FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-294  波も涙も暖かい

  1. 2009/05/25(月) 23:00:00_
  2. フランク・キャプラ
  3. _ comment:0
A HOLE IN THE HEAD  (波も涙も暖かい)  1959年・アメリカ



波も涙も暖かい




 
.


2009年5月25日(月)  BS2

監督 フランク・キャプラ
主演 フランク・シナトラ

感想 
先日来、キャプラ監督の映画が続き、どんどんイメージが変わっていますが、
この映画は良くないです・・・残念です。
いったいラストシーンは何なんだろう?と思います。

人情劇と言うけれども、勝手なことして没落する人を助けるのは人情とはいえないしね・・・
自業自得・・・もう一つの踏み込みがないんだよね・・・
何もかも失って、息子も兄夫婦に預ける・・・でも逃げ出す・・・
日本映画で最近見た3丁目の夕日(1)と一緒!

若い女性を愚弄しているようなシーンもあるし、
エリノア・パーカーってサウンド・オブ・ミュージックのようにツンケンしている方が似合っているわ。
子役もいま一つ・・・兄夫妻もね。

ちょっとだけ良かったのが、最初の方の亡くなった奥さんの話をするところくらいで・・・。
ジェロニモーとかも意味不明だし、あのホテル全体の雰囲気もヘンだし、
文句ばっかりで、すいません。

タイトル良すぎて、期待して損したというか・・・
シナトラはやっぱり歌わないとね!ダンスもね!
原題とは全然違う邦題に騙されました。




<<2-295  奥様は魔女 (1942年版) | BLOG TOP | 2-293  ニューオリンズ・トライアル>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -