FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


234・LES ENFANTS DU PARADIS (天井桟敷の人々)

  1. 1978/11/15(水) 21:00:00_
  2. マルセル・カルネ
  3. _ comment:0
天井桟敷の人々



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【    】 1944・FRANCE

1978年11月15日(水) 市民文化講座 5 於:○○区役所ホール (高3)
Mise er scene Marcel Carne (マルセル・カルネ)
    Arletty (アルレッティ)、
    Jean-Louis Barrault (ジャンールイ・バロー)
  
何ヶ月か前にTVでやって みれなくて くやしくて 
でも もし これ 私が1944ねん ごろ 17才だったら 通いつめただろうナ・・・




 
.


感想
パントマイムの 芸が ステキでした ジャン=ルイ・バローは
本物の パントマイム芸人 だそうで
彼女との はじめての であい しいたげられて 白い まっしろい人
彼女の 無実 はらして あのときの 芸が 一番すき・・・
天井桟敷 というのは 舞台をみつめる 2階、3階、4階の
人が わんさと いて すごく さわぐ とこ、そこの人たちは
民衆なんです やっぱり 1840年代の、
ガランスを めぐる男たち バティストは おいといて
伯しゃくも フレデリッキ(ク)も ラスネールも
愛してるのに 愛してもらえない 愛してほしくて
でも その気持ちの おかげで フレデリッキは オセロをやって
すてきな俳優になれて でも あとの2人は かわいそうな
末路に とくにラスネールは かわいそうだった
はじめっから ガランスに いちばん 近かったのに、
ナタリーは いやな女 だけど あれが 本当に
ありふれた 人間 なんでしょうね 小さな 幸せを 必死に
守ろう、守ろうとして ナタリーだけが わるいとは 思わない
彼女のように 自信も 確信もない 私に してみればね
バティストが はじめての夜、ガランスの、女の心を わかろうともせず、
ぼくが 想うように 想ってほしい なんていって
それが いけなかったと 思うわよ
ガランスも かわいそう これから どうして 生きてくのかしら?
おかみさんの愛として 彼を 彼の心を とかすと 思う
あれ!? 昔の私なら ぜったい ガランス派 なのにね
でも 保守化 してきたとは 思わない
私は 私の 思ったとーりに かいてるだけ

**********************

市民文化講座が終わって

えーがの かんそーは 1人で 静かな時に かくもんだなって 思う
文化こうざ 1~5 みんな よかったけど みんな こーゆー風に かきたかった 
(サイ注:天井桟敷の人々だけ静かな時間に書いたらしい)

ぜんぶ 日本語字まくは 秘田余四郎さんでした

1→ 1918の ころの パリ近郊かな?
2→ 1850~60ころの パリ うらまち
3→ 1930の ころ スイスの都 ベルン
4→ 1922の ころ ギリシャのむら
5→ 1840年代 パリ ー ブールヴル デュ タンプル ー (犯罪大通り)



*************************



2009年6月:追記

私の若い頃の映画の「ナンバー1」の作品です。
沢山のシーンを覚えています。彼女の美しさと
パントマイムの素晴らしさと、天井桟敷の、落ちそうなすごい人数!

この映画はナチに支配されている間のパリで作られたという事で
それが一番すごい事だと思います。
映画を好きな人が、自由に映画を作る為に、作った作品ですね☆

そうそう、今年見た邦画 「魍魎の はこ」 にも、映画館のポスターで
この作品が出ていました。17歳だったら、通いつめたと思います。



*************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=15610
正しい邦題:天井桟敷の人々 第一部:犯罪大通り 第二部:白い男



*************************



再見時等の感想はこちら

天井桟敷の人々(44・仏)(2回目) ・・・ 1-234 
天井桟敷の人々(44・仏)(殿堂入り) ・・・ 1-234 









<<235・Little Women (若草物語) | BLOG TOP | 233・CELUI QUI DOIT MOURIR (宿命)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -