FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


239・OKRAHOMA CRUDE (オクラホマ巨人)

  1. 1978/12/18(月) 23:00:00_
  2. スタンリー・クレイマー
  3. _ comment:0
2012年8月追記

ソフトは国内はもとより、USにも無いようです。
↓ 下記は、サントラ盤のようですが、これもUSでの販売のみです。



オクラホマ巨人



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【   】 19  ・AMERICA

1978年12月18日(月) PM9:02~10:50 (高3)
DIRECTED BY STANRY CLEYMAR
    GEORGE C SCOTT、FAY CANAWAY

うわぁーい! 今日からTV映画も 見れるわーい!
白くろでも イヤホンでも いいじゃん 見れるだけ!




 
.


感想 
こーゆー映画 好きよ、
1913、アメリカ 石油さいくつ むらがる人間
守る人間 せめる人間 血も出て やっぱり 心のつながりもあって、
スタンリー・クレイマーって ドミノのとき そう よくなかった けど
これ いいね!
フェイ・ダナウェイは これ 売れはじめた ころの かしら
すごく うまいわ やっぱり
人を信じない うえた 怒った あの目 そして たいど わすれられん
そして父さんを 失ったときに 「おとーさん!」って すがって 泣いて
やさしく してくれた 彼のコト ホントに すきに なっちまって
(きっと はじめから そう だったんだろー) そのあとの目も たいども
やさしく やさしく かわって 女ですね やっぱり
ラスト 石油が かれてるコト わかって 人は いなくなって
彼が去ろうとしたとき「まって」って よびとめて 
それで STOP シーンは そのまま あの さつえい なかなか よいわ
女ね やっぱり ラストは 彼にたよって きっと ついていくのだわ メキシコ
彼もステキ 守って 働いて ダメとしると さっさと 去ろうとして
でも やさしくて 大きくて だいたんで つよいの
食りょう もって くる とこ なんかね
父さんも 死ぬ前は ホントに 心のそこから 彼女に
あやまって いたのね それが よく わかったわ
わるの やつも なかなか すごいね (えんぎも うまいし)
こーゆー えーがが すき
1913 アメリカ 西部(東部か?) オクラホマ
アメリカらしくて そして かんとくは 社会に 
このひどい 時代に ついて 訴えるものを もって いて
そして こーゆー TVえーが みれるように なれて うれしい!
ナイルより かんげきは あったヨ



**********************



2009年6月:追記

この日から「テレビ映画が見られるようになった」と書いてありますが、
父と別れてから約2年、それまでずっと白黒テレビ1台しかなかったのが、
やっとカラーテレビを買えて、そっちをメインで、普通に全員で見て
それまでの白黒テレビを、私がある程度自由に使えるようになった、
という意味だと思います。

この作品は覚えていませんが、感想を読み返すと
結構良い作品らしく、ジョージ・C・スコットの役柄が
めっちゃイイ男ふうで、フェイ・ダナウェイも良さそうで、
機会があったら、見てみたくなりました。 (DVDは無いみたいですが)



**********************



この映画で‘78の感想文は終わりです。
198・inspector Closeau (クルーゾー警部) から
239・OKURAHOMA CRUDE (オクラホマ巨人) まで
高2の1月~高3の12月まで、41本見ました。

明日は、この年に見た作品の ベスト10に ついてアップします。



**********************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3592
製作年:1973年



2013年6月現在、この映画は、再見出来ていません。




<<1978年のベスト10 | BLOG TOP | 238・Death on the Nile (ナイル殺人事件)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -