映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-917  EVA <エヴァ>

  1. 2015/11/02(月) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
EVA<エヴァ>  2011年・スペイン



エヴァ




 
.


2015年11月2日(月)  ザ・シネマ 

監督 キケ・マイーヨ
主演 ダニエル・ブリュール

感想
ダニエル・ブリュールが好きなので見たのですが、
スペインの映画で「まさか」というか「やっぱり」というか
スペイン語喋っていました! 書いてもいました!
あんた、何ヶ国語喋れるの?マジ?と、今回も嬉しかったです☆


この映画はけっこう酷評されていますが、
私はそんなでもなかったです。



というのは、近未来系の映画が好きではなくて、もう積極的には見たくないのですが
これもそういう映画と知らずに見たのですが、
私の苦手とする いかにもな整然とした社会や便利な道具の全てや、
人間の格差・・・等の描写がこの映画にはなかったから

この中途半端なというか、今と同じ状態でロボットの事だけ特化している社会というか
そういう小さいグループを描いているだけなので、これで良いと思えました。

・・・主人公と一緒に居る犬ロボットと、あの召使ロボットマックスが良かったし、
マックスを演じた俳優さんは素晴らしかったです☆
マックスの作成も、結局はこの世界だけの話なので・・・。

ただ、それ以外の細かい点はちょっと・・・まぁ初監督作品なら
今後を期待しても良いかもしれませんね?



以下、ネタばれになっていますので、
未見の方はご注意ください☆




************************************



非常に納得した点があって、それは父親がエヴァを あまり かえりみないというか
妻が亡くなっても全くエヴァを心配もしなければそばにも行こうともしない
その理由がハッキリしたことと
それでもそういうコブ付きの女が大好きで愛していて一緒にいたこと
どっちかというと偉いと思いますよ☆

そしてエヴァそのものですが、母親はそのために教鞭をとるだけの楽な仕事に変わり、
研究はしないのではなく、46時中一緒に居て、夏休みにからだを大きくさせたり
いろんな工夫をしていたんだろうなと うかがえました。

10歳の健康な女の子がお母さんにお風呂に付き添ってもらうのも変ですしね
そういう事なんだ・・・

ちょうど良い年齢で、この先は友達が優先になったり、
自分の身体について想像したり、どうしても話をしなければならない時期になるからね~
10歳とはうまいことやりました!(笑)

エヴァを愛しているから、自分の娘、自分の製作物だから
昔愛した人の置き土産だから、そういう気持ちは納得できました。


でも夫を愛してもいたと思います。 
ずっと守ってくれて感謝に堪えないでしょう。
ルイ16世のようなモノかもしれませんね?


一番おかしいのは主人公の気持ちです。
そんなに簡単に故郷をほおりだして、そんなに簡単に戻ってきて、
そんなに簡単にロボットを作ったり壊したり、
兄夫婦に近寄り過ぎたり、ダンスを奪ったり、喧嘩したり、
俳優は好きだけど、この演じた人物はちょっとどこ見ているのか分からない
要するに「変質者」だったんでしょうね~?笑 


ひと目で見抜いたエヴァちゃん、あんたは偉い!


そんな感じでした。




<<5-918  ルーキー | BLOG TOP | 5-916  宮廷料理人 ヴァテール>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -