FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


218・STAR WARS (スター・ウォーズ)

  1. 1978/07/25(火) 17:00:00_
  2. ジョージ・ルーカス
  3. _ comment:6
↓ 前売り入場券です

スターウォーズの券

↓ 当日、購入した(買ってもらったかも?)パンフレットです

スターウォーズパンフレット

↓ 現在入手できるDVDです

スターウォーズ 新画像



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【Space Fantasy】 1977・AMERICA

1978年7月25日(火) ○○東宝にて (高3)
DIRECTED BY GEORGE LUCAS
    MARK HAMILL、HARRISON FORD

えーがは みてみないと わからないもんだと 私に教えてくれた映画
これからは みるまでは なんも いわないことにしよう




 
.


感想 
いやだとか なんだとか 思ってたけど
なんと すばらしく よいのですよ!
はじめは アーアってかんじで ヒマだったけど
LASTに むかうほど 息も つくこと できなかった
R2-D2が やっぱり かわゆい
   ガンコなとこ 忠実なとこ 大すき
C-3PO よかった ホントの 気持ち かくして
   R2に いじわる いったり してたけど 友情あってサ
レイアひめさま すごい女だわさ 自分の思うこと
   とおすもん でも彼女の他に 女なんて 
   ホトンドみなかったナ・・・Why?
ルーク うーん よいコ ですよ おじさまたちの亡くなったとき、
   ベン・ケノビが 死んでしまったとき
   他に たいせん してるときの よろこんだ かおとか
   真剣な かおとか
ハン・ソロ やっぱり ステキな人でした 金のためとか
   みせかけてて ホントは心の あったかいヒトで
   ラストに でてきたのは、すてき
ケノビさん なんて よいひと かしらん
   自分を殺して みんなを助ける
ダース・ベーダー はじめ デス・スターの人たちも
   まあ いろいろ 思ってる
Storyの はこびかた よくって きゃくほんの
ルークかんとく ありがとよ って感じです
話の中に あったかさが あるの 昔の えーがの よーな
それを SFえーがで みつけられたのが
とっても うれしくて
もんくなし いいえーが でした
ラストシーンの また よかったコト



**************************



2009年6月:追記

♪チャーン チャーン チャチャチャチャーチャ ・・・♪
あの曲が、自然と耳に聞こえますね。

私は、この映画は評判が良すぎて、見たくなかったのですが、
実際見てみたら、自分なりに、全く先入観とは違う感想を持ち、
「映画は見てみないと、何も言えない、必ず見てからモノを言う事」と
この映画は、そういう事を教えてくれて、
この後ずっと、現在までも、その事を忘れないように、と努めています。

たまには、前評判等で決め付けそうになる事もありますが、
“映画は、見てみないと、何も言えない” それを忘れたくないです。

この映画の内容は、よく覚えていて、見ている自分たちも覚えています。
ラストシーンは、本当に、すごく良かった☆

私にとっては、今年見た「スターウォーズ エピソード1・2・3」とは、
やっぱり “全然違う重み” を持った映画でした。



**************************



好きだったクラブの先輩は、卒業して専門学校生になっていました。
たまには会っていたし、映画も、忘れられないこの作品を一緒に
見に行ったけど、晩秋以降、連絡しなくなり、会わなくなりました。
2年半くらい好きだったけど、片想いで、
会っていても「付き合い」という感じではなかったです。今思うと、というか、
当時も分かっていたけど、私の事を好きではなかったのだと思います。



**************************



再見時等の感想はこちら

スター・ウォーズ(77・米)(2回目) ・・・ 1-218

スター・ウォーズ(77・米)(殿堂入り) ・・・ 1-218




<<1-218  スター・ウォーズ (旧gooブログの記事)  | BLOG TOP | 217・Juria (ジュリア)>>

comment

  1. 2009/06/08(月) 02:24:31 |
  2. URL |
  3. Mardigras
  4. [ 編集 ]
"映画は、見てみないと、何も言えない"...
山ほど映画をご覧になられているサイさんのおことばだけに、余計に説得力がありますね...でもこれだけ(TVとかで)よりどりみどりで映画を観られる環境だと、ついその取捨選択と鑑賞の優先順位付けに好みが影響してしまうところです。そもそも積極的に観たい思う映画だけでも観きれないというか、、、映画がハードディスクにひたすら溜まっていく一方で困っています(で、結局観ないで削除する。笑)。

スター・ウォーズ エピソードIVのころの私はロッカリアさん以上に子供の小学三年生、映画を観に行くことはできませんでしたが、コカ・コーラの瓶の王冠の裏にスター・ウォーズのシーンが小さく印刷されていたのを一生懸命集めていた記憶があります(工事現場で休憩中にコーラを飲んでいるおじさんたちにねだったりして)。映画をやっと観れたのは、やっとTVで放映してくれた中学3年生のときでした。ホント感激しました。今は見過ごしてもすぐにビデオ借りたりテレビでやってくれるので便利ですね。でもその分、ただひたすらに消費していく一方で、1本1本の映画に対する思い入れを持ちにくくなったような気もしてます。長々とコメントすみませんでした~。

こんにちは☆

  1. 2009/06/08(月) 11:19:11 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
Mardigras さん、コメントを有難う~☆ (6学年違うんですね!お若いんですね~!!!)
コメントに書いてくださった事、全部本当にうなずいて読ませてもらいました。
今はありすぎて迷うし、今見なくてもいいやと思える状況ですものね・・・。私の高校生時代などは家庭用ビデオもなく、その場で必死に見る、のが当然でしたが、そうやって見てきたのが、結局は良かったのだと思います。今の若い人は、そういう必死さはあまり分かってもらえないかもしれませんね・・・。

この映画は男の子が好きな作品ですよね!私も先輩が「どうしてもこれが良い」というので仕方なく行ったのですが、思いがけず良い作品で、大切なことを教えてもらって本当に感謝している作品です。

> "映画は、見てみないと、何も言えない"...
本は読んでみてから、歌は聞いてから、そう思っています☆

>そもそも積極的に観たい思う映画だけでも観きれないというか、、、映画がハードディスクにひたすら溜まっていく一方で困っています(で、結局観ないで削除する。笑)。
同じです!今の私は見たいのが多くて、録画して、でも時間がなくて、結局削除・・・悲しいです

>でもその分、ただひたすらに消費していく一方で、1本1本の映画に対する思い入れを持ちにくくなったような気もしてます。
そうなんです。感想文を書いても、その場では思いが一杯あるつもりなんだけど、高校生のころのような深い感性が・・・無いとまでは言わなくても、少ないのでしょうね・・・

今日は本当に有難う~☆ また是非読みにいらして下さいね!

想い出の作品ですね

  1. 2012/06/11(月) 15:42:01 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
やはりスターウォーズは古い方の3作のほうが面白いですよね。まあ、あんまり内容は覚えてないけど。
とりあえず、ロボットコンビが大好きなのと、宇宙での戦闘機のシーンが昨今のCG満載映像より強烈な印象を残しています。私がそれを見たのは80年代後半だと思うんですが、そのスピード感に興奮しましたね~。
公開当時に皆が熱狂したのも頷けます。

>「エクソシスト」未見なんですよ~(大爆)。

あ、miriさんが見たのは「ポルターガイスト」でしたっけ。まあ、どちらにしろ比較対象として相応しくなかったかもしれません。「ミスト」の方がわかりやすいかな。
どこから襲ってくるか分からない恐怖では同じくらいですが、敵がはっきり描かれる分、「エイリアン」のほうが”未知への恐怖”は少ないと思います。その代わり、ちょっと見た目が気持ち悪いかも(笑)
あと、もう一つ勘違いしてて、母性がテーマになるのは2からでした。1はにゃんこが唯一の癒しだったと思います。
エイリアンの造形や生態そのものが怖いと感じてしまったら観るのは辛いですけど、それさえ大丈夫なら「ミスト」や「ターミネーター」と同じくらいかな~。

Re: 想い出の作品ですね

  1. 2012/06/11(月) 18:29:05 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

いや~想い出、お恥ずかしい・・・
これらのノートの転記時には、当時の想い出がこころを占め、
書かないわけにはいかなくって・・・すみません。

> やはりスターウォーズは古い方の3作のほうが面白いですよね。まあ、あんまり内容は覚えてないけど。
> とりあえず、ロボットコンビが大好きなのと、宇宙での戦闘機のシーンが昨今のCG満載映像より強烈な印象を残しています。私がそれを見たのは80年代後半だと思うんですが、そのスピード感に興奮しましたね~。
> 公開当時に皆が熱狂したのも頷けます。

ハイ、それ以前のSF作品とは、全く一線を画していましたよね~。
なので、当時の若者、小中高大学生、幼稚園・保育園児に至るまで
日本中の「男の子」は熱狂したと思います。

女の子もそれなりに・・・でしたね。

> >「エクソシスト」未見なんですよ~(大爆)。
> あ、miriさんが見たのは「ポルターガイスト」でしたっけ。まあ、どちらにしろ比較対象として相応しくなかったかもしれません。「ミスト」の方がわかりやすいかな。
> どこから襲ってくるか分からない恐怖では同じくらいですが、敵がはっきり描かれる分、「エイリアン」のほうが”未知への恐怖”は少ないと思います。その代わり、ちょっと見た目が気持ち悪いかも(笑)
> あと、もう一つ勘違いしてて、母性がテーマになるのは2からでした。1はにゃんこが唯一の癒しだったと思います。
> エイリアンの造形や生態そのものが怖いと感じてしまったら観るのは辛いですけど、それさえ大丈夫なら「ミスト」や「ターミネーター」と同じくらいかな~。

おぉ~これは・・・みみみ見られないかも知れましぇん・・・(恥)。
見た目がキモイのは、ダメなんですよ~。
「グレムリン」途中でギブアップしたので・・・あぁ情けない。

いつも教えて下さり、有難うございます♪
寝不足は治りましたか?
イラストも楽しみにしていますが、まずはご健康第一ですよ~!!!

  1. 2013/06/02(日) 09:19:53 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
おはようございます!
スターウォーズはやはりロボットコンビの愛嬌と、戦闘シーンや宇宙の星の流れる様子の美しさですよね~。ストーリーはいまだによくわかってません。
観ている間はわかるんですけど、すぐに頭から抜け落ちて、いろんなシーンは思い浮かんでも、どういう経緯でそうなったのか思い出せない(笑)

>今もその価値は燦然と輝いています・・・

ですよね~。若い世代でも、この作品の魅力をぎゅっと濃縮したようなディズニーランドのアトラクション(実物ロボコンビがナビゲーターで、ショートフィルムを動く椅子で観る)で洗礼を受けるひとも多いので(わたしもそのひとりです)、スクリーンに映る宇宙空間の美しさにワクワクしたという思い出は、今でもたくさんの人の胸に刻まれていると思います!

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2013/06/02(日) 21:10:51 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> スターウォーズはやはりロボットコンビの愛嬌と、戦闘シーンや宇宙の星の流れる様子の美しさですよね~。ストーリーはいまだによくわかってません。
> 観ている間はわかるんですけど、すぐに頭から抜け落ちて、いろんなシーンは思い浮かんでも、どういう経緯でそうなったのか思い出せない(笑)

私も同じですよ~!
マニアックな方以外は、そうやって楽しむ映画のように思います☆

> >今もその価値は燦然と輝いています・・・
> ですよね~。若い世代でも、この作品の魅力をぎゅっと濃縮したようなディズニーランドのアトラクション(実物ロボコンビがナビゲーターで、ショートフィルムを動く椅子で観る)で洗礼を受けるひとも多いので(わたしもそのひとりです)、スクリーンに映る宇宙空間の美しさにワクワクしたという思い出は、今でもたくさんの人の胸に刻まれていると思います!

有難うございます!
お生まれになる前の作品で、私から見ると50年代の映画と同じ・・・
なのに、そう仰って下さり、こころから嬉しいです!
これからもこういう系統の映画は、詳しい事は分からなくても、楽しんで見たいですね~!

***********************

「ミラーを拭く男」ちょっと前に、削除してしまいました~(泣)
一杯溜ったので、ちょっとだけ見たんですけどあんまり魅力なかったので・・・
再放送の時は、必ず見よう(そしてコメントさせて頂こう)と思います!

「この愛のために撃て」昨年見ました。
この監督はこの前の作品(デビュー作)も、こんな感じで(笑)
・・・この2作目は、ちょっとはマシな作風になっていました。
今後のフランス映画を頑張ってほしいと思います♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -