FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1829  ムーミン谷とウィンターワンダーランド

  1. 2019/12/17(火) 23:00:00_
  2. 複数の外国人監督による1作品
  3. _ comment:2
MUUMIEN JOULU  (ムーミン谷とウィンターワンダーランド)
2017年・フィンランド / ポーランド



ムーミン谷とウインターワンダーランド




 
.


2019年12月17日(火)  スターチャンネル

監督  ヤクプ・ヴロンスキ  イーラ・カーペラン  
声の出演  不明 (字幕版)



「忘却エンドロール」の宵乃さんが調べて下さいました!

> ナレーション:ピョトル・フロンチェフスキ(ポーランド大物演劇俳優)
> ムーミン:ビル・スカルスガルド(スウェーデン俳優)
> パパ:ステラ・スカルスガード(スウェーデン俳優)
> ミー:アリシア・ヴィキャンデル(スウェーデン女優)



感想
全員が日本語吹き替え版で見るわけじゃないんだから、
声優の名前くらい書いておけよ!
allcinemaとか、あれこれのサイトね、全部ダメ!

・・・大好きなスナフキンが一瞬で消えて、
しかも私のスナフキンやムーミン一家とはほとんど違う
これはマペットと言うか? 紙切れのようなところもあるし?
何というのか知らないけど、やっぱり2Dの普通のアニメでやってほしかった。
今の子供さんはこれがムーミンと思って生きるのか・・・。

♪ねえムーミン こっちむいて 恥ずかしがらないで もじもじしないで♪
私が古すぎるんだろうけど、子供のころの記憶や郷愁は
一生涯消えないよね~決して美しかったわけではないけど
あれがムーミンだと思うからね・・・。

で、この作品は、その人形そのものが気持ち悪くて、
特にスナフキンは全くの別物、ミーさえアニメのほうがましで、
スノーク一家が出ていないし、いろいろとね・・・。

雪の女王や吹雪の精まで良い子にして、
狼だけあの扱いとはね?

オーロラは良かったけど(特に緑色の上にピンクがあったこと)
そう、風景や現象は、とっても美しくて素晴らしかったんだけど・・・

最初のタイトルバックが長すぎたね(笑)。
お子さんたちは映画館で寝てしまったのでは?(笑)。

宮沢りえがムーミンだなんて、最低、顔の見える人は絶対にやめてほしい。
神田沙也加のナレーションも、きっとよくないと思う(美の巨人たちで聞き飽きた)。

長々と文句ばかり書いたけど、まぁ、見て損はしなかったな。
見なくてもいっこうにかまわない作品でしたが(笑)。





この映画の結末

寒いがだんだんと春の兆しが近づいている。
それぞれの場所でひっそりと・・・。
ムーミン一家は、ぐっすり寝ている。





<<今年の私の映画鑑賞についてなど | BLOG TOP | 5-1828  風が吹くまま>>

comment

たぶん発祥国では

  1. 2020/01/17(金) 09:41:43 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
原作の絵柄の方が親しみやすいのか、もしくは日本アニメの方ばかり子供たちに刷り込まれたら困ると思ったんでしょうね。
日本の子供たちは、アニメ絵のキャラクターグッズの方が身近だと思いますよ。この作品のことはオンエアがあるまで知らなかったですし。

元の声優さんで分かったのはこんな感じです。ポーランド版とフィンランド版でも少しずつ違うみたいで、どれを載せればいいのかわからなかったのかも?
ナレーション:ピョトル・フロンチェフスキ(ポーランド大物演劇俳優)
ムーミン:ビル・スカルスガルド(スウェーデン俳優)
パパ:ステラ・スカルスガード(スウェーデン俳優)
ミー:アリシア・ヴィキャンデル(スウェーデン女優)

>狼だけあの扱いとはね?

ですよね~。それだけ狼の被害を受けてきたということなんでしょうけど、それなら狐とか猪、熊だって怖いですし。そういう習性があると説明するならいいけど、完全に悪という風には描いてほしくないですね。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2020/01/17(金) 13:11:20 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

Re: たぶん発祥国では
> 原作の絵柄の方が親しみやすいのか、もしくは日本アニメの方ばかり子供たちに刷り込まれたら困ると思ったんでしょうね。

そう考えれば理解できます!
日本のモノでもどこか外国製作でヘンなキャラを見たらいやになりますものね!

> 日本の子供たちは、アニメ絵のキャラクターグッズの方が身近だと思いますよ。この作品のことはオンエアがあるまで知らなかったですし。

そう言っていただくと安心です♪
ありがとう!

> 元の声優さんで分かったのはこんな感じです。ポーランド版とフィンランド版でも少しずつ違うみたいで、どれを載せればいいのかわからなかったのかも?
> ナレーション:ピョトル・フロンチェフスキ(ポーランド大物演劇俳優)
> ムーミン:ビル・スカルスガルド(スウェーデン俳優)
> パパ:ステラ・スカルスガード(スウェーデン俳優)
> ミー:アリシア・ヴィキャンデル(スウェーデン女優)

有難うございます☆
早速、記事に載せます!
大物なんですね~♪

> ですよね~。それだけ狼の被害を受けてきたということなんでしょうけど、それなら狐とか猪、熊だって怖いですし。そういう習性があると説明するならいいけど、完全に悪という風には描いてほしくないですね。

ホントにひどい扱いでした!
宵乃さんの書かれた通りなら、よほど良かったのにね・・・。
(たしかに被害は一番かも?と、今・気付きました!)


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29