FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-301  皇帝の鶯(うぐいす)

  1. 2009/06/01(月) 23:00:00_
  2. イジー・トルンカ
  3. _ comment:0
CISARUV SLAVIK  (皇帝の鶯(うぐいす))  1948年・チェコスロバキア



皇帝の鶯(うぐいす)




 
.


2009年6月1日(月)  BS2

監督 イジィ・トルンカ

バヤヤの続きで録画したのです。

感想 
バヤヤに先んずる事2年、終戦後のチェコ、社会主義よね?
どこの国でも、子供の心は同じ、子供に見せたい大人の気持ちも同じ。

話の内容は、バヤヤもこれも、多分チェコの昔からの言い伝えっぽくて、ピンとも来ないけど、
音楽、うるさくない音楽、今回は最初と最後にちょっと人間の子供出てきて、
画像がキレイ、60年前なのに、ファンタジアに通じる何かを感じます☆
やっぱりあの女の子と劇の中の女の子は通じるんだね!

最後のシーンは良かった☆(草の中を走ってゆく二人)自由のない皇帝との対比?
夢の中の人形劇・・・アンデルセンの原作「ナイチンゲール」だと!
(だからうぐいす?女の子の事?男の子は病気がち?)

バヤヤよりこっちのほうが出来が良いなあ☆

どちらも内容よりも、作り手の心、見る子供の心、そして技術的なことが素晴らしかった☆
人形の自然な動き、どちらもお城のお話が中心、しかし、後者が中国なのは、何故???




<<2-302   Z | BLOG TOP | 2-300  バヤヤ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -