FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-237  ヒッチコックのゆすり  (恐喝(ゆすり))

  1. 2009/03/23(月) 23:00:00_
  2. アルフレッド・ヒッチコック
  3. _ comment:0
BLACKMAIL (恐喝(ゆすり)) 1929年・イギリス



ゆすり




 
.


2009年3月23日(月)  レンタルDVD

監督・脚本 アルフレッド・ヒッチコック
主演 アニー・オンドラ / サラ・オールグッド

とうとうヒッチさんの映画!楽しみです!

感想 
ヒッチさんの出番は分かったような気がします。(交通整理のおじさん?)
最初の方はサイレントか?と思いましたが、自然とトーキーに入っていきました。

最後のほうの追いかけっこの場面は、後年の数々の映画に通じるものを感じました。
彼女の気持ち・・・震える手・・・ヒッチコック映画らしい数々の表現等・・・
でも、何だかラストは「?」という感じでした。

まず硬い事言うなと言われても、独身の女の子が、男の独り暮らしの家に夜遅くに入って
しかも衝立一つで、服を着替えるだなんて、信じられない!

それもちゃんとした恋人、しかも刑事の恋人が居て、だもんね!
バカ!って思いました。

古今東西、よくある話でしょうけど、
私はやっぱり「好き」という気持ちのあるなしで考えたいわ。

あと、よくある話では、悪い男が見に行ったら実は生きていて、
もう一度止めを刺した(最近見た映画の影響?)という話になっても良いかも?

とにかく、フイルムの古さとかは何も思わないけど、
後年のヒッチさんのすべてが、未熟な形でこの映画のあちこちに溢れている気がしました。
ラストについては、いまだに「?」ですが、見られて本当に良かったです。




<<2-238  容疑者Ⅹの献身  | BLOG TOP | 2-236  ニューヨーク東8番街の奇跡>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -