FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


247・l‘une chante l’autre pas (歌う女・歌わない女) 1977・FRANCE

  1. 1979/03/10(土) 17:30:00_
  2. アニエス・ヴァルダ
  3. _ comment:0
歌う女・歌わない女



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1979年3月10日(土) 於:○○座 (2本立て) (高3)
DIRECTED BY アニエス・ヴァルダ
   ヴァレリー・メレッス、テレーズ・リオタール

とても期待してたの その期待とは また ちがった いみで
とても 大きく 応えて くれました 




 
.


感想
すなおに 書けそうよ

ターニング・ポイントと 同じに 感じました
バレエでなく エミリアに対する 2人の心と
ロザリー・ヴァルダに(そしてその世代に)対する アニエス・ヴァルダの心
私は きっと いろいろ 書くと 思うけれども
どちらにしても 私は おくられる側の世代、ロザリーと 同じ立場
だから この えーがでは マリーね(シュザンヌの娘の)
だから うけとるだけの 気もします
そして 何より 私は まだ 子を生んだり ホントに 人生を
生きては いないのですもの
だけど 生意気にも かかせて もらいます
これは 女の 女による 女のための 女に対する えーが ですね
男の人には ぜったい わかりゃ しないヨ
ふみこむことも できんだろうし 見とっても つまらんかったんじゃない?
そんな気もして、
そして いつものように フランス映画、
キライな人は とても ついて ゆけんの でしょう けども
私にとっては やきゅーは 阪神 えーがは フランスえーが だから
とっても その気分が すきで ついてゆけます
現実って きびしいよ だれも たすけて くれやしない
‘60年代 始めから 15-6年間のこと
2人 それぞれの ドラマと友情
ラスト前に 2年くらい 2人が とだえ かかって
おだやかに 湖はんで 2つの家族と 仲まが 会えたことは
正直と 思いました 友だちでも やっぱり・・・
そして アニエスの ロザリーに 対する愛を
私も、おこぼれ もらいたいと 思っているのです
なんしか BESTですね 今までの 女性映画の 中では そう 誠実

フランスの「女性史」(15年間だけど)とも 思えると思いました



********************



2009年7月:追記:
アニエス・ヴァルダって誰かの奥さんでしたよね?
ジャック・ドゥミだったかな?

この映画は覚えているシーンが多いです。
出産のシーン? 今ではテレビドラマでも、しょっちゅう見るけど、
この頃はそんなの全くなくて、初めて見て、ひっくり返りそうになりました。

イイ映画でしたよね・・・フランス映画で、女性映画で、
女性監督で、歌う女と歌わない女・・・
自分はきっと歌えないんだろうな、なんて思ったような記憶が・・・?

この2本立ては、多分ヨシリンちゃんと一緒に見に行ったと思います。(または一人)
この映画のDVDがなくて、本当に残念です。
男性には多分、全く理解不能の映画だと思います。



*********************



野球は阪神、というのは、弟が小さい頃から何故か阪神ファンで、
私も一緒に見ていて、大好きになりました。弱かったけど!
父は地元のチームのファンで、一緒に暮らしている頃には、よくケンカしました。

この頃住んでいた土地の野球ファンは、8割がそのチームで、あと2割が巨人で、
つまり阪神ファンなんて、ほぼゼロ、だけど自分の好きなものは好き、
それをフランス映画ファンと同じように感じていたのでしょうね~?
(ヨシリンちゃんは、地元のチームの大ファンでしたよね~?)



*********************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2418
製作国:フランス/ベルギー



再見時感想はこちら  →  歌う女・歌わない女(77・仏/ベルギー)(2回目) ・・・ 1-247





<<248・くるみ割り人形 ☆ NUT CRACKER ☆ | BLOG TOP | 246・CONVERSATION PIECE (家族の肖像) 1974・イタリア・フランス>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30