FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1612  幸せなひとりぼっち

  1. 2019/02/01(金) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品 は行
  3. _ comment:0
EN MAN SOM HETER OVE  (幸せなひとりぼっち)  2015年・スウェーデン



幸せなひとりぼっち




 
.


2019年2月1日(金)  ザシネマ

監督  ハンネス・ホルム
主演  ロルフ・ラッスゴード

感想
とても良い作品で、胸に刺さる言葉も多かったのですが
ふと、59歳、と思うとちょっとなあ?と思いました(笑)。

このお話にはもう10年は経っていないと・・・。

いくらスウエーデンでも、日本じゃなくても
寿命って80歳代では?
59歳だよ?
来年の私!
ちょっと無理があるなあ・・・。

あのルネと言う人もねぇ・・・多分同じくらいだろうし。
全体的に年齢が合わないなあ。

ま、それを除けば良い作品でした。
よくある話とも思わなかったし、
妻の言葉が良かったよね、
「今を懸命に生きる事」なんだよね、つまりは。



以下、内容に触れていますのでお気を付けください。



そして彼はお母さんを亡くして、お父さんが
お父さんを亡くして、職業と家が
家を亡くして、妻が
生まれる前の子供を亡くして、その後の生活が
いつも必ず、あるんだよね。

妻がガンで亡くなり、自殺しようとしてもできず
でもその意味は、近隣さんとの絆作成だったんだよね、
良い時に自然死して、

けっこう泣けたけど、終わってみれば
年齢に引っ掛かるし・・・。

ま、映画館で予告編を見て気になっていた作品だったので
見られたことは良かったです☆





この映画の結末

自殺ではなく、自然死を迎え、多くの人が彼を悼み
教会で葬儀が行われた。

彼は目が覚めた、電車に横になっていたのだ。
そこに居たのは美しい足の、懐かしい妻だった。




<<5-1613  ユーリー・ノルシュテイン監督作品 その2 | BLOG TOP | 2019年1月のプラグインの言葉>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -