映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2014年に見た初見洋画のベスト10/洋画各賞/再見洋画ベスト作品

  1. 2014/12/28(日) 00:00:00_
  2. 2012~2014年
  3. _ comment:2
2014年も結構たくさん洋画を見たので、
作品賞など色々私なりに考えたいと思います。




 
.


≪初見で、質が高くて、好きな洋画作品 ベスト10≫ 
(評価はすべて「☆」です)



別格でベスト10には入れません : 月世界旅行 
素晴らしい作品です。
修復して下さり、本当に有難うございます。 (記事はこちら



1位    最強のふたり  (ドキュメンタリー:最強のふたり も、合わせて)    
        2011年・仏   エリック・トレダノ / オリヴィエ・ナカシュ / マチュー・ヴァドピエ
        とても感動しました。 (記事はこちら


2位    惑星ソラリス    
        1972年・ソ   アンドレイ・タルコフスキー
        内容も好きですし、今が72年と思えば 物凄い作品です。 (記事はありません)


3位    欲望のあいまいな対象   
        1977年・仏/西   ルイス・ブニュエル
        男女の件だけではないので素晴らしいと思います☆ (記事はこちら


同4位   華麗なる激情
        1964年・米/伊   キャロル・リード
        いつかその天井画をこの目で見たいです☆ (記事はこちら


同4位   ジョニーは戦場へ行った     
        1971年・アメリカ   ダルトン・トランボ
        今の年齢で見て良かったと思います。 (記事はこちら


6位    マイ・ルーム  
        1996年・米   ジェリー・ザックス 
        映画として素晴らしくなくても、私にとっては特別な作品です。 (記事はありません)


7位    恋愛だけじゃダメかしら?    
        2012年・米   カーク・ジョーンズ
        私から見れば、神聖な映画です。 (記事はありません) 


8位    アルゴ
        2011年・英/仏   トーマス・アルフレッドソン
        フィクションが多いと思いますが、この引っ張る感じが良いと思います☆ (記事はこちら)   


9位    田園交響楽
        1946年・仏   ジャン・ドラノワ
        あのラストの言葉と顔が耳と目に焼き付いて困るわ(笑)。 (記事はこちら


10位  マーブェリックス/波に魅せられた男たち
        2012年・米   カーテイス・ハンソン / マイケル・アプテッド
        サーフィンとは、私の思っているようなモノではなかった! (記事はこちら



次点:忘れられない作品から (50音順) 

あの日、欲望の大地で (記事) ラストシーンは、今年の1位です☆
シチリア!シチリア!
フェリーニのローマ (記事
ブルジョワジーの秘かな愉しみ (ただし「影の中の散歩」とのセット)
僕の彼女はどこ? (記事
星の旅人たち



*******************************



【私が選んだ 今年初めて見た 洋画の各賞】




音楽関係の特別賞 3組です

マイケル・ジャクソンさん 
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」で、ほぼ初めて拝見して色々と思ったので。(記事

映画作品 「ストリート・オブ・ファイアー」 1984年・米
 音楽の使い方がとても良かったので。

映画作品 「ハロルドとモード 少年は虹を渡る」 1971年・米 
 音楽がとても良かったので。



映画館で見られて、嬉しかったで・賞


4本立て 「こねこのミーシャ / 迷子のブヌーチカ / ミトン / レター」 (記事

今思うと、絶妙のタイミングで上映を知り、見に行けたことは
僥倖だったと、こころから感謝です。 みぃにゃおん♪



主演男優賞

ミシェル・ピッコリさん
 
対象作品:「サン・ス―シの女」 その他数作品
最近も主演したりして凄いです! やっぱ一時期のフランス映画には絶対必要な方で、
今年初見した作品が多く、今さら感もあるけど、選ばせて頂きました♪


主演男優賞の次点


ウイリアム・ハ―ト さん 

対象作品:「ジェイン・エア」(記事) その他初見数作品/再見ですが「愛は静けさの中に」(記事
実にいろんな作品に出演していらっしゃって、どんな役柄もスマートに演じきるのが素敵です☆



助演女優賞

シェリー・デュヴァルさん

対象作品:「シャイニング」 主人公の妻役 (記事) 
この役柄を演ずるために、お生まれになったのですネ! もう、一生涯忘れられない!



主演女優賞

ジェニファー・ローレンス さん 
 

対象作品:「ウインターズ・ボーン」 「世界にひとつのプレイブック」 その他多数作品 (記事
色々と書いてきましたので今さらアレですが、来年も期待しています♪



監督賞

ルイス・ブニュエルさん


対象作品:「あいまいな欲望の対象」 「自由の幻想」(記事) 「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」 他・数作品
何というか、うまく書けませんが好きです☆



****************************



2014年に見た 再見洋画の ベスト作品 等

【 私が選んだ 今年再見した 洋画ベスト7作品 】  
(評価が「☆」の作品です)
(殿堂入りと、2009年以降に初見して今年再見した作品は、除外しています)


同1位   エレファント・マン    
        1980年・米   デヴィッド・リンチ
        やっと再見できて本当に良かったです。 (記事はこちら


同1位   奇跡の人    
        1962年・米   アーサー・ペン
        陳腐な書き方ですが、不朽の名作、だと思います。 (記事はこちら


3位    ヘアー   
        1979年・米   ミロス・フォアマン
        凄いパワーを感じる作品です♪ (記事はこちら


4位    秘密と嘘
        1996年・英   マイク・リー
        これは是非多くの方に見て頂きたい作品です。 (記事はこちら


同5位   アイス・キャッスル 
    
        1978年・米   ドナルド・ライ
        作品の出来ではなく、やっぱ好きなんです☆ (記事はこちら


同5位   ネル  
        1994年・米  マイケル・アプテッド 
        これもやっとのことで再見できて、幸せでした。 (記事はありません)


7位    ニューヨーク・ニューヨーク 
   
        1977年・米   マーティン・スコセッシ
        少しだけ感じた監督の優しさに、感謝です☆ (記事はこちら) (これだけ評価は「☆◎」です) 



****************************



☆ 最後に、今年一番笑った映画作品です ☆


「赤ちゃんのおでかけ」 1994年・米 監督:パトリック・リード・ジョンソン 
地デジ民放の吹き替え版を見ました
とにかく、お腹の皮がよじれるほど、笑いました!

ミニ感想
もう笑って笑って、苦しかったです(笑)。 
赤ちゃんがあの三人を誘導する作りが良かったですネ♪ 

でもこの作品は、真面目な目でアレコレ検証して見ると
大変なこと (怒りなんていうモノではないです、ハイ) に なるので、
それは封印して1回スーッと見て終わりにしましょうね~☆ 
個人的には「どよ~ん」とした映画 (「さよなら渓谷」) の後に見て、助かりました、感謝♪

ネットの情報より
双子の赤ちゃんアダム・ロバート・ウォートンと
ジェイコブ・ジョセフ・ウォートンが演じています。
危険なスタントシーンで彼らの身代わりを演じたのが、
職人リック・ベイカーの製作した複数のマペットたちだそうです。


来年も、自分にとって良い洋画を
いっぱい、初見も再見も、見たいと思います。

長い記事を読んで下さり、本当に有難うございました☆




<<5-650  グスコーブドリの伝記  | BLOG TOP | 5-649  としごろ>>

comment

  1. 2014/12/28(日) 16:30:18 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
「赤ちゃんのおでかけ」は面白いですよね。
前に誰かとコメントで話したような気がするけど、見たらコメントもらってなかった…あれ?(汗)
そうそう、赤ちゃんはただ楽しんでいて、三人がそれを必死になって追いかける様子が楽しかったです。
気楽にケラケラ笑って見るのにピッタリでした。

>双子の赤ちゃん~職人リック・ベイカーの製作した複数のマペットたち

双子ちゃんでしたか!
しかも、危険なシーンはマペットを使ってたんですね。結構ヤバイシーンが多かったので、それを聞いて安心しました。

こういう作品に必要な時に出会えるとは、さすがmiriさんです!
これからも映画やそのめぐり合わせを楽しみましょう♪

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2014/12/28(日) 20:49:34 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「赤ちゃんのおでかけ」は面白いですよね。
> 前に誰かとコメントで話したような気がするけど、見たらコメントもらってなかった…あれ?(汗)

記事のURLを入れて下さり、有難うございます☆
私も9月に探したのですけど索引で見つけられなくて・・・
「ベイビーズ・デイアウト」というのが、私の見たのでは書かれていなかったので・・・。

> そうそう、赤ちゃんはただ楽しんでいて、三人がそれを必死になって追いかける様子が楽しかったです。
> 気楽にケラケラ笑って見るのにピッタリでした。

ハイ、仰る通りに、深く考えてはダメですけど
その前にただ単に笑えれば、それが良いと思います♪

> 双子ちゃんでしたか!
> しかも、危険なシーンはマペットを使ってたんですね。結構ヤバイシーンが多かったので、それを聞いて安心しました。

あ、情報がお役に立って良かったです!
私は見終わって冷静になったら恐ろしくなったので
すぐに調べて、本当に安心しました☆
こういう場合のネットの情報って素晴らしいですよね~♪

> こういう作品に必要な時に出会えるとは、さすがmiriさんです!

ほほほほほ・・・
自分でも何も考えずにそうなったので(昼間にどよーんとして、夜これを見たのです)
またやってくれましたね、映画の神さまサンクス♪って感じでした(笑)。

> これからも映画やそのめぐり合わせを楽しみましょう♪

ハイ、お互い良い出会いを報告し合いたいですネ☆

・・・パリの猫歩きを見て、パリと猫の出てくる映画を見ました。
といっても流し見でしたけど、やっぱり好きな映画の再見なら出来そうです。
字幕なしで見て、何回も見ているので内容は分かったんですけど、
フランス語が聞き取れたのは人名2名だけ(笑)!(大勢出てくる映画です)
そんな感じでした。

明日も別のフランス映画でも流し見出来れば嬉しいです♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -