FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


208・THE TURNING POINT (愛と喝采の日々)

  1. 1978/04/05(水) 17:00:00_
  2. ハーバート・ロス
  3. _ comment:2
愛と喝采の日々



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【ドラマ+バレエ映画】 1977・AMERICA

1978年4月5日(水) FM○○特別試写会にて (高2の春休み)
DIRECTED BY HERBARD ROSS
        SHIRLEY MACLAINE、ANNE BANCROFT

ひとりでゆく試写会は さみしいものだと 思ったけれど
ひとりでいって 胸いっぱいになって 涙あふれました




 
.



感想 
口では とっても いえないんです・・・
アカデミー11も ノミネートされて、ALL ダメだったけど
そんなもの いらないわ この映画には!
バレエはとても 美しいんです レスリー・ブラウンのエミリアと
ロシア人のユリ 2人ともダンサー、バレリーナかしらん
さつえいも 舞台そうちも 美しくて 美しくて
STORYも ステキで ステキで
なんてか この ちゅうしょうてきな ことしか いえないけど  
そうなの ホントに ことばじゃ いえないわ
シャーリー・マクレーンも アン・バンクロフトも
今までにみたのと ちがった味が でていて
シャーリー・マクレーンが ホント一家の おっかさんて感じで
昔の人たちと あったとき 「きゃーきゃー」 さわいだり
男の子 しかったり エミリアに 対する しんぱいや
さみしさから うわきなんて よろめいたり ラストには
夫と真の愛 20ねんまえの こととか はなして
エミリアは ディーディーの うわき おこってたけど そのとき
2にんを みつめる あったかい エミリアの目
エミリアの バレエは それは ステキで ユリと はじめて
夜を共に するときとか
ディーディーと エマのたたきあい 心のかっとう そこまでの
20ねんの さいげつと 2にんの 女の生き方
ディーディーの 一家もみんなみんな・・・!
ハーバード・ロスの 人生観が
生きるしせいの すべてが 出ているみたい
美しいバレエ映画 そして・・
ラストのエミリアのバレエが 忘れられません
そして もひとつ 忘れられない、エミリアが認められたとき
花束を 心からゆるしたお母さんに 感謝こめて わたして
そのあとの エマとディーディーのいったこと、未来!



**************************



2009年5月:追記

この映画は素晴らしかったですね。
ハーバード・ロスもS・マクレーンもA・バンクロフトも
この映画からキチンと知って、この後も見るようになりました。

バレエ、ってよく知らなかったけど、この映画の
若い二人は本当にキレイでした。

母親の世代は、仕事か、結婚か、どちらかを選び、
若いエミリアの世代は両方を選ぶ・・・
この当時の時代・世相にマッチした良い映画でした。



**************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=127



この直後の再見時の感想 → こちら

2010年の再見時の感想 → こちら




<<210・COUSIN COUSINE (さよならの微笑) | BLOG TOP | 高校3年生の(時に見た)映画について>>

comment

ハンドルネーム変更します!

  1. 2009/05/28(木) 14:19:40 |
  2. URL |
  3. ヨシリン
  4. [ 編集 ]
 申し訳ありません。ヨッシー改めヨシリンです。
やってしまいました!ハンドルネームがかぶってしまいましたので
サイさん、ハンドルネームを変更させてください!
ゴメンナサイ!

「愛と喝采の日々」原題は、ザ・ターニングポイントでしたね。
高校卒業の寄せ書き色紙に「ターニングポイントを大切に!」と書いた
覚えがあります(笑)。
その後、友人の結婚式とか色々と寄せ書きの文句は、いつもこれでした。
でも、結婚式には、今思うとチョットそぐわなかったですね!

ライバルの女同士、お互いの人生をうらやんで、それぞれが手に入れた
物と失った物が違っていて・・・
この年になってから、もう一度見たい映画です。

Re: ハンドルネーム変更します!

  1. 2009/05/28(木) 17:20:45 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
こんにちは、ヨシリンさん☆
可愛らしいHNですね・・・お気を使わせてしまって、かえってすみませんでした。

> 高校卒業の寄せ書き色紙に「ターニングポイントを大切に!」と書いた
> その後、友人の結婚式とか色々と寄せ書きの文句は、いつもこれでした。

良い言葉だと思いますよ~!
寄席書きって若い頃が多いですよね、最近はあまり書かないような気が・・・。

> ライバルの女同士、お互いの人生をうらやんで、それぞれが手に入れた
> 物と失った物が違っていて・・・
> この年になってから、もう一度見たい映画です。

そうですね、今の自分は望んだものを全て得ているのよ、なんて、大きな声で言える人は、そんなに多くはないと思います。それでも誰もが精一杯生きているのですものね。
今見たら、どういう感想を持つのかなあ???
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31