映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


名探偵ポワロ リマスター版 第36~40話の感想です。

  1. 2016/07/31(日) 05:55:00_
  2. TVムービー や テレビドラマ テレビ番組 等
  3. _ comment:3
2015年10月24日から、NHK BS3で、
名探偵ポワロをリマスター版として全話再放送する事になりました。
ゆっくりと、出来れば全部見たい(再見したい)と思います☆

今回の5話です。
すべて主演はデヴィッド・スーシェさんで、吹き替えは熊倉一雄さんです。



名探偵ポワロ/黄色いアイリス(93・英) 第5シリーズ 第36話 

名探偵ポワロ/なぞの遺言書(93・英) 第5シリーズ 第37話

名探偵ポワロ/イタリア貴族殺害事件(93・英) 第5シリーズ 第38話

名探偵ポワロ/チョコレートの箱(93・英) 第5シリーズ 第39話

名探偵ポワロ/死人の鏡(93・英) 第5シリーズ 第40話




 



The Yellow Iris  
名探偵ポワロ/黄色いアイリス
(93・英) 第5シリーズ 第36話


ミニ感想
妹が倒れる前に全てが分かったように思いました。
しかしよくもまぁ「後見人をしている相手、要するに子供」を
裏切ることができるよね?

ヘイスティングスさんの声が変わっていて、残念。
ミス・レモンは普通で良かった☆
最近ジャップを見ないなぁ~。

政変にからめてまぁまぁの作品でした。





The Case of the Missing Will
名探偵ポワロ/なぞの遺言書
(93・英) 第5シリーズ 第37話

ミニ感想
なんだかなぁ・・・。 犯人が可哀想と思えるのですよね~
もちろん殺人はいけません、でも、でも、でも・・・。

あの犯人は配偶者を完全にコントロールして、我が子が可愛くて
とても悪い人間ですが、どことなく自分を見てしまって・・・
そう、醜い自分の、普段は隠している部分を・・・。

ポワロさんが旧友との事でしたが、結局友達なんて何も知らないのよね~
どうせ被害者は若い頃(晩年も?) いろんな人を悲しませ・苦しませたのですからね~

1926年の新年から始まった物語、90年経っているのよね~(主には1936年)
人間のお金対する欲望や、人間同士の愛情は、変わらないモノですネ。





The Adventure of the Italian Nobleman
名探偵ポワロ/ イタリア貴族殺害事件
(93・英) 第5シリーズ 第38話


ミニ感想
お金が欲しいという人間の欲望の深さは、本当に恐ろしい。

このお話では、殺人よりも猫ちゃんを棄てる事を許さないミス・レモンの高潔さと、
その猫ちゃんが自分の事務所に居る事を発見したポワロさんの最後のお顔のアップと、
7週間も悩んで買ったお車が一度も乗らないまま
ポシャッたからお金を支払わないつもりのヘイスティングスさんと、
普通に活躍?出来たジャップさんが良かったですね~☆

全くお話には関係なかったけど、犯人の配偶者の人が一番かわいそうでした。
そして、小さな嘘は大きな嘘に繋がると、自分を反省もしました。





The Chocolate Box
名探偵ポワロ/チョコレートの箱
(93・英) 第5シリーズ 第39話


ミニ感想
ポワロさん、またまた失恋系? ブローチの色が変わっても
身につけるそのお気持ち、とってもピュア☆です!

自分の息子」を、って思うけど、結局今現在のISと同じようで
宗教とか言っても、違うんじゃないの?って感じでした。

ポワロシリーズにはチョコレートがよく出てくるけど、
やっぱりベルギー人だからでしょうか?

今回の主人公かと思えたジャップさん、美しいいでたちで素晴らしいけど
残念ながら脇役になってしまった(笑)。
奥さまはお写真見て喜ばれたことでしょう、って思います♪





Dead Man's Mirror
名探偵ポワロ/死人の鏡
(93・英) 第5シリーズ 第40話


ミニ感想
具体的な犯行のやり方は分かりませんでしたが、
犯人の正体と動機は、かなり早くから分かりました。
もちろん被害者がアレなので、そこまではある意味仕方ないかも?とも思ったのですが、
最後の最後の自殺強要には呆れ果てました。

自分の正体をある人に分からせたくないという事で
警察とポワロさんもOKしましたが
そんな事は無理でしょう、何もかも白日のもとにさらして、
刑を受けないと、新しく生きる事は(関係者全員)できません。

若い2組のカップルに幸あれと、
被害者の配偶者にもそれなりの良い余生?があれと
応援したい気持ちです♪




<<2016年7月のプラグインの言葉 | BLOG TOP | (5-298)  星の旅人たち  (2回目) >>

comment

こんにちは

  1. 2016/07/31(日) 14:34:45 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
「黄色いアイリス」以降はヘイスティングスの声優が交代したんでしょうか。昨日も観たけど、違いが判らない!(汗)

>人間のお金対する欲望や、人間同士の愛情は、変わらないモノですネ。

これで”愛情”がなくなっていったりしたら悲惨です。事件が多い世の中ですが、大人が子供に対して愛情をもって接していかないとですね。

「イタリア貴族殺害事件」はみんな活躍していてよかったです。どんな事件でも、彼らがいれば少しは救われます。

>ブローチの色が変わっても身につけるそのお気持ち、とってもピュア☆です!

再会した時に、相手の女性もキュンとしたかもしれません。
恋をするポワロは可愛らしいです♪

「死人の鏡」はホラーチックだったのに、内容的にはいつも通りでしたね。自殺強要や犯人の要求を呑むところはリアリティが…(汗)
それを誤魔化すためのホラー調だったのかなと思ってしまいました。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2016/07/31(日) 19:57:31 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「黄色いアイリス」以降はヘイスティングスの声優が交代したんでしょうか。昨日も観たけど、違いが判らない!(汗)

それがその時だけで、戻ったようです。
どうも二人の人が吹き替えているようですので、
都合によって変わるのかも?です。
混乱させてごめんなさいね~♪

> これで”愛情”がなくなっていったりしたら悲惨です。事件が多い世の中ですが、大人が子供に対して愛情をもって接していかないとですね。

そうですね・・・数日前にも我が子殺人があって(昨年の事件をやっと立件した)
本当に悲しいニュースばかりです。
狭い意味の子供ではなく、人類として、お互いに皆、愛情を持って過ごしたいものです。。。

> 「イタリア貴族殺害事件」はみんな活躍していてよかったです。どんな事件でも、彼らがいれば少しは救われます。

ハイ、それぞれに見せ場のあるけっこう稀有な回でしたね~。
彼らの存在が、このシリーズの良さなので、(今のところ)50分の中で
うまく配置してほしいですネ~!!!

犯人の配偶者ですが、最後らへんのヨットのところで出てきました。
何も知らず、夫が捕まるのを見ているような印象でした。。。

> 再会した時に、相手の女性もキュンとしたかもしれません。
> 恋をするポワロは可愛らしいです♪

見た時に、嬉しそうでしたよね、但し友情としてですが。
そういう高潔な女性だからこそ、幸せになれたと思うし・・・

でも、この女性ではない、あの女性の時は
そういう女性ではなかったので、きっと「オンナ」としての魅力を
知ってしまったのでしょうね~~~
そうでないとあの結末はね~こだわってすみません!

> 「死人の鏡」はホラーチックだったのに、内容的にはいつも通りでしたね。自殺強要や犯人の要求を呑むところはリアリティが…(汗)
> それを誤魔化すためのホラー調だったのかなと思ってしまいました。

ホラーチック・・・被害者の奥さんのことでしょうか?
なんか、こういう、田舎の方のお屋敷シリーズは、
ほとんどの場合、こういう流れになりますよね~。

そうそう、昨日はジャップさんの声が変でしたが、
同じ声優さんだったのでマジ風邪ひいてたのかも?笑

では、今後も楽しみましょうネ~!!!


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/08/02(火) 08:19:10 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -