映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-831  トラフィック

  1. 2015/07/20(月) 23:30:00_
  2. ステイーブン・ソダ―バーグ
  3. _ comment:0
TRAFFIC  (トラフィック)  2000年・アメリカ



トラフィック




 
.


2015年7月20日(木)  イマジカ

監督 スティーブン・ソダ―バーグ
主演 ・・・う~ん、デル・トロさんが素敵でしたよ☆

感想
この監督さんらしい群像劇で、私は好きですし、
長さもちょうど良いくらいと思いました(148分)。


でも、多分多くの方が、長くて分かりにくいと
感じられるだろうな~と、想像もできました。

この静けさがね・・・静かなんですよね・・・ギャーとかウリャ―とか
叫び声や怒号やいっぱい聞こえそうなところ、ほとんどミュートにして(笑)
まぁそりゃ多少はありましたが、あんなモノではないですよね?

その静けさは、一番最初の数分でもうよく分かったのですが
良い演出と、最初の方では思えたのですが・・・。

オスカーで監督賞(「エリン・ブロコビッチ」の方が良かったような気が?笑)や
助演男優賞(デル・トロさん)やいろいろととっていて、
まぁそういう映画だとは思うのですがね・・・

それにしても恐ろしい静けさで、ちょっと惜しかったのが時間の流れが
ハッキリとしないので、16歳の少女のエピソードと、
その他のエピソードの時間的スピードが合わなそうなところは、惜しかったです。


大まかに言って4つのエピソードがあるのですが、
上記の考え通り、その他3つはつながっているんだけど、



16歳の少女のエピソードだけは、つながっていそうで・つながっていないような気が?
どうして最初から両親ともに自分や仕事を捨てて、一人しかいない我が子のために
ラストのような行動をとれなかったのでしょうか?
どんなにお金があったり良家であっても、アレでは人間の屑、サイテ―バカ親です。

これからは仕事もあまりないかもしれないでしょうが、蓄えもあるだろうし
地域のボランティアなどして、いずれ良い仕事もあるかもしれないから、
3人で肩寄せ合って、お屋敷は売って、もう少し小さいお家で、
悪友とは縁を切る場所に引っ越しましょう。 一番の幸せを、きっと手に入れられるから。

あと3つのエピソードは、それぞれ死ななくても良いヒトが死んで、
結局正義は勝たない、無駄な事をしている、と見せかけて、
きっときっとと、ラスト前の机の下に貼ったモノだけでうまくいくとは思えないけど、
少しは希望を見たいと思いました。

幼児と胎児をもつ女性が、ああいう夫と別れずに、お金のある暮らしを今後も望み
誰が死のうと、誰が薬中になろうと関係ないなら、
その大事な我が子がいつか、その薬で自分より先に死ぬことになるよ(笑)。
(あとでよく考えたら、まぁ自分も偉そうな事は言えないと思いましたが・・・)

その夫も怖いね~あの電話!!!

警察のふた組は、お気の毒な事が多過ぎてね・・・
でもチードルさんのあの行動の効果と、カッコイイ デル・トロさんの熱い想い、
それらを信じたいとこころから思いました☆


しかし、キレイごとっぽく感じるので、
評価は一番上にはなりません、
このあたり残念だけど、
あまりギャーギャー聞こえても煩くて悲しいのかもね?




<<5-832  豪姫 | BLOG TOP | 5-830  炎の街>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -