FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-150)  グレン・ミラー物語  (数回目)

  1. 2009/05/03(日) 23:00:00_
  2. アンソニー・マン
  3. _ comment:0
数回目再見  THE GLENN MILLER STORY  (グレン・ミラー物語)  1954年・アメリカ



グレン・ミラー物語
  



 
.


2009年5月3日(日)  買ったDVD(500円)

監督 アンソニー・マン
主演 ジェームス・スチュアート / ジューン・アリスン

〇〇君(夫)と見ました。
〇〇君は、小学生のときにお母さんと一緒に見て、翌日レコードを買ったそうです。
お金はお母さんが出してくれたそうです。

感想 
この映画はもう何回も見ているはずなんだけど、
今回初めて、シッカリと全部を心にゆとりを持って全部を見る事が出来ました。 ヤッター!

そして感じた事・・・私は今を生きているという事、
この映画を高校生でもOLでもなく、
母親、妻、大人の女性として見ている事、その今、を〇〇と共に生きているという事。

やはり、高校生の頃や昔の幼い頃からの自分も自分だけど、
その延長で、一所懸命に生きてきた道の続きに今があるから、
今を否定するのではなく、
思い違いをせずに、自分らしい自分を、幼い頃からの自分を、
シッカリ手に持っても、今の私は私だということ。

物語から・・・ひどい男だと思う、
4年もほったらかしにして(2年+2年)急に結婚する、だなんて!
そしてご両親への挨拶はどうなっているの???

それから、交通手段の良くない時代、せっかく授かった命を、
そして子供の授からない身体に・・・。
でも、偉い男だと思う。

ちゃんと約束守って、男の子一人、女の子一人の両親になって、そして志願して戦場前線へ・・・。
ジューン・アリスンは、本当に笑顔が良いね・・・ラスト近くの涙顔も・・・茶色の小瓶、だね。

質屋さん、放浪、求めるサウンド、ムーンライトセレナーデ、クラリネットの編曲、大成功、
でもおごらない、十周年、両家と友人とバンドメンバーと・・・。

本当に戦争がなかったら、と思う、一種の反戦映画かもしれない、でも、この映画は私に、
私が今を生きている事を教えてくれた。  感謝です。



初見時感想は → こちら




<<2-278  アメリカン・プレジデント | BLOG TOP | 2-277  スタンドアップ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -