fc2ブログ
  • 2024_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_06

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1700  モーリス

  1. 2012/06/27(水) 22:30:00_
  2. ジェームズ・アイヴォリー
  3. _ comment:0
Maurice (モーリス) 1987年・イギリス



モーリス





 
.


2012年6月27日(水)  BS3

監督 ジェームズ・アイヴォリー
主演 ジェームズ・ウィルビー

感想
イイ映画でした~。
この監督でそう思ったのは初めてかもしれないし、嬉しい☆

まぁ要するにそういう世界なんだけど、
この作品の場合は、それが「違法」となっている時代のイギリスでの物語りで、
もちろんラストはキレイに終わっても、その後のことは分からないけど、

どうみても、自分を愛してくれている男を棄てて、
普通の女と結婚し、弁護士、やがて議員への道を粛々と歩いていく
(しかも演じるのがヒュー・グラント)人物よりは好感が持てて、

それでも最初の告白がヒューからだったのは可愛かったなぁ~。
男性同士とかではなく、
やっぱり
ただ恋する者の幸せや悩みをよく描いていたと思います。

あの晩、彼が梯子を登って来た晩、
それは懊悩とした叫びと、それに応えた魂のぶつかり合いで、
汚ない描写がなかったのも好感だし、

ロンドンへ行ったときは精いっぱいの汽車賃と、
一張羅(借りもの?)身分の違いのある時代で、
これは男女にすればよくある話ですな。

アルゼンチン行きをやめたけど、
お母さんにだけは告白してほしかったような?
してほしくはなかったような?
どちらにしても息子には幸せになってほしいよね。

まぁ、たらたらとした感想にしかならないけど、
結局は好き嫌いの問題のような気がします。

最初に出てきた、あの先生が、ちょっと哀れ的でした。




<<(1-492)  麻雀放浪記  (2回目) | BLOG TOP | 2-1699  ヤギと男と男と壁と>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -