FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-317  河童のクゥと夏休み 

  1. 2009/06/22(月) 23:00:00_
  2. 原恵一
  3. _ comment:0
河童のクゥと夏休み  2007年・日本



河童のクウと夏休み




 
.


2009年6月22日(月)  BS2

監督 原恵一
声の出演 田中直樹 / 西田尚美

感想 
良かった・・・泣きの涙×2という今日でした。
最後に、やんばるで休んだ後に、人間に化けて、人間に化けた河童を探して、
こういち達にも会いに行くと、そう決めて、本当に良かった☆ クゥが主人公で良かった。

人間の子供の世界は色々と大変なんだね・・・いじめの事、胸が悪くなったよ・・・。
大騒ぎになって、人間が皆追いかけて、写真撮るところイヤだったなあ・・・竜神様が来て、
生きてゆかなくてはならないと、悟るところは素晴らしかったな。
河童も人間も自分から命を捨ててはいけないのだよね・・・。

助けてくれたシーサーが「おっさん」と呼んで、と言ったところ、良かった。
犬のおっさんの優しさや、辛さや、思い出や皆含んでいて・・・。

川の光と違って、人間と関わるところ、長編アニメで、
沢山の学びがあって、素晴らしい作品でした。

遠野、が河童の町とは知らなかった・・・座敷わらしと話ができる事、
そーなんだと思ってたら「ウソをつくのは人間だけ」この台詞が、
この長い映画の一番の「キモ」だと思いました。

でも、こういちは優しくて、海を見せたところ、素敵でした☆
末っ子のあの感じ、よく分かるわ・・・。
フツウの家族で、良かった。

でも、それは偶然ではなく、江戸時代のあの最初のシーンから、
ずっと決まっていた事、そういう台詞も泣かせました。

これからも、子供達はすくすく成長して欲しい・・・そういう願いも込められて・・・
2年前の作品だから、そろそろクゥの旅も始まっているような気がします☆

クゥが竜神様や沖縄の葉書きで、言葉がなくても分かること、
私もいつもわかる事、同じような気がします。
言葉もなく、科学的には証明されないけれども。




<<2-317  河童のクウと夏休み  (旧gooブログの記事)     | BLOG TOP | 2-316  川の光>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -