.


2009年7月6日(月)  BS2

監督 ミケランジェロ・アントニオーニ
主演 エレオノラ・ロッシ=ドラゴ

感想 
この監督さん、めちゃ賞取っているんだぁ!知らなかった!
イタリア人というとヴィスコンティとフェリーニしか浮かばなくて、恥ずかしいです。

この映画は賞なめする前の作品で、初期という感じらしいけど、重い映画でした。
ラストシーンは唐突、私にとってはココで終わるとは!っていう感じです。

ヨーロッパの電車の駅というと、K・ヘップバーンの「旅情」、
最近では例の「恋人までのディスタンス」かな?
それらと比べてもこの終わり方はつまらん・・・というか唐突。

途中まで前に見た「シングルス」という米映画に似ていると思い、
ちょっと退屈でバカにしていたけど、途中からガラッと変わって、
女が「本当に自殺する」事と、
その事で客の前でやりあい、解雇されると思い込んでいた主人公が、
かえって栄転となり、ラストへ、という流れは、スゴイと思った。

こういうところに監督の力の差が出るんだと思う。
初期とはいえ、すごい!
でも好きな作品ではないから、録画はしない。

色々な男と女が出てきたけど、イタリア人が特別エロイというわけではないだろうケド、
ちょっとまゆをひそめたい気持ちだなあ・・・
特にあのバカ男、最後に「本音を言ってしまって、人を死なせ」る、
でも奥さんは見抜いたんだと思うよ。
身を引くなんて言葉は・・・方式通りだよね。

あぁいうのは恋とは言わないなぁ・・・。




<<2-331  ウィンブルドン | BLOG TOP | 2-329  ロバと王女>>

comment

承認待ちコメント

  1. 2020/01/07(火) 04:27:33 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -