映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1340  シルバー・サドル 新・復讐の用心棒

  1. 2017/10/11(水) 23:00:00_
  2. ルチオ・フルチ
  3. _ comment:0
SELLA D'ARGENTA  (シルバー・サドル 新・復讐の用心棒)  1978年・イタリア



シルバーサドル




 
.


2017年10月11日(水)  BS3

監督  ルチオ・フルチ
主演  ジュリアーノ・ジェンマ

感想
1978年ならどうして知らなかったの?と思ったら
劇場未公開でした!

当時はもうマカロニなんてテレビでしか見なかったものね・・・
仕方なかったと思うし、もしその時高3の私が見ていても
ここまで面白く感じたかは分からなかったから
今回のご縁を大切にいたします☆

歯抜けは反則だよね~(笑)。



以下、「忘却エンドロール」さんとのやり取り

おはようございます☆
>何の作品かな~?
>楽しみに待ってますね!

いや~もう「ラスト・ショー」のあとに
見やすくて、見やすくて、可愛くて、知らなくて、
もうアッという間に終わりました♪

>「サンゲリア」の前の年にフルチさんが監督した作品。
>グロホラーのサンゲリアとは別の方向性で面白かったです。

ホラーの方とのこと、数年前に知りまして、
中3の一番最初の頃にこの人のマカロニを見ていて
数年前に再見したので何となく覚えています☆

>8歳くらいの少年が可愛くてね~、ジェンマ演じるガンマンとのやり取りが微笑ましくて笑えました。

もうね、イタリアの子役さんは可愛すぎて反則ですよね~!
どこの国よりもどの年代でもイタリア人ですよ、まったく☆
あの「歯抜けスマイル♪」。

>外見とのちぐはぐさがたまらない!
>心底楽しそうに投げたり、
>こんなに楽しかったのは初めて!と嬉しそうに語ったりと、そこはかとなく狂気が垣間見えるというか(汗)

そのあたりのギャップもたまらなかったですね~(笑)。
狂気、ね、まぁおじさんがアレでしたから。

>最初は因縁の相手の身内だからと冷たくしていたジェンマが、いつしか彼を息子のように世話しているのもいいですね~。

イラストは一番良いシーンですね!
敬語をやめて、友達に、最高です☆

>ストーリーの方もなかなかで、二転三転する展開は飽きないし、最後にジェンマが名推理を披露して黒幕のたくらみを阻止する展開も痛快でした。

ただ、スネークさんが死ぬとはびっくりでした。
ちょっと可哀想でした。。。

>ラストはホントもう監督狙いすぎだろ!とつっこみたくなるくらい可愛い展開で、男性より女性におすすめしたい西部劇です。

ホントにね~!
あの主題歌とともに忘れられない作品になりました!

7月のオンエア、やっと見られて、ジェンマ様だし、
ずっと気になっていたので、
こちらの記事は知っていたけど中身は読んでなかったので
ホントに記事にしてくれていて有難う!.

2017/10/12 (Thu) 09:00  miri〔編集〕





  
>miriさん
おー、こちらの作品でしたか!
あの作品の後だと可愛さが際立つでしょうね~(笑)
楽しまれたようで良かったです♪

> 中3の一番最初の頃にこの人のマカロニを見ていて

他にもマカロニを撮っていたんですか~。それもいつか見てみたいです!

> もうね、イタリアの子役さんは可愛すぎて反則ですよね~!

ですです!本当に可愛くて、これでこそ子役だよなぁと「歯抜けスマイル」に癒されました。
ちょっぴり危ない面もあるけど、西部ならこれくらいでないと生き抜けないんでしょうね~。

> イラストは一番良いシーンですね!
> 敬語をやめて、友達に、最高です☆

ジーンとくる場面で、描こうと即決まりました。
多くの女性たちにとって胸キュンなシーンだと思います。

> ただ、スネークさんが死ぬとはびっくりでした。

スネークさん…記憶に残ってないですね(汗)
小悪党っぽいひとでしたっけ。二人が微笑ましすぎるから、バランスをとったのかな?
そんな理由だったら確かに可哀そう…。

> あの主題歌とともに忘れられない作品になりました!

miriさんの大好きなジェンマ様だったので、自然とイラストも記事もがんばっちゃいました(笑)
お役に立てて良かったです♪
2017/10/13 (Fri) 07:58  宵乃〔編集〕  




<<5-1341  キー・ラーゴ | BLOG TOP | 5-1339  ラスト・ショー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -