FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


“トゥールーズ・キャピトル 国立管弦楽団” を 聴きに行って来ました☆

  1. 2015/02/22(日) 00:00:00_
  2. 音楽関係
  3. _ comment:6
一作日に “トゥールーズ・キャピトル 国立管弦楽団”の演奏会を
聴きに行って来ました♪


好きな指揮者 トゥガン・ソヒエフさんが来日なさったからです。

ソヒエフさんは今まで知っていた以上に素敵でした♪
指揮者になるためにお生まれになったのでしょう。

指揮をすることがお好きで仕方ないって感じが伝わり、
楽団員の皆さんを愛している事が分かったし・・・
ボディ・ランゲージ、言葉がなくても仰りたい事が分かったし・・・
まるで、物語を語っているような指揮でした☆

今回「聴きに行く」というより、「ソヒエフさんを見に行った」のでしたが、正解でした。
パイプオルガンの真下の席で、ソヒエフさんをしみじみ見つめたのでした♪





今回の宣伝です クリックしてください☆ (廻し者ではありませんよ・・・笑)。 


東芝グランドコンサート2015





 
.


演目と感想です。

・・・以下、私はクラシック音楽には詳しくないので
勘違いや意味の取り違えがあったら、お許し頂きたいし、
ご指摘頂ければ すぐに なおしたいと思います☆
どうぞ宜しくお願いいたします!



ドビュッシー : 牧神の午後への前奏曲
Debussy : Prélude à l'après-midi d'un faune

感想:
メッチャ良かった!
あの黄金いろのフルートが、今回の日本公演最初の一音で、
もう、鷲掴み!
そのフルートとハープの優しい音色・・・
打楽器の (ほとんど) ない短い時間の曲だったけど、優しさを感じ、うっとりしました♪



サン=サーンス : ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 Op.61
Saint-Saëns: Violin Concerto No.3 in B minor Op.61

感想:
前の曲に比べて激しかったので驚いたのですが、
全体的に調和というか、このオーケストラの皆さんが仲良い事が分かり、
それが伝わっただけでも感激です☆

あと、今回のソリスト、バイオリンのルノー・カプソンさん、N響との共演でも
拝見したことありますが、見た目と、バイオリンを弾いている姿が
全然違うというか、ソリストってそういうものだろうな~と、納得です。



ムソルグスキー (ラヴェル編曲) : 組曲 『 展覧会の絵 』
Mussorgsky (arr. Ravel) : Suite "Pictures at an Exhibition"

感想:
休憩後、今回のメインで、長い重い素晴らしい曲でした♪
フルメンバーで、前の2曲と重みが違いました。
聴く方も緊張で、ホント疲れたけど凄かった!



アンコール2曲
(注:ネットで他の方のブログを拝見すると、翌日の東京では、
 アンコールは休憩前にグルック、最後にビゼーとなっていたようですが、
 こちら、ザ・シンフォニーホールでは、全部、展覧会の絵の後でした)


グルック:メロディ (オルフェオとエウリディーチェ から)
優しくて、最初の曲と対になっているかのように思いました。

ビゼー:カルメン
最後は皆が知っていて乗れる曲で楽しかったです☆



その他の事です

知らない人なのに、休憩中に隣席の女性が話しかけてくれて、
楽しく過ごせました。
(反対側の隣席の方々もお一人ずつでいらしていたのに、お話なさっていました)

そして、ヨーロッパの (この場合フランスの)
長いクラシック音楽の歴史、敷居の低さからか?
普通の人々が長く愛し続けてきて、これからもそうなんだろうな~と、
(我が国の伝統芸能の敷居の高さなどと比べて?)
この楽団を見て聴いて、しみじみと、思いました。

オーケストラを聴きに行ったのはもう10年以上ぶりですが、
今回は音楽に国境はないと心底から思い知るくらい、
その時 「ザ・シンフォニーホール」に居た全員が こころひとつに なったように思い、
本当に幸せな時間を過ごせました☆



*****************************



今後も、全国各地での演奏会があります。


本日:2月 22日(日) 広島 上野学園ホール 
明日:2月 23日(月) 福岡 アクロス福岡シンフォニーホール 
2月 25日(水) 金沢 石川県立音楽堂コンサートホール
2月 28日(土) 名古屋 愛知県芸術劇場 コンサートホール (別プログラム) 
3月 1日(日) 仙台 東京エレクトロンホール宮城 (別プログラム)  
3月 2日(月) 川崎 ミューザ川崎シンフォニーホール (別プログラム)  

もしも機会があれば是非、ご自身の「耳」で聴いて下さいね~☆



パンフレット



きらきらと 地上に光る 星を見た 
言葉のいらない 音楽という




<<5-703  Mr.&Mrs. スミス | BLOG TOP | 5-702  いつか眠りにつく前に>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/02/22(日) 21:56:51 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/02/23(月) 10:30:18 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/02/23(月) 21:18:08 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/02/23(月) 23:30:31 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/02/27(金) 06:33:16 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ch
  4. [ 編集 ]
昨日金沢講演を見に行った者です
いや、最高でした!正直チケットは安くはなかったですけど満足です
ところで…
アンコール終了後に「ん?」と思ったのが…
第二バイオリンの中にソリストのルノー・カプソンがいないか?
いや、どう見ても彼というか、妙に似てる人間がいた、としか見えなかったんですが…
そう言えば何度か謎のタイミングで客席から笑いが起こってたんで、ひょっとしたらそれに気づいた人がウケてたのかな?と
だとしたら「こんなことあるんだ!」と一生思い出に残る公演でしたわますます
ブイドロのソロのためにテナーチューバ奏者わざわざ用意するとか
コントラファゴットがすばらしく上手かった(あんなの聴いたことない!)とか
アンケート書きがてら撤収を眺めていたら色々面白かったとか
万事面白かったという素晴らしく得した気分の公演でした!

名無しさん@ニュース2ch さん、コメントを 有難うございます☆

  1. 2015/02/27(金) 10:46:54 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 昨日金沢講演を見に行った者です
> いや、最高でした!正直チケットは安くはなかったですけど満足です

良かったですよね~!
最高でしたよね~♪

> ところで…
> アンコール終了後に「ん?」と思ったのが…
> 第二バイオリンの中にソリストのルノー・カプソンがいないか?
> いや、どう見ても彼というか、妙に似てる人間がいた、としか見えなかったんですが…
> そう言えば何度か謎のタイミングで客席から笑いが起こってたんで、ひょっとしたらそれに気づいた人がウケてたのかな?と
> だとしたら「こんなことあるんだ!」と一生思い出に残る公演でしたわますます

私が座っていたのは、音は良くなかったかもしれないけど
指揮者を見たかったので、パイプオルガンの真下の席で、
つまり指揮者以外の演奏者は、後ろ姿しか見えない位置でした。

なので、カプソンさんが第二バイオリンに居たかどうかは分かりません。
でも、もし、本当にそうだったら、良かったですよね~!!
あまりないチャンス、特別な演奏会になりましたね♪

> ブイドロのソロのためにテナーチューバ奏者わざわざ用意するとか
> コントラファゴットがすばらしく上手かった(あんなの聴いたことない!)とか
> アンケート書きがてら撤収を眺めていたら色々面白かったとか
> 万事面白かったという素晴らしく得した気分の公演でした!

それは良かったですネ~!
「ザ・シンフォニーホール」でのアンコールは、最後の最後に2曲続けてでしたが、
東京では違ったようですし、会場によってあれこれ工夫しているのかもしれませんね?
私は素人なので、単純に楽しめて、本当に良い演奏会だったと思っています☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -