FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-21  (ハル)

  1. 1997/05/27(火) 20:00:00_
  2. 森田芳光
  3. _ comment:0
(ハル) 1995年・日本



(ハル) DVDの画像




 
.


1997年5月27日(火) レンタルVHS

監督 森田芳光 
主演 深津絵里 / 内野聖陽

Best Actress は 深津絵里の方が ゼッタイ よかったのにと 思います
悪魔のkiss から 何年でしょう? 成長したのネ

感想
なんだか ラストに 涙出てしまってネ。
(よかったネ これからだネ 声を出して しゃべるんだヨ がんばれ2人! って言いたい)

この作品は 映画を好きな人にしか うけないと思う
たぶん 半分くらい さいている パソコン画面
TVで オンエアの時には さぞかし しらける ことでしょうネ

ハルと ほしの 1つ1つの シーン 心 画面
1つ1つって ところが、 ホントに・・・

妙に 現実感あったのが 姉妹のシーンですね
うまく書けないけど いい いいって ぐいぐいと
ひきよせられて いきます さいしょから
現代は こういう時代 皆 物は 持っていても
心さびしくてネ

パソコン通信と 文通の ちがいは どこの だれか
ホントの ところが わからないって ところかな やっぱし

私でも いつか パソコン通信 できる日が 来るのだろうか?
努力すれば できるのだろうか?

森田芳光の作品 10年以上 ぶり ぐらいで 見たと
思います ヘンケン 持ってたけど この作品は
まいったネ うまいです ホント

ひかれている 俳優を そっと 応援したい 私でした



この映画について2011年に思った事

パソコン通信・・・結局、それをしたことはありません。
私がインターネットを、きちんと始めたのは、ほんの5年ほど前からで、
最初の数年は、決まった内容のページしか見ませんでした。

なので、今こうして、映画のブログをしていることに、
本当に、深い感謝を、感じています。



******************************



再見時感想はこちら  →  (ハル)(95・日)(2回目) ・・・ 2-21 



リンク先さまにあります「夜更けの自販機」
HAMさんの記事「(ハル)(1996)」
読ませて頂き、どうしても今年中に再見したくなって、やっと見られました。

HAMさん、再見のチャンスを、本当に有難うございました!



以下、(ハル)に頂いたコメントを転記しました。 有難うございました☆



こんにちは

2011/02/26(土) 11:29:32 | URL | 宵乃 [ 編集 ]

結局、まだ「黄泉がえり」の再見はできてませんが、北林谷栄さんならどの作品でも素晴らしい演技を見せてくれるんだろうなぁと思います。
「(ハル)」は未見だけど、深津絵里は大好きなので(写真、若いな!)いつか観たいですね~。



管理人のみ閲覧できます

2011/02/26(土) 12:13:26 | | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます



宵乃さん、こんにちは☆

2011/02/26(土) 15:51:35 | URL | miri [ 編集 ]

コメントを有難うございます☆

> 結局、まだ「黄泉がえり」の再見はできてませんが、北林谷栄さんならどの作品でも素晴らしい演技を見せてくれるんだろうなぁと思います。

そうですね~。
私は主にテレビドラマで知っていたけど、お若いころから
若くない役柄が多い人だったと思います。
「大誘拐」は、彼女のためにあった作品のような気がしますね!
「黄泉がえり」再見なさったら、是非感想をお聞かせ下さいね~。

> 「(ハル)」は未見だけど、深津絵里は大好きなので(写真、若いな!)いつか観たいですね~。

私も彼女大好きです♪
あんまり昔から変わらない人だと思います♪

(ハル)は、今の時代どうなんでしょうか?
いや、パソコン通信が・・・
オンエアがあると良いのですが・・・
とても良い作品でしたよ~☆ 機会があると良いですね!
エンディングから始まるラブストーリー♥



2013/07/08(月) 23:44:01 | URL | |―|/‐\|\/| [ 編集 ]

“miri姉さん”の言いたいことがすっごく分かります
≫「初見時はほとんどサスペンス」
確かに・・・!

「パソコン通信」
“宵乃さん”や僕とやってるじゃん!
Re: エンディングから始まるラブストーリー♥



2013/07/09(火) 14:36:56 | URL | miri [ 編集 ]

HAM君、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> “miri姉さん”の言いたいことがすっごく分かります
> ≫「初見時はほとんどサスペンス」
> 確かに・・・!

これは知っているのと知らないのとでは・・・
鋭いヒトはともかく、私は鈍感なので、本当に心臓を鷲掴みされたように思いました。

> 「パソコン通信」
> “宵乃さん”や僕とやってるじゃん!

いや~20年くらい前にパソコン通信ってありましたよね~?
この映画のような・・・
リンク先さまのお話でも数人の方に聞きました。。。
私はそれがしたかったのに出来なくって残念でした・・・。

今のこの本当にすごくなってしまったインターネットは、
もちろん素晴らしいのですけど・・・
昔のは何というか「味」があったように思うのですよね~♪

今後も、HAM君はじめ皆さまと、素晴らしいネットの世界で
お話し楽しくしたいです!
宜しくね☆



2015/03/04(水) 14:13:11 | URL | 宵乃 [ 編集 ]

パソコン通信…真っ黒な画面に文字だけというのは見たことがあるけど、インターネットがない時代にどういう事が出来たのか想像つきません。この作品のおかげで、少なくともチャットとメールはできる事がわかったけど、どんな感じでやるのかわからなくて。
でも、映画好きで集まって話す内容とかは、今とあまり変わりなくて親しみ覚えました。

>今こうして、映画のブログをしていることに、本当に、深い感謝を、感じています。

本当にそうですよね。ネットがなければ私は、友達と映画についてあれこれ話すという事はほとんど出来なかったと思います。
映画に限らず、自分とは違う考えや物の見方に触れる機会も増えたし、気軽に話を聞いてもらえる相手がいると思うと心強いです。

>この映画は、この時期にしか作られなかった

そうなんですよね、その時期にしか撮れなかったものをバッチリ切り取っていて、それだけでも価値がある作品だと思います。
二人の心の距離が近づいていくところも丁寧に描いていて普遍的なものがあるし。終盤のメールの題がずらずら~っと出るところはキュンとしました。

>全然そんな「大恋愛で結ばれた」とかではなかったのだけど、30年近く一緒にいるヒトの事を改めて感謝して過ごせそうです・・・。

今現在もきっと、miriさんのこの気持ちが旦那様の支えになっていると思いますよ。
穏やかな気持ちで過ごせる日が一日でも早く訪れるようお祈りしてます。
宵乃さん、こちらにも有難うございます☆



2015/03/06(金) 13:00:15 | URL | miri [ 編集 ]

> パソコン通信…真っ黒な画面に文字だけというのは見たことがあるけど、インターネットがない時代にどういう事が出来たのか想像つきません。この作品のおかげで、少なくともチャットとメールはできる事がわかったけど、どんな感じでやるのかわからなくて。

どうだったんでしょうね~???
20年くらい前のことだと思うのですが、私はそういうのがあると知って
してみたいな~と思いつつ、毎日の雑事に追われる身分では全く何もできず、
なので、メカ的な事は全く分かりません・・・

っていうか正直言って、今宵乃さんのコメントを読ませて頂くまで、
現在のインターネットとそんなに変わらないシステムだと思い込んでいましたの。。。
お恥ずかしい!!!(笑)

> でも、映画好きで集まって話す内容とかは、今とあまり変わりなくて親しみ覚えました。

ハイ、全くそれは思いますよね~「私も入れて!」って思いました(笑)。

> >今こうして、映画のブログをしていることに、本当に、深い感謝を、感じています。
> 本当にそうですよね。ネットがなければ私は、友達と映画についてあれこれ話すという事はほとんど出来なかったと思います。

宵乃さんだけではないと思います。
なかなかリアル友達とは感想が真逆とかの場合は
本当の本音は言いにくいような気がするので(笑)。

ブロ友は有難いです!!!

> 映画に限らず、自分とは違う考えや物の見方に触れる機会も増えたし、気軽に話を聞いてもらえる相手がいると思うと心強いです。

何をおっしゃって!
それはこちらのセリフですよ♪
本当にいつも有難うございます☆

> >この映画は、この時期にしか作られなかった
> そうなんですよね、その時期にしか撮れなかったものをバッチリ切り取っていて、それだけでも価値がある作品だと思います。

ハイ、その通りの作品だと思います。
私的には、森田監督への見方が180度変わってしまった作品です!

> 二人の心の距離が近づいていくところも丁寧に描いていて普遍的なものがあるし。終盤のメールの題がずらずら~っと出るところはキュンとしました。

そうですね、ツールが何であれ、恋を始める二人の想い的には、
いつの時代でも、どこの国でも、そしてパソコン通信でも、って感じがしました。

> 今現在もきっと、miriさんのこの気持ちが旦那様の支えになっていると思いますよ。
> 穏やかな気持ちで過ごせる日が一日でも早く訪れるようお祈りしてます。

温かいお言葉有難うございます。
なかなかに哀しみに沈むよりも、事務手続きとかが多くて大変のようです。

私はせめて足を引っ張らないようにと思うのですが
あまり性格が良くないので・・・

でも、本当に、宵乃さんのお言葉を読ませて頂き、ハッとしましたので、
こころを入れ替えて、少しでも手伝ってゆければ・・・と思います。

そしてまた、普通に映画をたくさん見られてブログを書けると良いな~って思います。

夫には、まず、忌明け後は(四十九日の後という意味)
好きな山歩きや、なかなか出られなかったソフトボールの試合などに
頑張ってほしいと思います☆

長々とすみません。

可愛い「ほし」のイラストが素敵です♪
ではのちほど・・・。




<<2-22  摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に | BLOG TOP | 2-20  八つ墓村  1996年版>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31