FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-652  ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人

  1. 2015/01/02(金) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品
  3. _ comment:0
HERB & DOROTHY  (ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人)  2008年・アメリカ



ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人




 
.


2015年1月2日(金)  BS3

監督 佐々木芽生
主演 ハーバード・ヴォーゲル / ドロシー・ヴォーゲル

感想
これも12月に録画してあったドキュメンタリー作品です。

このご夫妻の事は、「美の巨人たち」か何か、美術関係の番組で
チラッと聞いたことはあったのですが、
まさかこのような方達とは知らず、仰天しました!


まず、1960年頃に結婚したとか言っていたので、
自分の親と同世代のはず・・・と思ったのですが(私の両親は1959年に結婚しました)
どう見ても、二人ともよぼよぼ・・・特に夫さんはもう100歳近くに見える・・・
これは一体?と・・・

最後まで見て何となくわかったのは(詳しい説明はなかったのですが)
どうも結婚したときの年齢が、
夫さんは40歳くらいだったようですね?
妻さんは25~30歳という感じで、年の差カップルでした(笑)。

それで、子供さんはどう見ても居ないんだろうな~と思ったのですが、
終盤近くに「子供は授からなかったけど」、と奥さんがしゃべって、
各種小動物を飼っていらして本当に大家族的でした(笑)。

本題のコレクションのことですが、
私が想像していたのとは全然違って、絵はもちろん、彫刻や、よく分からない作品も多くて
足の踏み場はありますが(笑) よくもまぁ買いためて保存したよね~と・・・。

若くてその後出世した人から買い取った作品が多いけど、
そのことが世間に知られる前から、芸術家の間では超有名な話で、
普通の共働きの公務員の夫婦が(夫のお給料は全部作品に変わったそうです)
好き勝手ではなく、「審美眼」を持って選んで選んで、選びきるというのが凄かったです☆

映画の最後の方でやっとPCを買うのですが、
それまではメール一つも別の安い方法で、つましい暮らしです・・・。

二人の死後の事を考え、ナショナルギャラリーに寄贈して本当に良かったね!
この映画の数年後に、夫さんは他界されたそうですが、
その前に寄贈を決めて実行して、見に行ったりも出来て、人生の、
こう書いては何ですが、子供以上の、子供たちです。
今後は全米各州の美術館に寄贈されてゆくそうです。
素晴らしい事です!

今は有名になった芸術家の皆さんも、このご夫妻の事は
忘れていないし、交流もあるし、温かい想いは「お金」では変えず、
よくある金持ちのオークションなど、本当に空しいモノのように思いました。
(って、イヴ・サン=ローランさんの美術品はそうやって売られて行きましたね~~~)


ちょっと聞いていたのとは違って、
厳しい方たちでしたが、お二人の間の愛情はもちろん
「審美眼」についてを考えさせられましたし、

もしかしたら (高校生くらい?)
学校で子供たちに見せると良い作品なのかもしれませんね~。



日本人の女性が監督さんです☆
全然知らない人ですが、今後も頑張ってください!と、応援します♪




<<♪ 巴里の空の下 ♪ の 物語り | BLOG TOP | 5-651  イヴ・サンローラン>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -