FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-281  海外特派員

  1. 2009/05/09(土) 23:00:00_
  2. アルフレッド・ヒッチコック
  3. _ comment:0
Foreign Correspondent  (海外特派員)  1940年・アメリカ



海外特派員




 
.


2009年5月9日(土)  セルDVD(500円)

監督 アルフレッド・ヒッチコック
主演 ジョエル・マクリー

ロッカリアさんのお薦め映画です。ずっと楽しみにしていました。

感想 
秀作だと思いました。
次から次へと舞台を変え、もうダメ~見つかるぅ~とか思わせ、
ハラハラドキドキ、嫌味のないストレートな作品、1940年、ファンタジアと同じ年に作られ、
すごいなあのひと言・・・

飛行機が落ちた後のシーンは、セットだと思うけど、本当の海のように思えたし、
新聞社、ロンドンの街中、オランダの風車、ホテルの中、船の中、食堂の一室、飛行機の中、
アメリカの船の中、電話のトリック、
息つく間もないほど、時間のたつのが早い作品だった。

ヒッチさんの登場シーンが分からず、降参したくない・・・

ラストシーン、戦中に事実を伝えるところ、
この映画は本当に反戦と戦場の人々への応援歌?だと思う。

しかしヨーロッパ戦線の始まる前後の話だよね?
ラベンダーの庭の映画と同時期、
グレンミラーも・・・多いよね?最近、シンクロ?  

↑この漂流バイオリニストの件も同じように感じた・・・
アメリカに行く途中で船から投げ出されたから・・・。
おっと、横道にそれた。

この作品はぱちぱちぱち、の秀作だけど、サスペンスというか、
一回見て、良い作品でした~で私には終わるような気がする・・・
「ファミリープロット」のラストシーンの意外性と彼女の笑顔は
何十年経っても忘れられないけど、

この作品は、戦争に向けてこそ、の作品だと思う、
もちろん平和な今見ても充分に面白いけど、
女性向きではないかもしれない、と思いました。
今からネットで見る。




<<2-282  彼女を見ればわかること | BLOG TOP | 2-280  君とボクの虹色の世界  >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -