FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-283  子熊物語

  1. 2009/05/11(月) 23:00:00_
  2. ジャン=ジャック・アノー
  3. _ comment:0
THE BEAR  (子熊物語)  1988年・フランス



子熊物語




 
.


2009年5月11日(月)  BS NHK

監督 ジャン=ジャック・アノー
主演 2頭の熊

忙しい日で、短い映画を見ようと思っただけだったんだけど・・・。

感想 
いい、いい、良かったよ~☆
イイ映画でした。

時代的に、動物が傷付くシーンは全て演出です、と書いてあったり、
最後のロールに全米動物愛護教会からのお墨付きもらったり、
フランス映画なのに、舞台も言語も英語で、そんな感じ。

小さい熊ちゃんの頭の中に、怖いカエルちゃん、ちょうちょちゃん、お母さんが死んだときの事、
新しい大人の熊との事、人間のくれる甘いかんずめの何か???毒キノコちゃん、面白いね~!

特に良かったのは、人間に捕まって、縛られていたのに、
前に捕らえられて死んだ熊の顔の部分に寄り添ってネンネしていたところ・・・
人間も足をコチョこちょしてハハハだね~!

お母さんとの楽しい日々、一人ぼっちで野原で遊ぶ、
最後のネコ科のピューマ?かなんかとの戦い?
大きい熊が助けてくれて、雪が降ってきて、冬眠・・・真っ白の世界、山、

一年をゆっくりと、うん、人間も襲われそうになってやっと気持ちが分かって、
相手の人も深く聞かなくて、すごい良い映画でした☆

前は動物モノあんまり好きじゃなかったんだけど、ダーウインが来た、で見るようになってから
慣れたというか、そんな感じ?

原題はTHE BEAR、子熊にして良くなかったような気がする・・・子供に見せるには
吹き替えにすると良いと思う。




<<2-284  ウール100% | BLOG TOP | 2-282  彼女を見ればわかること>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -