映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


ミステリー企画でいろいろと見ました ☆

  1. 2015/10/29(木) 00:00:00_
  2. 複数作品 (外国人監督と日本人監督・混合)
  3. _ comment:7
「秋の夜長のミステリー企画」 の 第4・5・6作品です。



The Alfred Hitchcock Hour  A Piece of the Action (ヒッチコック・サスペンス 13日は金曜日) 
1962年・アメリカ  第1シーズン 第13話

理由 2004年・日本

PANIC ROOM (パニック・ルーム) 2002年・アメリカ



ヒッチコック・サスペンス  



理由     パニック・ルーム





 
.


The Alfred Hitchcock Hour  A Piece of the Action
 (ヒッチコック・サスペンス 13日は金曜日) 

1962年・アメリカ 第1シーズン 第13話

2015年10月23日以降  AXNミステリー

監督 バーナード・ジラード
主演 ギグ・ヤング
助演 ロバート・レッドフォード



感想の前に


第3作品で見た映画があまりにも酷かったので、アップしないと決め、
何かないかなぁ~?と思って探したら、「ヒッチコック劇場」というタイトルで
5年前にオンエアされた このシリーズを まだひとつも 見ていない事を 思い出して
一回目のオンエアだった この作品を見る事にしました。

このシリーズは今後も見ようかな?とは思いますが、とりあえず今回は見ません。
しかし、すごいタイトルで(笑)。 あ、もちろん、こっちが先ですよ!



感想

ミステリー的な要素もない事はなかったけど
有名とは思えない俳優たちの良い演技を見ていると
実際こういう人間達がいたような気さえしてきました。

後で知ったけど、重要な助演で出ていた顔の良い若い男は
ボブさんだったようで、このあと出世していったんですね~!

運転手件召使の人の口というか歯というか
あぁいう治療って一時期ありましたよね~。

奥さんが可哀想というか、でも自分が良い暮らしができる意味を
もっと考えなくてはいけなかったですよね・・・
秘書の方も、どちらも結局女性は
自分のお金や時間が、主人公の働きではないところから
湧いて来たのは分かっていたはずなのに・・・。

切なかったです。
でも、あの悪いカードって本当に一回だけだったのでしょうか?
それがこのお話の一番のミステリーだったのでしょうね~。



*********************************



理由 2004年・日本 ※これは殿堂入り作品(再々見作品)です。

2015年10月23日以降  前に日本映画専門チャンネルを録画したDVD

監督 大林宣彦
主演 やっぱり伊藤歩なのかな~? 



感想の前に

この企画で1本はマトモな映画を見たかったのですが・・・
結局、自分で持っているDVDを見る事にしました。



感想

もう誰がいつ出てきて何を言うかとか全部分かっていて
親戚の人達みたいな気がするこの映画は
「ニューイヤーズ・イブ」や「バレンタインデー」と同じような意味です、私的には。
まぁ内容はすごく違うけど・・・。

そして詳しくないからアレなのですが、
不動産についてのアレコレ・・・
夢中になって買って読んだ、発売日当日の事、ずっと忘れていません。。。
ミステリーとして最上級だと思います。

またいつか再見する事でしょう・・・。
今回の再見で一番思った事だけ書いて終わりにします。

それは「人のこころの理由なんて誰にも分からない」という
あの、最終盤の、勝手に本を書くという輩のひと言です。

もちろんタイトルですし、当たり前のことなのかもしれないけど、
グッときましたね~!

大袈裟かもしれないけど、現代では、誰もが
この映画の中の誰となって登場してもおかしくない・・・そんな気がしますし、
私自身、あれもこれもそれも、何故?と聞かれても、その理由は分からないので・・・
深いところで共感したって感じでした☆



初見時等の感想はこちら

理由(04・日) ・・・ 2-166 
理由(04・日)(2回目) ・・・ 2-166 



*********************************



PANIC ROOM (パニック・ルーム) 2002年・アメリカ

2015年10月23日以降  BS3でオンエアがあったので・・・

監督 デヴィッド・フィンチャー
主演 ジョディ・フォスター 



感想の前に

上記2作品で終わろうと思ったら、ちょうど良いオンエアが(笑)
サスペンスですが、ミステリー要素もあるので・・・
以前見た事はあるのですが、怖くてすぐにやめてしまったので、初見です☆



感想

やっぱこの監督作品は好きですネ~!
以前見たのは2009年よりずっと前だったので、ただ怖かったのですが、

今回は、何故そういう描写になる?っていうのが何となく分かったし、
ジョディの強くて賢い母親役は、そうでもなかったので 鼻につかなかったし、
クリステン・スチュワートの小さい頃を初めて見て同じ顔に驚いたりしたし、
色々な意味で好感でしたし、

ドキドキきゃーきゃーと、サスペンス満載、
そして、彼らの正体や、お金のこと、お父さん(警察)が来るかどうか、など
ミステリー要素も満載でした☆

まぁ細かい事を言い出せばきりがないので、
サーッと見て 面白かった! 終わって良かった! で良いのではないでしょうか?
(特に生き残った犯人の事ね・・・同情しては絶対にダメだと思うけど
 母子の命のあった事を考えると複雑になりますよね~)

声だけ出演のキッドマンさんが この役柄では説得力無いと思うので
私的には、ジョディで良かったです☆



これで「秋の夜長のミステリー企画」作品のアップは終わりです。
楽しい企画に参加させて頂き、感謝いたします♪





<<5-913  ローン・サバイバー | BLOG TOP | ブロークン・トレイル  遥かなる旅路>>

comment

こんにちは!

  1. 2015/10/29(木) 10:24:54 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
1回目のオンエアが13話だったんですか(笑)
海外ドラマを日本で放送すると、なんで放送順を変えることが多いんでしょう?
なかなか見応えある作品だったようで良かったですね。

「理由」は以前お話しましたっけ?
再見したいと言ったような気がするけど、未だに再見できてません…。

>人のこころの理由なんて誰にも分からない

深い台詞ですね。ホント、当たり前のことなのに、つい忘れて知ったようなことを言ってしまうことがあります。

「パニック・ルーム」は再見したかったんですが、また録画が重なって…。デヴィッド・フィンチャー監督作品の中では好きな作品です。
犯人さんは、まあ今回が人生の岐路になるのかもしれませんね?
注射のことでハラハラするシーンが印象に残ってます。

今回もたくさんの作品を見て下さってありがとうございました♪

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2015/10/29(木) 16:24:44 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 1回目のオンエアが13話だったんですか(笑)

そうなんですよ~! 第1話だとばかり思い込んでいたら、
この作品の次が第1話でした、ビックリ仰天!

> 海外ドラマを日本で放送すると、なんで放送順を変えることが多いんでしょう?

ポワロさんも、その年その年の分で、こっちに来た時に順番変えてあって
すっごく驚きました。
その時は、多分「オリエント急行」が有名だから最後にしたのかな?
と思ったけど、他の年でもあったようで・・・本当にどうしてなのでしょうね~?

> なかなか見応えある作品だったようで良かったですね。

ハイ、有難うございます☆
白黒が好きなので、雰囲気もあったし良かったです。
もしBS3でオンエアしたら、是非ご一緒しましょう~♪

> 「理由」は以前お話しましたっけ?
> 再見したいと言ったような気がするけど、未だに再見できてません…。

いえいえお話したことないです!
宵乃さんの、その作品への想い、聞かせてもらいたいです~!!!

> 深い台詞ですね。ホント、当たり前のことなのに、つい忘れて知ったようなことを言ってしまうことがあります。

ハイ、深い台詞だと思いました・・・が、
それを口にするのがその人物では(笑)。
それも狙いの一つだとは思いますが・・・。
いつか再見なさってね~!!!

> 「パニック・ルーム」は再見したかったんですが、また録画が重なって…。デヴィッド・フィンチャー監督作品の中では好きな作品です。

そうでしたか!
私はてっきり明日あたりジョディ親子のお顔が見られるかと(笑)。
フィンチャーの中でお好きという事は、お嫌いなのもあるのですネ・・・
「セブン」かしらん?

私は全体的にこの監督は好きなのが多いです。
この作品も昔は何も知らないので怖かっただけですが
今はいろいろと知ったので、とても面白かったです☆

> 犯人さんは、まあ今回が人生の岐路になるのかもしれませんね?

「さん」?
宵乃さんはお優しいです!
そうですね、この事を乗り越えて、より良く・・・は難しいと思いますが
何もかも捨てきって、やり直せない事もないかもしれませんね・・・
母子の命を救っているので、きっと減刑されるでしょうしね・・・。

> 注射のことでハラハラするシーンが印象に残ってます。

小児糖尿病だなんて、あざとい!とは思いましたが、
怒り心頭にはなりませんでした。
昔会った事がありますが、本当に大変な病気のようでした。
この映画のあの子はお金があるから、医療そのものは今後も大丈夫だと思えますが
この件を乗り越えた事で母親ともっと打ち解けてほしいように思いました。。。

> 今回もたくさんの作品を見て下さってありがとうございました♪

こちらこそいつもコメントを頂き、感謝です☆
私もこっそりと、皆さまの感想等、まだまだ楽しみにしてお待ちしていま~す!

追伸:「評決のとき」が酷かったおかげで、いろいろと余分に見られて
かえって良かったです(笑)。


.

「理由」はお話したことなかったですか?

  1. 2015/10/30(金) 12:39:45 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
う~ん、もう自分の記憶が信じられない…。
宮部みゆきの本で読んだのはこれともう1冊くらいで(どれかは思い出せない)、本も映画もとても見応えあるやるせない作品だったのは覚えてます。
でも後は、嵐の夜とマンションから落ちる男のシーンしか覚えてなくて、再見したいとずっと思ってるんですよ。
いつか深い台詞の件、しっかり確認しますね~。

>フィンチャーの中でお好きという事は、お嫌いなのもあるのですネ・・・

「セブン」は初めて観た彼の作品で、昔は感銘を受けたけど、今となっては再見はしたくないです(汗)
嫌いなのは「ゲーム」で最後のオチはアホかと思いました。あと、「エイリアン3」はシリーズ中で唯一楽しめなかった…。
全体的にあまり合わないなぁというのが多いですね。「ドラゴン・タトゥーの女」はストーリーで見る気が起きないし。「ゴーン・ガール」は未見です。
miriさんのように、いつか再見で印象が変わるかも?

>「評決のとき」が酷かったおかげで、いろいろと余分に見られて かえって良かったです(笑)

あはは、転んでもただでは起きない精神で、映画ライフがもっと楽しくなりますね!

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2015/10/30(金) 16:22:20 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
再びのお出ましを有難うございます☆

> 「理由」はお話したことなかったですか?
> う~ん、もう自分の記憶が信じられない…。

いやっ、もしかして私も記憶違いかも?です。
もしそうだったら、本当にごめんなさい!

> 宮部みゆきの本で読んだのはこれともう1冊くらいで(どれかは思い出せない)、本も映画もとても見応えあるやるせない作品だったのは覚えてます。
> でも後は、嵐の夜とマンションから落ちる男のシーンしか覚えてなくて、再見したいとずっと思ってるんですよ。
> いつか深い台詞の件、しっかり確認しますね~。

落ちるシーンだけなら、怖い思いをされている事でしょう!!!
是非、いつか、再見なさってね☆
お話しいたしましょうネ~!

> 「セブン」は初めて観た彼の作品で、昔は感銘を受けたけど、今となっては再見はしたくないです(汗)

・・・感銘?
私は「良い作品」とは思わないけど、悪い悪いと聞き過ぎていたので
実際に見る方が悪い感じが少なかったのです(笑)。
でもたしかにすすんで再見したくはない作品ですネ♪

> 嫌いなのは「ゲーム」で最後のオチはアホかと思いました。あと、「エイリアン3」はシリーズ中で唯一楽しめなかった…。

どちらも未見で!!!
今後も見ない事に、今決めました!(笑)

> 全体的にあまり合わないなぁというのが多いですね。「ドラゴン・タトゥーの女」はストーリーで見る気が起きないし。「ゴーン・ガール」は未見です。
> miriさんのように、いつか再見で印象が変わるかも?

「ドラゴン・タトゥーの女」は、宵乃さんにはお薦めしにくいシーンがあるにはあるけど
全体っとして考えるとたいへんに良い作品でした・・・
ハリウッドの方はきらびやかにし過ぎでしたが・・・本国の方はスッキリとしていました。
あ、フィンチャーはハリウッドの方か、良い作品だと思うけど、特にお薦めはしません・・・。

「ゴーン・ガール」は、私も未見ですが、オンエアがあればと思います。
来年か再来年でしょうね?

再見で印象が変わるというのは、この記事の作品でしょうか?
前は見たというほど見ていないので、初見です。。。

フィンチャー監督は2009年に見た「ファイト・クラブ」が「はじめまして」でして、
宵乃さんからもコメント頂いていて、そういう印象の監督さんだったので
スタートが良かったので・・・その後も私的には良い作品に多く当たったので・・・

くどくどと失礼しました。

> あはは、転んでもただでは起きない精神で、映画ライフがもっと楽しくなりますね!

有難うございます☆
今回、まさかコロンボとポワロで終わりでは寂しすぎたので
貪欲にやるのも大切と思いましたし、運(オンエア)も良かったと思います。
私というより、映画の神さまのお陰です♪

そしてブログは宵乃さんはじめ皆様のお陰です♪
いつもありがとうございます!


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/11/09(月) 21:58:22 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

思い違いしてました!

  1. 2016/02/10(水) 11:09:05 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
映画の方は最初の方しか見てなかったみたいです。たぶん録画を失敗して悔しい思いをしたので嵐のシーンが印象に残ってたんでしょうね。
あとは原作の印象で補完してたようで、映画を見たらいまいち入り込めませんでした…すみません。

でも、「人のこころの理由なんて誰にも分からない」という台詞は私もグサッときました。
全体的に、フィクションみたいな殺人事件に興味津々な人々の顔が浮かぶ作品ですよね。現場を目の当たりにしたマンションの管理人と、落ちる人影を目撃した娘の家族のテンションの違いがリアルだったし、女の子が「なんでわたしが泣かなきゃならないのよ」と言ってるところとか、わからないから無関心にもなれるし、想像して共感できたりするのかなと。
まあ、私は共感できなかった側でしたが…(汗)
せめて、演技の上手い人で固めてくれればよかったんだけど。

Re: 思い違いしてました!

  1. 2016/02/10(水) 17:18:03 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 映画の方は最初の方しか見てなかったみたいです。たぶん録画を失敗して悔しい思いをしたので嵐のシーンが印象に残ってたんでしょうね。

あら、そうでしたか!

> あとは原作の印象で補完してたようで、映画を見たらいまいち入り込めませんでした…すみません。

いやいやいや、別に「すみません」は全然ないですよ~☆

> でも、「人のこころの理由なんて誰にも分からない」という台詞は私もグサッときました。

あれを言う人が、その他大勢の、しかも根性の悪そうな奴だったので
余計、しみるのですよね~!

> 全体的に、フィクションみたいな殺人事件に興味津々な人々の顔が浮かぶ作品ですよね。現場を目の当たりにしたマンションの管理人と、落ちる人影を目撃した娘の家族のテンションの違いがリアルだったし、女の子が「なんでわたしが泣かなきゃならないのよ」と言ってるところとか、わからないから無関心にもなれるし、想像して共感できたりするのかなと。
> まあ、私は共感できなかった側でしたが…(汗)

誰に共感するのでしょうか?
3人を殺した男ですか?
あやこですか?

私はこの作品は原作の印象が強すぎて、
この映画はその文章を具現化して人間が動いている感が強いのです・・・。

なので全員に対して特にどうともこうとも思いません。。。
でも、私自身が、この中の誰になってもおかしくないような 「時代」 のような
そんな気がするのです・・・。

もちろん実際犯罪に関係したことは今までなかったし
今後もあり得ませんが、
犯罪に関係していると思わないところでも
どこに何がつながっているか分からない 「時代」 だと思ったのです。。。

> せめて、演技の上手い人で固めてくれればよかったんだけど。

下手でしたか???
私は加瀬君も、あやこの伊藤歩も、あと皆うまかったように思いましたが。。。
でもまぁたしかに「学芸会」のような、そんな作品でしたね☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


映画館で驚いたこと☆

今日行った映画館で、普通にわらわら売っているDVDたちではなく、カウンターの前のガラスケースに入ってしずしずと鎮座ましましていたのは、売れ筋?の「君の名は。」の隣に・・・「エル・スール」!!! ビックリ仰天して2度見しましたよ、それもDVDとBDの両方!!! 誰が買うのか?と非常に疑問・・・私は手持ちのそれを再見しようかな?という気持ちになりました(笑)。

このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -