FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-698  雨のしのび逢い

  1. 2010/08/05(木) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
Moderato Cantabile  (雨のしのび逢い)  1960年・フランス/イタリア



雨のしのび逢い




 
.


2010年8月5日(木)  BS2

監督  ピーター・ブルック
主演  ジャンヌ・モロー  (アンヌ役)
     ジャン・ポール=ベルモンド  (ショーバン役)

感想
う~ん、この映画は、つまらなかった・・・。
白黒で、何か良い雰囲気でもあるのか?と思ったけど何もなくて、
60年にこの程度の白黒では納得できないと思った。

良かったのは、フランス語が聞けた事くらいかな~???



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



個人的にあのピアノ教師、貼り倒したい。
子供に教えるのがテメエの仕事だろうが!!!
それによその人に、個人情報伝えてさ~!  バカばばあ!

何と言うか、良い点がないんだよね・・・二人は一週間の恋?で、キスだけだし、
気の迷いで終わるし、

男の方のセリフで「君を知る前は自分を知らなかった」という
あのセリフだけは素晴らしかったし、
その言葉の意味が深い意味が分かる人は少ないだろうなぁ・・・と思いつつ、
私には胸にグサッときたね~!

奥さんは、何もかも恵まれているのだもの、食べられるし、生きてゆける、
子供も男の子でもあと少しは一緒にくっついて歩くだろうし・・・
夫だって何か悪い事をしているわけではないんだし、しているかもしれないけど、
あのあたりじゃ名士で、嫌なら離婚して
一人で食うや食わずに生きてみれば良いんだよ、メイドまでいてさ~!

だいたい、あの出会いからして、男の方は前から憧れてたみたいだったけど、
女の方は、あの事件で自分が何を求めているか知ってしまって、翌日男に声をかけられて・・・
最後に会った時に「死んでほしい」とか言われて、泣き崩れて・・・男の方は正直で真っ直ぐで、
女を多分、愛したからこそ、去ってゆくんだろうね~???

俳優は二人とも上手だけど、やっぱベルモントにはギャングとかの方が似合うわ・・・
こういう男女モノは、痒くなります。
ジャンヌ・モローはあまり良く知らない、この映画もいまひとつかな?
二人とも今も生きてて凄いね~!

とにかく、この映画は「つまらなかった」中の下かな???

ネットの情報から:
モデラート・カンタビーレという原題は、息子のピアノレッスンで使われていた言葉
ゆっくりと歩くように普通の早さで、だったかな?
音楽はディアベリのソナチネの中の“モデラート・カンタービレ"の部分が反復して使用されている。




<<2-699  軽蔑 | BLOG TOP | (1-95)  雨の訪問者  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29