FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


222・EAST of EDEN (エデンの東)

  1. 1978/08/31(木) 17:30:00_
  2. エリア・カザン
  3. _ comment:2
エデンの東 BD画像



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【名画】 1955・AMERICA

1978年8月31日(木) ○○劇場にて (高3)
DIRECTED BY ELIA KAZAN
    JAMES DEAN、JULIE HARRIS

これは名作ですね これはジミーでなくても いいですね
「エデンの東」という この題名の 示すものが 胸をうちます




 
.


感想
よかったなー 本当に名作です
なんといっても スタインベックの 原作だもの
すごく しっかりしてるね 脚本も よいと思うよ
でもこれは ジュリーハリスの勝利だと思う
あの女の子 名前忘れたけど すごく心に残りました
1917ねん 時代はいけい 人間関係 戦争
すごく名画だと 思うんです
とくにラストが!!
彼女はまるで GWTWのメラニーみたい
訴える力をもって 父さんに キャルが どんなにか
愛を必要としてるか そして父さんと キャルは わかり
あいました・・・兄さんは かわいそう でしたけど
キャルの方が どんなにか つよいのか!!
愛をもらえなくて 母さんの本物の姿を知っていて
兄さんには 恋人がいても そんな愛もなくて
父さんにBDPを ひていされたときが すごく
すごく・・・かわいそうです
彼女とキャルが お花畑で 話しあうときが すき
かんらん車に のってる ときが すき
そして2人で BD会 けーかくして やるとこがすき
そして何より ラストが すき
父さん 母さん 兄さん キャル 彼女
いろんな人生が あるけどさー
スタインベックは すばらしい 人間でしょうねって
思うの 本を よんで みたいわ 彼の
そして この名画を 私は いつまでも
忘れたくない・・・彼女の つよさと 愛の大切さ



*************************



2009年6月:追記

この映画はあまり覚えていませんが、
ジミーの演ずる主人公が、お父さんに愛してもらいたいのに、
愛してもらえなくて・・・というところは何となく覚えています。
そしてあのテーマ曲は、今も耳に聞こえ、胸がキュンとします。

夏休みの最後の日に一人で会いに行ったジミーですが、
この2本よりも、ジャイアンツ、を一番覚えてるようです。

もしもジミーが長生きしたら、どうだったんだろう?と思う事もあるけど
きっと、演技がうまい、渋い俳優でいた、とは思うけど
やっぱり早く亡くなったからこそ、の3本かもしれませんね。



*************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2969
製作年:1954年



再見時感想 → こちら




<<223・愛と誠 | BLOG TOP | 221・REBEL WITHOUT A CAUSE (理由なき反抗)>>

comment

こんにちは!

  1. 2012/05/07(月) 14:33:31 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こちらがわたしの記事でmiriさんが仰っていた、今とは真逆な感想ですね~。こちらにはわたし、コメントにうかがわなかったのかな?
この作品はだんだん忘れ始めてるんですが、ジミーの暗い表情とか、父親との微妙な空気ははっきり覚えてます。
やはり、彼のかもし出す空気は独特ですよね。主演作品が3本しかないのは惜しいけど、だからこそというのもあるのかな・・・。

「優駿 ORACIÓN」は評判がとても悪いので観ませんでした。miriさんの目から見てもダメなんですね。観なくて良かった(笑)
あと、実写版ヤマトでも、キムタクはいつも通りキムタクでした。あの人、自信満々に「いつもの自分と変わらないと言われると嬉しい」と豪語してる人なので、俳優としてどうなのかと思います・・・。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/05/07(月) 15:06:29 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
いつもコメントを有難うございます☆
今「初子ちゃん」行ってきました♪

> こちらがわたしの記事でmiriさんが仰っていた、今とは真逆な感想ですね~。こちらにはわたし、コメントにうかがわなかったのかな?

何かの時にお話ししましたよね~。
そういう作品があちこちあるようで、記事についていないと「?」って思いますね~。

> この作品はだんだん忘れ始めてるんですが、ジミーの暗い表情とか、父親との微妙な空気ははっきり覚えてます。

まぁ名作なので、機会があれば是非・・・。

> やはり、彼のかもし出す空気は独特ですよね。主演作品が3本しかないのは惜しいけど、だからこそというのもあるのかな・・・。

そうですね~。
今生きていても、きっと渋い俳優だったと思いますが、

らいさまも、ジェラールさまも、あのポーランドのなんとかさんも、
結構早世する俳優は、やはりそれだけの意味があって、
意味のある作品を遺し、逝ってしまうような気がします。
なのでジミーも・・・と思います。

> 「優駿 ORACI遵マN」は評判がとても悪いので観ませんでした。miriさんの目から見てもダメなんですね。観なくて良かった(笑)

あぁ私は何も知らなかった・・・時間返せバカヤロー!
って、私が引っ掛かったのは色々とありますが、
一番は、また出た(命にかかわる)病気の子供(高校生ですが)
ずさんな病棟 ・あり得ない色々・・・でして、

私がその作品を見たかったのは、
今北海道の事を少し学んでていて(?)
この前、日高地方のサラブレットを育てる牧場の苦労を知ったからなんです。

なので、ヘンな金持ち娘とか、病気の高校生とか、
あと色々と詰め込み過ぎのテレビ屋のやっつけ仕事を見たくなかったのです。

> あと、実写版ヤマトでも、キムタクはいつも通りキムタクでした。あの人、自信満々に「いつもの自分と変わらないと言われると嬉しい」と豪語してる人なので、俳優としてどうなのかと思います・・・。

やはりね・・・バカなんですよ、バカ。
俳優ではありませんね~客寄せパンダ、広告塔、タレントと言う名の・・・
まぁあんまり書くとまたバッシングされるのが怖いので(もう充分?)

宵乃さんが鑑賞されてのご意見、とっても冷静で素敵☆
教えて下さり、ありがとう~♪

あと「ウエディング宣言」再見と気付かれなかったとか?
そういう作品てありますよね~。時間がもったいなかったですね・・・。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31