映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2015年11月の映画鑑賞についてのまとめ

  1. 2015/12/01(火) 00:00:00_
  2. 2015年~
  3. _ comment:4
11月のまとめ 



一昨年から自分なりにつけている9段階評価のうち
(☆ → ☆◎ → ◎ → ◎〇 → 〇 → 〇△ → △ → △× → ×)
7段階を、そのまま載せたいと思います。
(真ん中らへん(「◎〇」 と 「〇」 は 、アップしません)




 
.


≪全体の感想≫ 

11月は映画館には行きませんでした。
下旬に行く予定が風邪で・・・笑。(治りました)
家では、オンエアを中心に、セルもレンタルも見ました。

評価は最初のうちず~っと何本見ても「◎〇」で、困りましたよ~笑。
それを取り返すかのように? 後半は良い作品が多かったです。

ポワロさんも続けて見ています。
イマジカで同じオンエアが早くあるのですが、私はゆっくりと
週一のBS3オンエアで見てまいります♪

2009年以降・現在見ている映画・・・「 映画鑑賞の記録 2 と 5 」の
過去記事の投稿日時はとりあえず今のところは変えないことにしました。

12月は映画館には行けないと思います・・・。
本数を決めて見ている今年の、総決算の良い1ヶ月になると良いな~☆
と思っています。



********************************



11月に見た映画について、
ちょっと書かせていただきたいと思います。
(各項目、50音順です)



初見で良かった作品

洋画 (☆) 

  「赤い靴」  こちら
  「崖」  こちら
  「奇跡の丘」  こちら
  「グレイテスト・ゲーム」  こちら


 洋画次点 (☆◎) 

  「あなたを抱きしめる日まで」  この監督にしたら良い作品でした☆
  「アポロンの地獄」  こちら


洋画その次 (◎) 

  「トロン:レガシー」  こちら



邦画 (☆) 邦画次点 (☆◎)

  特にナシ      


邦画その次 (◎)    

  「薄桜記」  こちら


初見で良くなかった映画たち (〇△以下4段階該当作) 
 
  △    「キャバレー」  こちら  



再見で良かった作品 
(殿堂入りは、ココには入れません)

洋画 (☆) 

特にナシ     


洋画次点 (☆◎)

  「ダ・ヴィンチ・コード」  こちら   


洋画その次 (◎) 

  「天使と悪魔」  こちら      



邦画 (☆) 

特にナシ     


邦画次点 (☆◎)

  「愛する」  こちら   


邦画その次 (◎) 

  特にナシ       




<<5-941  鍵 | BLOG TOP | (5-669)  カオス・シチリア物語  (今年の再見)>>

comment

こちらへ返信しました

  1. 2015/12/04(金) 18:49:18 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
私のブログでは送れずにこちらに投稿しました。

> お二人ともうまくて凄かったですネ~演技の対決的な・笑。

本当に!
最初は嫌な夫婦や家族関係にキモイと観ていたのですがどんどん引きずり込まれました。
中村鴈治郎の演技に「まいりました」という感じ。自身の性欲減退の特効薬に妻と娘の婚約者を親しくさせようと考える変態ぶりには、原作がものを言っているのでしょうか?!
妻の露わな姿態を写真で撮る彼の表情は絶品じゃなくて何なのでしょう。

>この2人の夫婦の子供である敏子、さらに婚約者でインターンの木村(仲代達矢)との4人の人間関係の心理戦ー。
> 今の時代なら、敏子の役柄がもう少し動くと思うのですが、当時はこれでも凄かったのでしょうね~。 木村って嫌な奴でした。 みなさん本当にお上手でした☆

敏子も何というか凄いですね。現代だったらどんな風になるのか私も考えてみました。意外と敏子の取った行動は、先を走っている今の女性にも似ているような気もします。
木村がお土産にからすみを差し出した時、彼は長崎出身だろうとピンと来たんです。計算高い男が長崎出身の地方出身者になっているのも、成り上がり者を言いたかったのよね。
「細雪」にも通じますが、本作にしても経済的に成功している人たちが使用人に対する態度が露骨に蔑んでいるかのように
描かれていたのが、印象に残りました。

>事後、はなは自首しますが、刑事たちは老人ボケと思い込んで彼女の自白に取り合わない。
> 何というか・・・面白いとまでは思わなかったけど、ここに落とすしかなかったように思いました。
> 最後の新聞記事は、面白かったです☆

記事にも書いたけど、ハナの復讐だろうと思っています

> いまどきの「家政婦系」のドラマの薄っぺらい感じ(見た事ないです)とはきっと比べ物にならないでしょうね~!!!

北林さんがお婆さんのお手伝いさん以外で出演されている映画を観てみたいですね。

映画評で宮川一夫のカメラワークを褒めてあるのですが、冒頭のあたりストップモーションを
何回か使ってありましたよね。私は単にBDの調子がおかしいのかと勘違いしたぐらいe-462
あまりにも前衛的な撮り方で、私には理解し辛かったです。

急いで書いたので、文章的におかしいところがあるかもしれません。
その時は想像力で補ってもらえれば幸いです。

しずくさん、有難うございました☆

  1. 2015/12/04(金) 19:46:03 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 私のブログでは送れずにこちらに投稿しました。

「雨月物語」では返信いただけましたよね。。。
調子の悪い時ってありますものね~。

> 北林さんがお婆さんのお手伝いさん以外で出演されている映画を観てみたいですね。

「華麗なる一族」1974年版 の総理夫人はじめ、いくつか見ていますが
どれもこれも、すごい迫力です! うまい!

> 映画評で宮川一夫のカメラワークを褒めてあるのですが、冒頭のあたりストップモーションを
> 何回か使ってありましたよね。私は単にBDの調子がおかしいのかと勘違いしたぐらいe-462
> あまりにも前衛的な撮り方で、私には理解し辛かったです。

そうですね~私も一度「えっ」と思ったけど、以降は分かりました。
あまり良い感じはしませんでしたね~!

> 急いで書いたので、文章的におかしいところがあるかもしれません。

お忙しいところ、お返事いただき、有難うございました♪


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/12/05(土) 19:13:41 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/12/05(土) 20:26:54 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -