FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-234  エターナル・サンシャイン

  1. 2009/03/20(金) 23:00:00_
  2. ミシェル・ゴンドリー
  3. _ comment:0
ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND (エターナル・サンシャイン) 2004年・アメリカ 



エターナル・サンシャイン




 
.


2009年3月20日(金) BS2を録画

監督 ミシェル・ゴンドリー
主演 ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット 

これもリビングのHDDに入っていました。

感想 
結局、最後は、過去の全てを知っても、好きになって付き合える、という事?かな?

途中で「これはB級映画?」と思い、笑えてきたけど、
出会いの場面が違う事にちょっと気付いて、
起きた日が最初の場面で「ここで会いましょう」と言っていた場所へ行くのは、
消せない記憶があるかなかな?
そしてハッピーエンドか?甘いなと思ったら、違っていた
記憶のテープを聞いて、それでも、と、お互い悪いところを認めて・・・
まあラストの雪の中は、ファンタジーというか、イイとこどりというか、キレイ事だけど。
時間軸と髪の毛とめちゃくちゃだったけど、それなりに面白かったかな?

あと精神科の先生と受付の女子、男性二人、のエピソードも面白いというか
めちゃくちゃだったけど、受付女子の改心がラストへとつながるものね・・・。

はじめ、この題名で、難病モノか?と、誤解して、あんまり見たくなかったんだけど、
全然違ったわ!いかにも、死んでも永遠に輝く、みたいなタイトルだものね。

実際は、恋人たちの意味かなあ? 
ジム・キャリーって、いまひとつかなあ???



再見時の記事は → こちらです




<<2-235  ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 (ディスタンス) | BLOG TOP | 2-233  ルパンの消息>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31