FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1007  主人公は僕だった

  1. 2011/03/30(水) 23:00:00_
  2. マーク・フォースター
  3. _ comment:0
Stranger Than Fiction  (主人公は僕だった)  2006年・アメリカ



主人公は僕だった



以下、感想は内容に触れていますので、
未見の方はご注意ください。





 
.


2011年3月30日(水)  BSハイ

監督 マーク・フォースター
主演 ウイル・フェレル(ハロルド役)

感想
“私はこの映画大好きで・賞”

最初は、どちらかが空想の世界と思い込んでいたら、両方が現実の世界で、
ダステイン・ホフマンが出てきて、ビックリとしていたら、
色々とあって、良い流れだな~と思い、最後の最後になって、
死ななくてふつーの感じで終わった事が、インパクトはないのかもしれないけど、
良い作品になったと思うし、教授と作家も、それなりに良い感じで、恋じゃないかもしれないけど、
大傑作ではなくてもかまわないと思うし、子供を助けるのは同じなんだから、あれで良かったと思う。

主人公何となく見覚えがあって、「ダンクシューター」の人で、ビックリ。

彼女もキレイだったし、作家はあの人で、まぁ納得、助手も、同僚の友人も良かった。
あのホームレスも、バス停の人々も面白かったし、時々出てくるふつーの一家の意味が
最後になってやっと分かったし。

でも主人公はあの時計君かもね?

ナレーションも、CGも、それなりに映画の雰囲気作っていたけど、
本当に家が壊されたあたりから、この映画の方向性が変わってきて、

でも監督が良かったんだと思う、「ネバーランド」の人だった。
あの作品のように愛を感じたよ、まぁ実話ベースとは違うと思うけど、
でも、同じような温かさを感じました☆




<<2-1008  ヤングガン | BLOG TOP | 2-1006  JUNO / ジュノ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -