FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


233・CELUI QUI DOIT MOURIR (宿命)

  1. 1978/11/09(木) 21:00:00_
  2. ジュールス・ダッシン
  3. _ comment:0
↓ 2012年6月の再見時に、やっと探したこの映画の1シーン。
  素晴らしい1シーンです。



宿命



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【   】 1957・FRANCE

1978年11月9日(木) 市民文化講座 4 -於:○○区役所- (高3)
監督 ジュールス・ダッシン
      ピエール・ヴァネック、ジャン・セルヴェ、メリナ・メルクーリ

いちばん しらないのでしたけども 4つの うちでは 最高
みたあと みんな どんな気したのかな? 私は・・・私は・・・




 
.


感想 
これも ラストに FINのでかたが すき
みんな 力づよく こっちをみて あれで おわって
よかったと 思うの・・・ 内容も めっちゃ よかった

いろいろあって なにから かこうかしら?と 思うけれども
― もしも 宗教なんて うそっぱち だったら? -
地主が 死ぬ前に イスラム教との トルコの隊長と 話したこと
このことば いちばん 胸に のこりました カトリックのキリスト教、
その悪い面が とても でていたのです 教会は 権力の 象ちょうで
神父の いうことは ぜったいで 人の心や 運命なんか これっぽっちも
気にせずに 難民たちに 対しても・・・同じギリシャ人なのに
同じ宗教なのに いいえ それより 同じ人間なのに!
悪政を しようと すれば できるんです
でも大地主は 息子のことで なにが なんだか わからなくなって
しまって 死んで もう1人の めざめた長老は 村人の弾に倒れて
善になろうとして 死んでゆきました さいごまで 残るのは
あの神父たちです トルコの隊長も 善になろうとしたのに
きょうはく されて 時代、世の中、ふんいき
小さな人間たち たとえば カテリーナ よい人になろうと
していたのに マケノリス めざめて 勇者に なったのに
そんなふうに 思います
トルコ、ギリシャ、男、女、そんなこと 一切 関係なしに
こんな ひげきが 生まれねば ならなかったこと 
なかったんじゃ ないですか?
でも じっさい WWⅠは あって そして そのご ギリシャは トルコに
やられて キリスト教と イスラム教は まだ
あります
たたかう・・・そんな ラストは もう わけもなく すごく よかった

がいして FINの でかたは 4つとも よかったね
にくたいのあくま だけは 忘れちゃった けどもさ



************************



2009年6月:追記

この作品は、村で劇をするとかで、
役をする人間を、今日から役と同じように扱え、
というところで、ユダ役の人を、皆で村八分にするところを
よく覚えています。 ひどい!
(イエス様役や、マリア役の人は、皆に良くされていました)

他の部分はあんまり覚えていないけど、
フランス映画なのに、ギリシャの話だという事は覚えています。

そして、つい先日、BSアナログでオンエアされ、タイトルを見て、
これは絶対見ていると思ったら、すぐにこのページが出てきて
ビックリ!・・・DVDに保存しておこうと思いました。



************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10631



************************



☆ 2012年6月に再見しました ☆



上記のオンエアを録画したDVDをやっと見ました。
3年もほっといたので、ごめんなさい。

4月に「日曜はダメよ」ジュールス・ダッシン監督作品を見たので、
その時に、この作品を再見していない事を思い出したのです。

この3年間に何回かは挑戦したのですが、無理だった作品で、
今回は本当に良いチャンスを頂けました。感謝です♪



今回のミニ感想です。

いや~実際、凄い映画です。陳腐ですが、名作です。
(ただし、歴史を全く知らないまま見ては、いけません)
この映画を高3で見ていたとは、自分ながら良かった・良かった☆

そして長い年月が過ぎ、高校生のころとは比べ物にならないくらい
いろんな出来事を通り過ぎた自分だけど、
感性というか、映画への見方・目線は、
(経験を通して見るモノは別として、感覚だけで言うと)

やっぱり中高生の頃にほぼ完結しているのだな~と思いました。
初見時感想は真っ直ぐ素直で、いつもそう思うけど
この作品でも本当にそう思いました。

それにしても悲劇の下界なのに、
こんなにも、ギリシアの空や自然は美しいのですね。




<<234・LES ENFANTS DU PARADIS (天井桟敷の人々) | BLOG TOP | 232・L‘Affair  Maurizius (埋れた青春)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31