FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-572  朝な夕なに

  1. 2010/04/08(木) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
IMMER WENN DER TAG BEGINNT  (朝な夕なに)  1957年・西ドイツ



朝な夕なに




 
.


2010年4月8日(木)  BSNHK

監督 ヴォルフガング・リーベンアイナー
主演 ルート・ロイヴェリーク

感想
ラスト前まではまぁよくあるけど、まぁまぁ良い話だと思って見ていたんだけど、
ラストが奇奇怪怪で、奇想天外で、意味不明だった!
だいたい校長が独身って、いつか発表があったかな?
普通、校長をやるくらいだから、結婚しているよね?
もしかして最初の方で、教頭の説明の時にあったのかもしれないけど・・・。

ジャズ、真夜中のセレナーデ・・・
亡くなった親友の遺言を通し、葬儀で演奏する彼ら、鉄琴がすごくキレイで、泣けるし。

彼女の彼氏らしき人は一体どうなるの?
可哀そうに~!結婚できると思い込んでいた様子だし。
もちろんキスは避けていたし、そういう話題も避けていたから、
友だちとしか見られなかったんだと思うけど、それにしても酷いと思う。

そうね全体的にキレイ事が多く・・・。
下宿が同じ学生、片想い、自殺未遂・・・悪い母親、お金だけ渡す事・・・
校長、彼氏、
なんというか男子校だし、ホトンド出演女性は彼女だけ???

ミュージックバー?での女の子が心臓の悪い級長を好きだったみたい。

50年前だし、キス程度でキレイ事なのは、「黒い稲妻」も同じだけど、
きっと世の中全体がそうだったんだね!
日本も、西ドイツも、復興して、戦争で家族の死んだ人は多いけど、
頑張って明るい方へ向かっていた時代、
パワーも感じるし、良い事をするのが普通で、健全な社会だと思った。
もちろん一人一人は違うんでしょうけど・・・。





<<2-553 ジェリー に ついて 2回目の記事 | BLOG TOP | 2-571  あるいは裏切りという名の犬>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31