FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1377  さざなみ

  1. 2018/01/10(水) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:4
45 YEARS  (さざなみ)  2015年・イギリス



さざなみ





 
.


2018年1月10日(水)  ムービープラス

監督  アンドリュー・ヘイ
主演  シャーロット・ランプリング

感想
いまいちでした。

彼女はいくつになってもお綺麗で
女優としても、多分、人間としても、頑張っていらっしゃるんだろうな~
って思います☆

相手役の俳優さんも相変わらずお上手で、
二人以外の周りの人々も、良かったと思います☆

・・・でもね、ちょっと内容がね・・・。

偏見を持っているとは思っていないけど
きっと持っているんだろうな、って自分を責めますよね・・・。

子供がいない人生って、よく分からないから。。。

お話の最初に出てきた、昔の彼女の事、
多分、子供や孫がいれば、数日間夢のように思っても
きっとすぐに醒めるし、妻側からしてもそんなに大きな心の負担には
ならないだろうなって・・・
私だったらそうなると思うし。

友人にもひとりいて、ことごとく
そのことで、強い言われようで、話すのも辛いんですが
努力しても授からなかったのですしね・・・

その、昔の彼女のことで、
夫がおかしくなったと思って
自分もおかしくなって
それで添い遂げられない、45年をなかったことにできるだろうか?

ラストのあの顔は、本当に怖かった。
今後のことが・・・。

映画そのものは、前に書いたように役者も良かったし、
演出も手堅いというかそんなに悪くもなかったんですが、
この作品は誰に向けたものだろうか?とか思うしね。。。



今年から、ロッカリアさんのお知恵を拝借して、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「さざなみ」の結末

45周年記念パーティーは大成功。
皆の前でにこやかに踊るふたり・・・
でも、だんだん妻の顔がゆがんでいき、最後には
ものすごい顔に・・・
つないでいた手も、振り払う。
そのことに誰かが気付いたかどうか、そのあたりわからないまま、エンドマーク。

昔の彼女の遺体をどうするのかもわからないまま。





<<5-1378  人生はビギナーズ | BLOG TOP | 5-1376  吾輩は猫である>>

comment

こちらへお返事します

  1. 2019/08/18(日) 10:56:10 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
miriさんも観てらっしゃったのね! いつもながら迅速なコメントをありがとうございました。

>昔の彼女のことで、夫がおかしくなったと思って自分もおかしくなって
それで添い遂げられない、45年をなかったことにできるだろうか?

そうなのです。45年を一通の手紙が崩してしまう、だからこそランプリング演じるケイトさんの怖さを感じてしまいました。しかも、半世紀前の手紙が! 愚痴って当たり散らし、ある一定期間を置いて終焉しそうですが、ケイトとジェフは修復できそうにありません。離婚までを匂わせるラストでした。皆が集まるパーティのラストダンスで手をふりほどく。元教師だったプライド高い女役を見事に演じていたと思います。

>この作品は誰に向けたものだろうか

カップルだけでなく、慣れ親しんだ相手や身近にある関係にもそれなりの意識と心遣いが大切で、胡坐をかいてはいけない。 古風な云い方であれば「親しき仲にも礼儀あり」かな 。家族や友人、恋人や夫婦、隣人、同僚なども含まれると思います。

Re: こちらへお返事します

  1. 2019/08/18(日) 19:54:33 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
しずくさん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> miriさんも観てらっしゃったのね! いつもながら迅速なコメントをありがとうございました。

昨年の初めごろに見て、年末には内容が思い出せないような
いまいちな作品でした(笑)。

でも、しずくさんの「ホラー映画」で、
そうきたか!と思いました!

> そうなのです。45年を一通の手紙が崩してしまう、だからこそランプリング演じるケイトさんの怖さを感じてしまいました。しかも、半世紀前の手紙が! 愚痴って当たり散らし、ある一定期間を置いて終焉しそうですが、

まあ、普通の夫婦は、というか、子供や孫がいたら
そんなことでって感じになるので、数日とか数十日で解決することだと思います。

> ケイトとジェフは修復できそうにありません。離婚までを匂わせるラストでした。皆が集まるパーティのラストダンスで手をふりほどく。元教師だったプライド高い女役を見事に演じていたと思います。

演技は良かったと思うのですが、
何というか怖いというか・・・モヤモヤでした(笑)

> カップルだけでなく、慣れ親しんだ相手や身近にある関係にもそれなりの意識と心遣いが大切で、胡坐をかいてはいけない。 古風な云い方であれば「親しき仲にも礼儀あり」かな 。家族や友人、恋人や夫婦、隣人、同僚なども含まれると思います。

いや~!
恐れ入りました!!!

この映画でそこまで深くお考えになって、しずくさんは素晴らしいです!
私は駄目ですね~(笑)。

でも、しずくさんのご意見が、この映画を見て時間が経った自分に
「きっとそうなのだろう」と、思わせてくれました。

やはり同じ映画を見て、自分以外の方のご意見を聴くのは、
本当に重要な事なんだなあって再認識しました!

今日は本当に有難うございました☆
親しき中にも礼儀あり・・・肝に銘じたいと思います。
(きっと胡坐をかきまくっています、大反省!)


.

こちらこそありがとうございました

  1. 2019/08/19(月) 09:58:37 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
>この作品は誰に向けたものだろうか

実はレビューを書きながらも正体不明のすっきりしない感が残っていました。ところがmiriさんの問いかけで、私も整理できました。
すっかり夫が仕事を引いて2年ほど経ちます。ジェフとケイトよりはまだ若いですが、2人で年がら年中顔をつきあわせる暮らし向きは全く同様です。若い頃のふたり暮らしとはかなり異なりました。近隣の先輩仲間に聞いてはいましたが、世代の違いからで「私たちに限って~」と高をくくっていた所、そうでもないと思う節もありました。小競り合いを繰り返し新しい暮らしを作る中で、やってはいけないルールが分り始めました。そんなの水くさいよではなく、「親しき仲にも礼儀あり」なんだと。これを欠いた後に来る大惨事を引き受ける度量がないなら守らねいけませんね(笑)

本当に”ブログdeロードショー”の醍醐味です。色んな方の感想を聞けるということで、更にその作品が理解できるなんて素晴らしいです。
こちらこそありがとうございました!

しずくさん、こんばんは☆

  1. 2019/08/19(月) 18:26:49 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
再びのお出ましを、有難うございます☆

> >この作品は誰に向けたものだろうか
> 実はレビューを書きながらも正体不明のすっきりしない感が残っていました。ところがmiriさんの問いかけで、私も整理できました。

そう言って下さり、本当に感謝です♪

> すっかり夫が仕事を引いて2年ほど経ちます。ジェフとケイトよりはまだ若いですが、2人で年がら年中顔をつきあわせる暮らし向きは全く同様です。若い頃のふたり暮らしとはかなり異なりました。近隣の先輩仲間に聞いてはいましたが、世代の違いからで「私たちに限って~」と高をくくっていた所、そうでもないと思う節もありました。小競り合いを繰り返し新しい暮らしを作る中で、やってはいけないルールが分り始めました。そんなの水くさいよではなく、「親しき仲にも礼儀あり」なんだと。これを欠いた後に来る大惨事を引き受ける度量がないなら守らねいけませんね(笑)

参考になります!
うちももうすぐ、会社に行かなくなるのでね(笑)。

実は先月義父(同居の夫の父)が他界して
もう一人の同居高齢者はずっと入院中で、

今はもう二人になってしまって、
私たちは新婚時代以外にこういう事がなかったので、

会社に行っているので違うんですけど、
やっと初めて二人になったみたいなところがあって・・・。

確実に数年以内には、会社に行かなくなるので、
大惨事にならないように、今回のしずくさんとのお話を
きっと覚えていて、頑張って歩んでいこうと思っています☆

> 本当に”ブログdeロードショー”の醍醐味です。色んな方の感想を聞けるということで、更にその作品が理解できるなんて素晴らしいです。
> こちらこそありがとうございました!

ホントね~!
同じ映画の違う面を感想で持ちあえて、お話しできて、
理解し合えることがホントに素晴らしいと再確認しました☆

この作品、もっと多くの方に見て頂きたいような
それは怖すぎるような(笑)。
ホラー映画としても(笑)。

では、「アルキメデスの大戦」もし鑑賞されたら、
是非お話いたしましょうね~!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -