FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1739  愛情の都 

  1. 2019/08/08(木) 23:00:00_
  2. 杉江敏男
  3. _ comment:0
愛情の都  1958年・日本



↓ 画像はネットでは見つからなかったので、自分でオンエア中の場面を撮りました(笑)。

愛情の都




 

.


2019年8月8日(木)  日本映画専門チャンネル

監督  杉江敏男
主演  宝田明  司葉子

感想
書き忘れたから最初に置くけど
美輪さん、すごいよね、凄かったよ!
こうやって、見られて、幸せです☆



*******************


良かったです。
今も昔も、私の頃も、時のスターの演ずるこういう映画は多いけれども、
そう、よくある映画だけど、良かったのは、

この映画では主演の二人はじめ多くの演技者が
物故者も含めて、皆今も今に近い時期までも活躍していて、
それがうまい人ばっかりだからです☆

司葉子が言われているけど、私的にはそれほどでも・・・
小津でこういう役柄を見たような・・・
ここまでではないけどね、見たし。
宝田氏も草笛さんも皆若くてぴちぴち。


はたして、今の邦画で活躍している若い俳優陣、
60年後に活躍している人はいるんだろうか?


そう思うと、すごいよね、
私の頃(30~40年前)の人たちでも今はもう減っていると思うよ!

内容は陳腐かもしれないけど
けっこうぐっときたのは、ラストシーンの東京の
知らない街なのに、あの雪晴れの朝がとても素敵だったから。

悪かったあいつは、しかし、世渡り上手で、仕方ないね、
キレイな花は折りたくなるし(笑)。

この監督いくつか見ていると思います。
これからも蔵出し映画、見てゆきたいです!





この映画の結末

男は助かった。
犯人は自首、周りの皆も祝福ムード、
女と和解した。

カーテンを開けると、美しい、雪の後の晴れた朝の空。




<<5-1740  めぐりあう日 | BLOG TOP | 5-1738  ブレイクアウト  (2011年版)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -