FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-459  シチリア! シチリア!

  1. 2014/08/13(水) 23:00:00_
  2. ジュゼッペ・トルナトーレ
  3. _ comment:2
BAARIA  (シチリア! シチリア!)  2009年・イタリア/フランス



シチリア!シチリア!




 
.


2014年8月13日(水)  ムービープラス

監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
主演 フランシスコ・シャンナ (大人のペッピーノ 役)

感想
う~ん、良かったです☆

この監督いまいち好きではないのですが、この作品には
酷い暴力描写や性描写がなかったので、(酷くないのはちょっとありましたが・笑)
すっごく見やすくって「ニュー・シネマ・パラダイス」のように
スーッと入って来たって言っても良いかもしれません?

最終シークエンスを別として、(一番下に白い文字で書きます)
そこまでの「男の一代記」的な感じのこの作品、
ペッピーノがものすごい お爺さんになって
他界するまでを描いた方が良いという考え方もあるでしょうけど、
私はそれをしなかった「この作り」の方が、ずっと良かったと思うし、
素敵な作品になっているように思いました☆

暗転の繰り返されるこの映画・・・
1つ1つのエピソードを、深く掘り下げずに淡々と進んだからこそ
近代イタリア史的な?多分監督の中にあるその時代を映しているのだと思うけど、

一部分「マレーナ」だなぁとか・・・このヒト「明日を夢見て」さんだとか
映画のフィルムのシークエンスでは「ニュー・シネマ・パラダイス」に通じるとか
結局は全てが監督自身につながるのでしょうけど・・・

胸に焼きついた幼い日の、映画へのあこがれが全ての出発点なのかもしれない・・・
それを、主人公と、息子二人に、さらに主人公の幼い時代と少年時代に
特に強く投影したように思いました☆

たくさんあるエピソードの中から、家族愛以外に重きを置いている「共産党」の件で
先日再見した「イル・ポスティーノ」のマリオが、あ、そこに、またまたこっちに、と
出没しているようで、同じ時代を映した、違う監督ではあるけど
どちらも「シシリー」を愛しているのだな~としみじみ思いました☆

他のエピソードはそれぞれにいろんな感想を持ったけど、長くなりますし、
整合性がとれているので、どなた様でも、多くの伏線を楽しめると思いますし、

人それぞれ胸を打つエピソードが1ヶくらいは
あるのではないかな~?って思いました☆



そんなわけで終戦記念日に重い邦画をアップしたかったのですが
今年は何故かご縁がなく (ホッとしていたりして?)

日本と同じ側にいながら、戦時中も全然違う庶民の態度だったこの国、
不思議なイタリアの映画をアップしました☆



以下、白文字で最終シークエンスについて
(携帯では、全部読めてしまいます・すみません)

これは「夢落ち」と考えても良いのかもしれないけど
でも、小学生の彼が走って走って、幼児の彼にすれ違うので
そうとは言い切れないと思いました。

「夢を見ているのは昔か今か?」という台詞に、うならされましたね~♪
光るモノを見た時に、あのイヤリングに違いないと思った私は「ふつー」???

だから、現代(2009年)のイタリア・シチリアは、
彼の育って来た国や街ではない・・・という事かなぁ?とか思いました。

どちらにしても、一代記と言い切れないので(長男を見送るところで終わるし)
この作品は、ああ摩訶不思議と、そんなふうに受け止めて
これこそが「現実では決してできない、映画のマジック」とサラーっと思えれば
その方が楽しく幸せに鑑賞を終われると思いました☆




<<5-460  ジェイン・エア  (1996年・イギリス版)  /  他の「JANE EYRE」について | BLOG TOP | 5-458  シンドバッド虎の目大冒険>>

comment

テンプレ変えたんですね!

  1. 2014/08/17(日) 10:42:28 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
月とお花のテーマがmiriさんにぴったりです!
爽やかでシンプルでステキ~。

この作品は未見なので、いつか観てみます♪

Re: テンプレ変えたんですね!

  1. 2014/08/17(日) 13:49:12 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 月とお花のテーマがmiriさんにぴったりです!
> 爽やかでシンプルでステキ~。

そう言っていただいて、ホントに嬉しいです♪
「ひとめぼれ」してしまったので(笑)。

> この作品は未見なので、いつか観てみます♪

この監督のわりに良い作品です。
良かったらぜひどうぞ~!!


*********************


夏風邪はぶりかえすと ややこしいので、
完治するまで ごゆっくりなさってくださいね☆
どうぞ、お大事に~!!!

シンドバッド第3作の感想は同じような感じでした。
耳で聞くと「しんばっど」に聞こえるので、
第1作が自然なような気がしましたが
多分、他のメディア(童話とか?)との調整だと思います。

書き忘れましたが「アルゴ探検隊の大冒険」という
映画によく似ていたので、それも親しみ深かった一因だと思いました☆

たこ焼きは、多分、お腹いっぱいになれば止めるので
他の物を作ったりしなければ全然OKのように思います(笑)。
ご参考までに・・・。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -