FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


202・ANNA カレーニナ (アンナ・カレーニナ)

  1. 1978/02/18(土) 02:00:00_
  2. ジュリアン・デュヴィヴィエ
  3. _ comment:0
アンナ・カレニナ 縮小版



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【文芸映画】 19  ・AMERICA

1978年2月18日(土)AM0:35~1:55 (高2)
DIRECTED BY
    VIVIEN LEIGH

トルストイさんの 原作が、 よみたいわ




 
.


感想 よくなかった ねむかったし
    アホな女の話よね 昔やっぱりⅤ・リーで
    こーゆーの みたこと あるんだ
    原作よむと グッと せまるもの
    あるかもしれんが アホな女の話だ



**********************



2009年5月:追記

感想の中に出てくる映画は、多分、中3のときに見た
愛情は海の如く深く、だと思います。
ヴィヴィアン・リーは不幸顔なのか?
そんな映画が多いですよね・・・。

まあ、風と共に去りぬ、スカーレットを演じるために
生まれてきたのだから、他の作品には目をつぶりましょう。

深夜映画は、その場で見るしかなかったこの頃、
ホトンド見たことなかったです。



**********************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1675

原題:ANNA KARENINA
正しい邦題:アンナ・カレニナ
製作年・国:1948年・イギリス
監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ



再見時感想は → こちらです




<<203・爆笑人生 | BLOG TOP | 201・ THE DOMINO PRINCIPLE (ドミノ・ターゲット)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -