FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1498  インサイダー

  1. 2018/07/11(水) 23:00:00_
  2. マイケル・マン
  3. _ comment:0
THE INSIDER  (インサイダー)  1999年・アメリカ



インサイダー




 
.


2018年7月11日(水)  BS3

監督  マイケル・マン
主演  アル・パシーノ  ラッセル・クロウ

感想
まあこの監督だから、こういう作品になるとは思っていたけど
それにしても、すごかったです、迫力と感動が!

タバコの会社って今はもう全然違うけど、
そんな大昔ではない時期にこんなことしていたんだね?

博士の家の脅迫とか、実際やらせたんでしょうし、
家庭が戻ることは無いしね・・・
私もこの人の妻なら、協力できないと思う、弱い人間だもの。
子供と自分だけが大事だと思うし、それのどこが悪い?って思うよね!

しかし途中から、ラッセルさん、ビューティフル・マインドかと?
日本語もお上手で、この作品が今作られるなら、まず間違いなく、中国語だよね?
いろいろと思うわ!

アル・パシーノはいつも通りで良かった、まともな家庭もあって
子供は居なかったけど、妻とシッカリと心が結ばれているのが分かったし
仕事仲間ともね!

そして何より情報提供者者への気持ち!
プラマーさんとの違いがハッキリと分かるところ、シビアでしたね!

プラマーさんもそういう人物だから仕方ないけど
このころから隠し事が一切できない社会に変わっていったって事ね?
タバコ会社も新聞社もテレビ局も。

見ごたえありました!
実話をもとにしてあるので、説得力が違います!
アメリカの司法が日本と全然ちがって面白かった。

こういう映画は一気に見てしまえるので、長くても苦になりません。
だからといって、特にこころに残るわけではないけど
こういう事があったという記録にもなると思います!





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「インサイダー」の結末

ワイガンドは娘たちとその放送を見る。
ローウェルはこの戦いには勝ったが、会社を信頼することができなくなり、自ら辞職する。
その後、たばこ業界は全50州での訴訟に総額2460億ドルで和解。
ワイガンドは高校教師として、ローウェルはジャーナリズムの世界でその後も活躍する。




<<5-1499  テレフォン | BLOG TOP | 5-1497  太陽は光り輝く>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -