FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-593  乱れ雲

  1. 2014/11/06(木) 23:30:00_
  2. 成瀬巳喜男
  3. _ comment:2
乱れ雲  1967年・日本



乱れ雲




 
.


2014年11月6日(木)  日本映画専門チャンネル

監督 成瀬巳喜男
主演 加山雄三 / 司葉子



感想の前に


何も知らずに単純に
最近見ていた(あまりにワンパターンで4作品でやめました・笑) 「若大将」の
加山雄三さんが主演という事で録画したのです。

どこかで聞いたタイトルだな~?と思ったら、成瀬監督ではありませんか!
「乱れる」+「浮雲」÷2=このタイトル?(笑)
成瀬監督のご遺作になります。



感想

この映画はメロメロメロドラマですね~。
好きな「乱れる」よりも、もっとずっと好きです☆
嫌いな「浮雲」よりも、もっとずっと深いです♪
でも、あまりにも偶然が過ぎるとか思う方には「いまいち」かも?


以下、未見の方はご注意ください☆


やっぱり、あの、熱を出した翌朝からラストシーンまでが凄いですよね~。
司葉子ってこんな良い女優だったんだね、ビックリ!
美しいだけではない、上品なだけではない、
そのシーン・シーンでの言葉にならない気持ちを、顔と身体で、あんなに表現できるんだね、仰天!

表情の演技:翌朝、一人部屋で・・・

表情と言葉の演技:
農業の時に突然あらわれた彼・・・キスされて、拒絶・・・でも・・・
そう、過去を乗り越えることは出来ないと言葉で

表情の演技:そしてやはりと、訪ね、旅館へ、
言葉がなくとも決意を感じられる

ありがちかもしれないけど、実際凄いと思う演出:
あぁそれなのに、あそこで出すか?交通事故、しかもその妻のお叫び、
「(決意してきたのに、やはり出来ない)ごめんなさい」と。。。

そして別れるとハッキリと分かる大人の所作、でも涙、
この部分の男と女の違いというか、
あのあたり、憎いです☆

ラストシーンは、列車の中の彼、十和田湖を見つめる女、
すんばらすい♪


もちろん結婚といっても新婚に近く、(甘いだけで、子育てもなく)
この男(女)以外となら、いつかは結婚できるかもしれないし、
結婚しなくても、きっと「人間として」やり直せるんだもの、大丈夫だよ、って
二人ともに応援したい、遠い未来でも、それが私の一番好きな終り方だし。

前半は実の姉夫婦との対比
後半は義姉と愛人のカップルとの対比
うまいよね~この監督は、ホントにどうしようもない!

(以下は私の勝手な考えですが)
「乱れる」 でかなわなかったラストの残酷さのなさ、
「浮雲」 でかなわなかったラストの美しさ、
全部かなえてすごい監督ですよね~!
遺作に間に合わせるなんてマジすごい♪


今年の邦画 「☆」 2作目です!



***********************************



このお話のあらすじです。


通産官僚の妻 由美子は妊娠している事が分かり、夫のアメリカ赴任も決まり
人生の頂点に達しようとしていた。
しかし、その直後、優しかった夫が 三島史郎の運転していた車にひかれ、死亡。

由美子の人生は、180度変わり、
裁判では無罪となった史郎の人生も、それまでとは全く違うモノとなる。

二人の偶然の再会と、感情の揺れ動きを、
美しい十和田湖畔をバックに描ききったメロドラマです。
成瀬監督、渾身のご遺作です☆




<<5-594  カリフォルニア・ドリーミング | BLOG TOP | 5-592  続エマニエル夫人>>

comment

前だけ読みました

  1. 2014/11/28(金) 01:38:08 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんばんは

以下、未見~から先は読んでません。
非常に大雑把な展開(始めの方だけ)は知ってます。
一度、レンタル屋さんで手に取る所まではいったのですが・・・。
あの時は「流れる」と「乱れ雲」どちらにしようか迷って、結局、全然違う作品を借りました。
でも、これで次の成瀬作品は「乱れ雲」と腹が決まりました。
只、来年以降になると思いますけど。(汗)

ここ半月、「忍ぶ川」、「冬の華」(チアリのメロディが頭の中を流れぬ日が無い)、「きっと、うまくいく」(これの楽曲も強烈で(笑))と1ボールは有ったけどド真ん中のストライク3球で見事三振です、特に最後の球は男だからだと思うけど素晴らしかった。
年内、何事も起こらなければ、あと4本くらい観る予定ですが、ここまで良い作品が連続すると、気楽にいこうと思っても変なプレッシャーが掛ります。(笑)

Re: 前だけ読みました

  1. 2014/11/28(金) 10:42:51 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
いつもコメントを有難うございます☆

> 以下、未見~から先は読んでません。
> 非常に大雑把な展開(始めの方だけ)は知ってます。

あちこちに、あらすじの序盤は書いてありますものね~(笑)。

> 一度、レンタル屋さんで手に取る所まではいったのですが・・・。
> あの時は「流れる」と「乱れ雲」どちらにしようか迷って、結局、全然違う作品を借りました。
> でも、これで次の成瀬作品は「乱れ雲」と腹が決まりました。
> 只、来年以降になると思いますけど。(汗)

きゃー! それは楽しみです!
ご感想を聞かせて下さいね!
ゆっくりとお待ちしています♪

> ここ半月、「忍ぶ川」、「冬の華」(チアリのメロディが頭の中を流れぬ日が無い)、「きっと、うまくいく」(これの楽曲も強烈で(笑))と1ボールは有ったけどド真ん中のストライク3球で見事三振です、特に最後の球は男だからだと思うけど素晴らしかった。
> 年内、何事も起こらなければ、あと4本くらい観る予定ですが、ここまで良い作品が連続すると、気楽にいこうと思っても変なプレッシャーが掛ります。(笑)

それは良かったですネ☆
せっかく大切なお時間を使われるのですものね、良い作品に出逢って、
どんどんノックアウトされて下さい!

私的にはなるべくお気楽にノックアウトされてほしいけど、
鉦鼓亭さんのプレッシャーを大切になさってくださいね~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -