映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


「男はつらいよ」 全部見ました☆

  1. 2014/10/02(木) 04:55:00_
  2. 日本人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:6
車寅次郎



昨年秋まで、「男はつらいよ」シリーズは、
満男が 主人公の 4作品以外は、
あんまり 見たことは ありませんでした。





 
.


と言って寅さんなる人物について知らなかったわけではなく、
ものごころついた頃から、そういう人物が いたことは知っていたし、
昭和の日本人なら誰もが知っていた存在だったように思います。

昨年秋から、BSジャパンで 「土曜は寅さん!」 なるオンエアがありました。
このシリーズの全作品オンエアは、今までも各局で何回かあったと思いますが、
私が映画を見る事を再開した2009年以降は初めてのように思います。

CMはありましたが、カットはなく、邦画なので吹き替えもないし、
今までとはちょっと違ってゆったりと見られそうな気分になったし、
最初に見た第2作が、ちょっと良かったし、

何と言っても、私が惹かれるのが「及川泉」だと分かってスッキリしたので、
今回の全作品オンエアは(最近見てよく覚えている再見以外は)見ようと思い、
とうとう約1年間続けました☆

なお、ほぼ初見でしたが、中には若い頃に見ていた再見作品がありました。
ただ、それらはホトンド覚えていなかったので、再見ではあるけど初見同様ということで
今回はその区別はしてありません。



以下、その感想等です。



私なりに「男はつらいよ」を思うと、やはり
第41作までと、第42作以降とでは、全然違う作品群のように思われます。
(ただ、46・48は、両方のテイストを含んでいるけど・・・)
(49は、どちらにも入れません)

寅ちゃんが主人公の41作品。
満男(泉)が主人公の7作品。
(内、2作品は、微妙だけどこちらに入れる)
それは、私的には、一緒には、できません☆

第42作~第49作のまとめは → こちらの記事にアップ・追記済みです。



「男はつらいよ」第1作~第41作までの、私なりのベスト5
 (同2位は、製作年順です)

1位:男はつらいよ 08 寅次郎恋歌 
    この作品は、男はつらいよ、ではなく、普通の邦画として大好きです☆  

同2位:男はつらいよ 17 寅次郎夕焼け小焼け
    この作品は、男はつらいよ、として、多分ベストだと思います♪

同2位:再見 男はつらいよ 36 柴又より愛を こめて (記事)
    この作品の、寅の、男性から女性への愛の考え方のセリフが、一番好きです☆

同2位:再見 男はつらいよ 41 寅次郎心の旅路 (記事)
    この作品の、寅の、人間は何故生きるのか?の考え方の台詞も、一番好きです☆

5位:続・男はつらいよ 02
    この作品は、初期作品の中では色々な意味で突出して良いです。



以下、好感だった作品群:製作年順 (長くなるのでミニ感想はカットしました)

・男はつらいよ 10 寅次郎夢枕
・男はつらいよ 12 私の寅さん
・再見 男はつらいよ 24 寅次郎春の夢 (記事)
・男はつらいよ 30 花も嵐も寅次郎
・男はつらいよ 31 旅と女と寅次郎
・再見 男はつらいよ 35 寅次郎恋愛塾 (生まれて初めてちゃんと見た寅さん!) (記事)
・男はつらいよ 37 幸福の青い鳥
・男はつらいよ 38 知床慕情
・男はつらいよ 39 寅次郎物語

今回スルーした作品中、好感だった初見作品
・男はつらいよ 06 純情篇 
・男はつらいよ 11 寅次郎忘れな草

つまり41作品中、初見12作品+再見4作品は、普通の作品以上に好感だったという事です☆



マドンナ・1等賞

秋吉久美子 in 寅次郎物語

この作品の前まで、何故か「マドンナ」という言葉を忘れ、「ヒロイン」と
感想文に書いていましたが、この回のこの女優を見て、あ、マドンナだ!と
思い出し、その言葉の意味に浸りました。
この女優さんは元々好きですが、若くない年齢になってからのこの作品への参加が、
本当に良かったです☆ 出番が短くて、あっけなかったけど、とっても良かった。



共演者・1等賞

宇野重吉 in 寅次郎夕焼け小焼け

まぁ親子共演とかはアレですが、この俳優さんの他の作品もこの頃重なるように見て
昔から好きではあったけど、やっぱ凄い俳優なんだと、しみじみ思いました。
夕焼け小焼けは、助演の全員が好きな稀有な作品で、
太地喜和子、宇野重吉、岡田嘉子、この3人でなければならない必須感が、物凄いです。



好感だったヒロインたち (準ヒロイン含む) (女優の50音順)

浅丘ルリ子  
    リリーさんは、「寅次郎忘れな草」 1作品だけが良かったです。
岡田嘉子  
    「寅次郎夕焼け小焼け」  一番こころに残っています・・・。 (準ヒロイン)
岸恵子  
    「私の寅さん」  明るい作品で明るい役柄で良かった☆
岸本加世子  
    「寅次郎紙風船」  この女優の良さの出た作品です。 (準ヒロイン)
榊原るみ 
    「奮闘篇」  変わった役柄で、この女優さんの新しい良い面を発見!
佐藤オリエ  
    「続・男はつらいよ」  普通の家の普通のお嬢さん役がピッタリ♪
太地喜和子  
    「寅次郎夕焼け小焼け」  何も言うことないですネ・・・。
美保純  
    「柴又より愛を こめて」  あけみちゃんは、この回のあのシーンだけで、もう充分です☆
    (この回に限れば、あけみの事を「準ヒロイン」と呼んでも良いのではないでしょうか?)
都はるみ  
    「旅と女と寅次郎」  演技が出来るんだと、本当に驚きました。
桃井かおり
    「翔んでる寅次郎」  この女優の元々のイメージを覆す役柄が素敵でした♪
八千草薫  
    「寅次郎夢枕」  気になっているの、この同級生の離婚の行方が。。。



好感だった共演者たち (50音順)

嵐寛寿郎  
   「寅次郎と殿様」  もう、“大御所”とは、このヒトの事です。
柄本明
   「寅次郎心の旅路」  この俳優さんのあの役柄のお陰で、このシリーズが高尚なモノに。
上条恒彦
   「寅次郎子守唄」  ありがちな感じですが、結構好感でした♪
小林桂樹
   「葛飾立志篇」  さすがって感じの演技でした。ラストは「自由を我等に」でしたね☆
長淵剛  
   「幸福の青い鳥」  このヒト大嫌いだったのですが、演技が良くて驚きました。
ハーブ・エデルマン
   「寅次郎春の夢」  このヒトはもっと評価されて良いと思います、ギアさんより全然グー♪
布施明
   「翔んでる寅次郎」  このヒトも嫌いでしたが、ヒロインとのセットで大好感☆
三木のり平  
   「寅次郎と殿様」  イイですネ~! 昭和的必須人物です☆
三船敏郎と淡路恵子のセット  
   「知床慕情」  もう、凄いとしか言いようがない、それぞれにこの作品に出た意味が深いです。
山崎努
   「続・男はつらいよ」  この俳優さんはこの路線もきっと良かったように思います☆



********************************



※ オンエアの鑑賞をスルーした作品  (ここ数年内に見ていた作品) 

・男はつらいよ 01 → 普通
・男はつらいよ 06 純情篇 → 好感
・男はつらいよ 11 寅次郎忘れな草 → 好感
・男はつらいよ 22 噂の寅次郎 → いまいち



※ スルーした作品中、以下の作品は、この記事にはカウントしていません

・男はつらいよ 42 ぼくの伯父さん
・男はつらいよ 43 寅次郎の休日
・男はつらいよ 44 寅次郎の告白
・男はつらいよ 45 寅次郎の青春 
・男はつらいよ 47 拝啓寅次郎様
・男はつらいよ 48 寅次郎紅の花



※ 今回鑑賞した作品のうち、ベスト16以外の作品は以下の通りです
(長くなるのでミニ感想はカットしました)



好感度:普通  製作年順

・男はつらいよ 13 寅次郎恋やつれ
・男はつらいよ 14 寅次郎子守唄
・男はつらいよ 15 寅次郎相合い傘
・男はつらいよ 16 葛飾立志篇
・男はつらいよ 18 寅次郎純情詩集
・男はつらいよ 19 寅次郎と殿様
・男はつらいよ 20 寅次郎頑張れ!!
・男はつらいよ 21 寅次郎わが道をゆく
・男はつらいよ 23 翔んでる寅次郎
・男はつらいよ 25 寅次郎ハイビスカスの花
・男はつらいよ 27 浪花の恋の寅次郎
・男はつらいよ 28 寅次郎紙風船
・男はつらいよ 32 口笛を吹く寅次郎
・男はつらいよ 34 寅次郎真実一路
・男はつらいよ 40 寅次郎サラダ記念日
・男はつらいよ 46 寅次郎の縁談



好感度:いまひとつ 製作年順

・男はつらいよ 03 フーテンの寅 (監督:森崎東)
・男はつらいよ 05 望郷篇
・男はつらいよ 07 奮闘篇
・男はつらいよ 09 柴又慕情
・男はつらいよ 26 寅次郎かもめ歌
・男はつらいよ 29 寅次郎あじさいの恋
・男はつらいよ 33 夜霧にむせぶ寅次郎



好感度:あんまり良くなかった!

・新・男はつらいよ 04 (監督:小林俊一)
・男はつらいよ 49 寅次郎ハイビスカスの花特別篇  これは作る必要のなかった作品。お金の為?



*******************************



総括

初期作品群は、その背景が、自分があまり知らない時代ということもあり、
面白くないのが多かったです。
特に別監督の1作品は、全然良くなかった・・・。
山田洋次は好きではないけど、別監督ではこのシリーズは無理だったという証拠ですネ(笑)。

中盤以降、自分が中高生時代からは、時代背景がとってもよく分かり、
それだけでポイントが高かったです。

2作品 (寅次郎恋愛塾 / 柴又より愛を込めて)以外、
リアルタイムに見ていないので、
平成の世から、中年になった自分が見ると、この記事の感じになりました。

それでも大好きな寅さんの部分と、
寅ってこんな奴かい?の部分と、
キレイごとのさくら始め皆さんの頑張りと、

・・・もう2度と日本という国では再現できない
こういうシリーズものを、
この時代に作って下さり、公開し続けて下さった、
製作陣・俳優陣・皆さまに本当に感謝いたします!


長い記事を最後まで読んで下さり、有難うございました☆




<<5-536  吸血鬼ドラキュラ | BLOG TOP | 5-535  劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日 >>

comment

  1. 2014/10/02(木) 07:25:38 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
本当にたくさんあるんですか~。
寅さん以外が主人公の作品まであるとは。
これだけ長いと、たしかに時代背景の移り変わりもすごそうだし、入り込みやすさも変わってきそうですね。
番組表をみていつもやってるなぁとは思ってたんですけど、タイトルでまったく見分けがつかなくて、観る気が起きなかったんです。
でも、miriさんのベスト5はいつか観てみます!

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2014/10/02(木) 14:00:41 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 本当にたくさんあるんですか~。
> 寅さん以外が主人公の作品まであるとは。

満男が主人公というのは、私の考えで、実際は寅が主人公なのですが(笑)。
まぁいつか宵乃さんご自身のお目で、見て頂ければと思います☆

> これだけ長いと、たしかに時代背景の移り変わりもすごそうだし、入り込みやすさも変わってきそうですね。

・・・冷静に考えると25年少しなので、
「サザエさん」や「ドラえもん」には、全然追いつかないのですが(笑)
実写としたら長い方だと思います☆

宵乃さん的には、お生まれになる前と、
お子様の時期・・・48作目でも高校生?くらいだと思うので
あんまりピンと来ないかもしれませんが、
普通に古い邦画を見る感覚で、いつか、見て頂ければなぁ~って思います♪

> 番組表をみていつもやってるなぁとは思ってたんですけど、タイトルでまったく見分けがつかなくて、観る気が起きなかったんです。
> でも、miriさんのベスト5はいつか観てみます!

有難うございます!
いつかずっと先で良いので、寅やいろんな人や時代背景、
このシリーズについてお話しできたら、とっても嬉しいと思います☆
気長にゆっくりとお待ちしています。


.

祝 コンプリート

  1. 2014/10/03(金) 00:26:42 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんばんは
 
とうとう全話制覇ですか、凄いです。
お疲れさまでした。

2位:男はつらいよ 17 寅次郎夕焼け小焼け
    この作品は、男はつらいよ、として、多分ベストだと思います♪
>ここは、とても嬉しかったです。

僕のマドンナ ベスト(1~25作辺りまでですが)は、
1、太地喜和子
2.浅丘ルリ子(僕は、やっぱり、このコンビが一番安心できます~寅が大人にならなきゃ結局「ハイビスカス」になっちゃうけど)
3.八千草薫
4.榊原るみ

助演
宇野重吉
米倉斉加年(「夢枕」、何か調子に乗ってその後も随分出てましたが、それは除外)
志村 喬(身内だけど、レギュラーじゃないし)
吉田義夫


僕は前の方から見て行って途中で飽きたクチですが(笑)、
その為、オイちゃん=森川信のイメージから抜ける事が出来ませんでした。
僕にとって「男はつらいよ」は人情喜劇(好きだった頃)。
展開部は勿論、寅とマドンナですが、そのベース柴又の部分を支えてたのは
寅     ♪「春が来た 春が来た どこに来た~」♪
おいちゃん 「お前の頭ん中じゃねぇか」
この二人のボケ&ツッコミ、絶妙の(間)の至芸だったんじゃないかと思っています。
森川さんの返しはテニスの伊達選手のような強烈なライジングショット(しかも軽い毒付き)、
でも、場が暗くならない飄逸さがあります。
僕が「男はつらいよ」に求めていたのは、「この毒付きの飄逸さ」だった気がします。
森川さんが亡くなられた後の「とらや」は、何か皆が真面目で息苦しさが観る度に増していって・・・。
(でも、代表作と言われる作品が森川時代に少ないのが、かなり悔しい)

今では「男はつらいよ」が大の苦手ですが、
「知床慕情」だけは、いつかチャレンジしたいと常々思っています。



Re: 祝 コンプリート

  1. 2014/10/03(金) 10:38:32 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> とうとう全話制覇ですか、凄いです。
> お疲れさまでした。

1年という時間を かけましたので、そんなに凄くないです(笑)。
途中、疲れた時期もありましたが、その作品ごとにある違う「何か」を
見つけられたので、続いたように思います☆

この記事には寅屋の面々、そして吉田義夫一座の事を書かなくって・・・
あれは「恋歌」から始まったんですよね・・・
中盤まで本当に良いオープニングでした☆

米倉さんは私も「夢枕」だけなら良かったんですけど、
その後のあれこれ出過ぎでちょっと辟易としてしまいました(笑)。

森川さんは素晴らしい俳優さんだと思います。
自分はどうしても「おばちゃん」や「さくら」に ばかり(つまり女の人に)目が
行ってしまい、それは若い時も今も同じで、
オイちゃんについては3名様どなたも良かったです(笑)。

> 僕が「男はつらいよ」に求めていたのは、「この毒付きの飄逸さ」だった気がします。
> 今では「男はつらいよ」が大の苦手ですが、
> 「知床慕情」だけは、いつかチャレンジしたいと常々思っています。

人生は長いのですもの、まだまだ先でどんな映画に出逢えるか分からないのと同じで、
このシリーズへの鉦鼓亭さんの想いも、絶対に変わらないとは言えないと思うので、
気長に、ゆっくりと、いつの日か・・・☆

私が個人的に鉦鼓舞亭さんにお薦めしたい、第25作以降の「知床慕情」以外の作品は、
(知床慕情もメッチャ良いです、ヒロインを除けば・笑)

「柴又より愛をこめて」  ヒロインが栗原小巻さんですし。
「寅次郎物語」  ロードムービーという方もいらっしゃいます。
「寅次郎心の旅路」  寅さんが外国に行くというだけでも見モノのような気が・・・。
こんな感じです☆
またいつかずっと先にでもご参考になれば、幸いです♪

**************************

この場をお借りして、
>36. 「ハモン ハモン」  21日  DVD

これって、わざわざお借りなさったのですね?
あぁ~!! 何故に~??
ペネロペって男性から見ると「映画を見てみたい女優」なのかな~???

私は3年前にオンエアで見ました。
ひと言感想です。 “下品を絵に描いたで・賞”

・・・失礼いたしました(汗)。
では、またお話いたしましょうネ~!


.

寅さんシリーズ

  1. 2014/10/13(月) 17:48:20 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
私も寅さんの良さをしみじみと分かるようになったというか、目覚めたのは後半になってからでした。
>中盤以降、自分が中高生時代からは、時代背景がとってもよく分かり、
それだけでポイントが高かったです。
そうなんですよね!

撮られている風景や背景にその頃生活していた息遣いや時代を感じ取れるので、自身もその時代に返っているような錯覚を覚えます。そして何よりもあそこに行けば温かく迎え入れてもらえるような人たちがいるとまで想えてしまうから不思議です。心の拠り所とでもいうか、ああまだ人って信じられるんだという安心感に包まれてしまいます。
miriさんは泉がお好きの様ですが、私は満男のあの頼りげない純真さが好きで、2人のほのぼのとした関係に微笑んで観てしまいます。後半になるに連れ、満男が寅さんを鋭く批評していく件は、自分の中に寅さんに共通するものを意識し始め危惧しているからじゃないだろうか。そのあたりを巧く演じていると思いました。
吉岡君は北の国から満男あたりの作品までが彼の伸び盛りだったような~。
以降の彼の役柄は私的には全然受け付けられません。

浅丘ルリ子のリリーを1番にあげますが、miriさんがイチオシの秋吉久美子も捨てがたいマドンナでした。それまでは苦手だったけど高得点で残っています。

現在、こちらは19号台風の吹き返しの風が唸っています。
そちらは今から激しい風雨になることでしょう。
お気をつけて!
中途半端になりましたがこの辺で~

Re: 寅さんシリーズ

  1. 2014/10/13(月) 19:14:48 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
しずくさん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> 私も寅さんの良さをしみじみと分かるようになったというか、目覚めたのは後半になってからでした。
> 撮られている風景や背景にその頃生活していた息遣いや時代を感じ取れるので、自身もその時代に返っているような錯覚を覚えます。

仰る通りですね~!
匂いまで思い出す時もありますよね☆

> そして何よりもあそこに行けば温かく迎え入れてもらえるような人たちがいるとまで想えてしまうから不思議です。心の拠り所とでもいうか、ああまだ人って信じられるんだという安心感に包まれてしまいます。

これは、寅屋のことでしょうか?
というか、柴又、当時の日本そのものの事かもしれませんね~?
このシリーズには、しずくさんの仰るような「力」がありますよね~!

> miriさんは泉がお好きの様ですが、私は満男のあの頼りげない純真さが好きで、2人のほのぼのとした関係に微笑んで観てしまいます。後半になるに連れ、満男が寅さんを鋭く批評していく件は、自分の中に寅さんに共通するものを意識し始め危惧しているからじゃないだろうか。そのあたりを巧く演じていると思いました。

泉が一番好きですが、やはりそれは、満男あっての泉だと言いきれます!
本当に微笑ましい関係性から、ラストの作品へとつながるところが良いと思います。
満男が自分の中に伯父さんを見てしまったのは、しずくさんの仰る通りだと思いますし、
「49作目」で、短い時間でその事も上手に現わしていました。

> 吉岡君は北の国から満男あたりの作品までが彼の伸び盛りだったような~。
> 以降の彼の役柄は私的には全然受け付けられません。

そうですね、私も今は嫌いな俳優です(笑)。
「純」も、あんまり好きではないけど、この俳優が演じていた事は
良いことだったと、今もそこは納得できます。

> 浅丘ルリ子のリリーを1番にあげますが、miriさんがイチオシの秋吉久美子も捨てがたいマドンナでした。それまでは苦手だったけど高得点で残っています。

リリーさんをお好きな方が多いですよね~!
秋吉は短い時間だったのに、本当によく演じていたと思います。
しずくさんの記事も読ませて頂いています☆
(「寅次郎物語」に限らず、いつも読ませて頂いています)

> 現在、こちらは19号台風の吹き返しの風が唸っています。
> そちらは今から激しい風雨になることでしょう。
> お気をつけて!
> 中途半端になりましたがこの辺で~

明日の朝にはしずくさんの地域も、私の地域もスッキリとしていると良いですネ☆
ご心配有難うございます!

今日は沢山お話しできて嬉しかったです。
ではまた~!!!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -