FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


253・あゝ 野麦峠 1979・日本

  1. 1979/07/08(日) 20:00:00_
  2. 山本薩夫
  3. _ comment:4
↓ これは前売り入場券です

野麦とおげ券


↓ 原作本の画像です

野麦とおげほん


映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1979年7月8日(日) ○○劇場にて (1本立て) (18歳)
監督 山本隆夫
大竹しのぶ、原田美枝子

もう ずっと まって いました  泣こうと 思ったりして
知ってる 地名の でるのは  いいことだなって 思った




 
.


感想
80年前 1900年代の初期
わかるはずも ないんだな なんてネ

原田美枝子がよかった “ゆき”という女が好き
結局 明治時代 だから アホなんだけど
それなりに かしこくて 自分を安売りせず
さいごまで さいごまで 強かったもの
“みね” “はな” “きく” etc. いろんな女が いた
みんな やっぱし それぞれ 生きたんだ
それを あとの時代の 私たちが どーの こーの
いえないん だよな そう 思うんです

好きです この映画

もう ぜんぜん 書けない
心が あっても なんで 書けないのよ?
いやに なっちまう



************************



2009年7月:追記

中高生時代に比べて、段々感想文が書けなくなってきたのです。
それは今も同じだけど、決して「うまく書こう」と思っているわけではないけど
どうも書けない・・・ダラダラとあらすじを書くような感じで・・・
もう、この頃から悩んでいたのね・・・。

知ってる地名というのは、この作品の舞台のひとつの飛騨が、母の故郷で、
私も何回も行った事があります。

この映画・・・現代の女優で考えると、こんな感じ・・
主演 : 大竹しのぶ → 宮崎あおい
助演 : 原田美枝子 → 蒼井優
助演 : 古手川祐子 → 北川景子
助演 : 友里千賀子 → 浅見れいな
遊んでみました。
しかし、宮崎あおいは、最近「大竹しのぶ・化」しているような気がします。

この作品は「女工哀史」で、今はあまり見たい内容ではありません。
ラストシーン、主人公が「飛騨が見える・・・」とつぶやいて亡くなる・・・
涙・なみだ・・・す~ごく、よく覚えています。
何で死ぬまで働かされるんだろう?と、今の私は、冷たい感想しか持てない。

一緒に行った人は、書いていないので分かりませんが、
もしかしたら母と行ったのかもしれませんね?



************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=146739



2014年4月に初ソフト化!
DVD発売されます☆
買おうと思っています。



************************



☆ 2014年6月に再見しました ☆ (セルDVD)

アマゾンで予約して、4月に手元にあったのですが、
なかなか辛い内容を覚えていたので、見たくなくて・・・時間がかかりました。

記事は → こちらです




<<(165) チャップリンの独裁者 (2回目) 1940・AMERICA | BLOG TOP | 252・A Little Romance (リトル・ロマンス) 19  ・>>

comment

コメント&TBありがとうございます。

  1. 2010/04/12(月) 16:49:15 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
恥ずかしながら、私は今も、この映画を思い出すと、泣けてきます。(涙もろくなる年齢で)と、いうことで、当時はあのラストに参ったのですが、現在は、彼女らは、当時の明治軍国日本の犠牲だったことを自覚します。この国の思想は、昭和20年8月15日まで続いたのだと。もんぺ姿で鉢巻き締めて、軍需工場で働く女学生を描いた黒澤明監督作品「いちばん美しく」が、今ふと浮かんできました。
固い話ばかり書いてしまいました。すみません。

こんばんは、アスカパパさん☆

  1. 2010/04/12(月) 20:27:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらこそ、コメントとトラックバックを有難うございました☆

> 恥ずかしながら、私は今も、この映画を思い出すと、泣けてきます。(涙もろくなる年齢で)と、いうことで、当時はあのラストに参ったのですが、

本当に泣けるラストでした。大竹しのぶは、異常に演技がうまかったですネ~!
アスカパパさんは記事やコメントをお書きになりながら、目の端に光るモノがあるのでしょうね~!

>現在は、彼女らは、当時の明治軍国日本の犠牲だったことを自覚します。この国の思想は、昭和20年8月15日まで続いたのだと。

残念な時代でしたが、戦後は一歩ずつ向上して、頑張る日本になれましたね☆
(今現在はまた、別の意味で問題山積ですが・・・)

>もんぺ姿で鉢巻き締めて、軍需工場で働く女学生を描いた黒澤明監督作品「いちばん美しく」が、今ふと浮かんできました。
> 固い話ばかり書いてしまいました。すみません。

いえいえ、未見の映画のお話を聞かせてもらうと、見たいなぁって嬉しくなります。
これからもどうぞ色々と教えて下さいね♪
旅のお疲れはとれましたか? 強い雨にお野菜たちが負けませんように・・・。

  1. 2012/07/08(日) 10:02:50 |
  2. URL |
  3. かえるママ21
  4. [ 編集 ]
かえるままも子供の頃、見たんです。
これは父が「この映画は見せておかなくてはいけない」と何やら父の歴史を伝える使命感から、連れて行かれた映画でした。
かなり多感な頃だったのでショックが大きかったです。
後に史実と照らして「あの映画のシーンはこういう事だったのか」と何度も思い出す映画です。

飛騨がお母様のご実家だったのですね。
最初の方の雪が吹雪いているシーンが印象的でした。

そうそう、結核が死の病であった事や、隔離され、ボロキレの様に酷使されて最期は孤独に...ととても悲しい歴史ですね。
今でも、多くの若い人にも見て欲しい映画ですよね。

かえるママ21さん、こんにちは☆

  1. 2012/07/08(日) 14:10:06 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆
今日のイメージ画像記事に来て下さり、本当に嬉しいです。

> かえるままも子供の頃、見たんです。
> これは父が「この映画は見せておかなくてはいけない」と何やら父の歴史を伝える使命感から、連れて行かれた映画でした。

お父さま、深いお考えがあって、ご一緒に鑑賞されたのですね。
素晴らしいお父さま(ご両親)ですね~!

> かなり多感な頃だったのでショックが大きかったです。
> 後に史実と照らして「あの映画のシーンはこういう事だったのか」と何度も思い出す映画です。

当時はショックだったと思いますが、
その後、何度も、ママさんの人生で大切な映画となっていて、
本当にお父さまの深い深いお考えが、私まで感動いたします♪

> 飛騨がお母様のご実家だったのですね。
> 最初の方の雪が吹雪いているシーンが印象的でした。

ハイ、母は飛騨の小さいな村で中学卒業まで過ごしました。
雪の深い田舎です。

その村は、数年前に「高山市」に編入されて、
今も田舎に残っているオジサンたちは、なんと高山市民です。(爆)

・・・私はこの作品での、主人公の兄役の地井武男さんが、
地井さんの出演作の中では、一番印象に残っています。
えぇ、ラストシーンですよ(涙)。

> そうそう、結核が死の病であった事や、隔離され、ボロキレの様に酷使されて最期は孤独に...ととても悲しい歴史ですね。
> 今でも、多くの若い人にも見て欲しい映画ですよね。

本当にそう思います。
こういう事があってこそ、日本が近代化した・・・忘れてはいけませんよね。

残念ながら今現在はDVDの販売がなく、当然レンタルもありませんが、
きっと今後こういう作品が日の目を見る時が来ると思います。

いつか、お子様方に、良い機会を見計らって、
ママさんと(パパさんももちろん)ご家族皆さま揃っての
ご鑑賞の機会があると良いですね~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31