FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1814  モリのいる場所  

  1. 2019/12/03(火) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品 あ行
  3. _ comment:0
モリのいる場所  2017年・日本



モリのいる場所




 
.


2019年12月3日(火)  日本映画専門チャンネル

監督  沖田修一  
主演  山崎努

感想
この映画は良かった。


この人物についてはあやふやだけど、知っていたと思う、
あの番組も見たような気がする。

しかし夫婦役の二人とも上手だったし、
いかにもな加瀬亮は、加瀬亮でなければならない感満載だった。

光石研やお手伝いの女性(娘?)津田寛治やいろんなひと、
皆さんお上手で面白い映画になっていたんだと思うけど、


なんといっても・・・そう、しかし、
誰よりも一番良かったのが三上博史、



あれは三上博史以外の役者では信憑性がないというか、
この映画全体が下がってしまったと思える。
あの「頭から伸びていたもの」、可愛かったよね?

これがたった数日の話で仰天しますが、こういうものだったんだろうね?
文化勲章のことや、昭和天皇のことや、本当のエピソードは光っていると思いました。
このヒトの絵を見てみたい。

やはり今年は樹木希林の年だったなあ、彼女はやっぱり病気だったんだろうね?
年齢よりもいつも老けて見えるから・・・まあそういう役作りもあったんだと思うけどね・・・。

虫や植物や石や・・・庭は全世界なのかもしれないし、
それをゆっくりと描写するのが、山崎さんのアップが、
それも横向きのアップが、私的には耐えにくかった(笑)。
でも見て良かった。


懐かしいあの頃の服装や持ち物やテレビや・・・
胸締め付けられました☆






この映画の結末

今日もあの家では同じ事をしているのだろう。
カメラマンは出来上がったマンションの屋上からあの家を見る。




<<5-1815  マンチェスター・バイ・ザ・シー   | BLOG TOP | 5-1813  ザ・ファン>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -