FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


219・The Goodbye Girl (グッバイ・ガール)

  1. 1978/08/26(土) 21:00:00_
  2. ハーバート・ロス
  3. _ comment:0
グッバイガール



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【コメディ】 1977・AMERICA

1978年8月26日(土) ○○新聞の試写会   於:文化講堂 (高3)
DIRECTED BY HERBARD ROSS
        RICHARD DREYFUSS、MARSHA MEASON

5か月の あこがれを のせて グッバイ・ガール です
そして これで オスカー ノミネート 5本を すべて 見たのです




 
.


感想
すごく よかった ラストは 自然に 涙が にじんだ
あのラストは ぜったい すなおに うけとめる べきよね
一生に 一度は 絶対 信じられる愛に めぐりあえる
それを ホントに 信じられます ありがとう H・ロスさま
でも ホントに コメディ なんです
ポーラは ドジで おっちょこちょいで 愛されたことが ない
そんな オンナ・・・共感を 生むのです
ルーシーは ナマイキ なんて 思やしないの
すごく ルーシーの 考えること わかるのよ
ルーシーは 『生まれたときから26才』
彼は そして なんだか かわいい人
2人の心が ふれあうまでの こと とか
ふれあって 屋上のパーティ どしゃぶりで
彼は そのとき まるで ボギー でした
都会の車の光の中に 小さなアパートの屋上
2人だけ 浮かび上って!!
朝になったら ルーシーの 「お2人ともね」のコトバ
ポーラの 愛を信じられないところ わかって
ホントに 心を ふれあった あとに 部屋をもようがえ
したり・・・
彼に仕事が きまったあと また すてられると 思った
ポーラ そして どしゃぶり なぜか 出あいも
どしゃぶり 同じ ところ からの TEL
「きてくれ おれと いっしょに」
その ひとことで ポーラの心は・・・
そして そして ラスト 彼はTAXIに そして
ポーラ どしゃぶりの 中を ギターを もって
私は HERBARD ROSSさま が 大好き!に なりました
ターニング・ポイントもグッバイ・ガールも
甘い と思う人も いるかも しれんけど
それさえ 信じれなくなっちゃ 人間は おしまいだわ
そう思うんです
私は ハーバード・ロスさまは 人生に 人の生きる
ことに 賛歌を しめしてる と 思うのです



***************************



2009年6月:追記

この映画は、この年の、私のナンバーワンだったと思います。
多分、Yちゃんと一緒に行った試写会だと思います。

この年(77年度)の、オスカー作品賞候補は、
この作品、スター・ウォーズ、愛と喝采の日々、ジュリア、
そして受賞した アニー・ホール でした。
全部見て、今思っても、私的には、この作品が一等賞だと思います。

6月の雨の日に、雨の印象的な映画を見たい方は、
是非、この作品をご覧になって下さいね~☆

あの主題歌、今も耳に残り、
ふと・どこかで聞くと、胸がキュンとします☆



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6293



☆ 各再見時の記事は、下記の通りです ☆



グッバイ・ガール(77・米) ・・・ 1-219(2回目)
グッバイ・ガール(77・米) ・・・ 1-219(3回目)  
グッバイ・ガール(77・米) ・・・ 1-219(4回目以上) 




<<220・Charlie‘s Angels (チャーリーズ・エンジェル) | BLOG TOP | 2冊目のノートが終わりました>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30