映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


☆ 淀川長治 映画ベスト1000 【決定版】 ☆ / ☆ 初見  ゴジラ ☆

  1. 2014/07/10(木) 23:00:00_
  2. 読書関係
  3. _ comment:4
リンク先さまのロッカリアさんのブログ 「カウチポテト通信」 の こちらの記事で、
ご紹介されていた本 「淀川長治 映画ベスト1000 【決定版】」 を 買いました。

この本は、2年くらい前から、アマゾンでチラチラと気にしていたのですが、
なかなか勇気が出ず買ってなかったところ、
良い記事を読ませて頂いたおかげで やっと買う事が出来て、
久しぶりに淀川節に再会(再聴?)出来ました。 感想を書きます。

記事の後半に、先日BS3でオンエアされた「ゴジラ」という映画
(ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版) の 感想を書きます☆



淀川長治 映画ベスト1000 【決定版】ゴジラ




 
.


淀川長治 映画ベスト1000 【決定版】  (読了、は生涯出来ない予感♪)


簡潔に、1000本の映画の解説と、淀川節でのご紹介が書かれています。
(この本の内容は、ロッカリアさんの記事に とても詳しく書かれています!)

私の場合、読んでいるのに何故か耳から聞こえてくる (ように思う) のですよね~。
以下、感想です。


1・最初の言葉に まいりました! 

「映画を頭で見たら、つまらないね。 もっと感覚的に見てほしい。」

映画を愛しているんだな~って思いました。
好きではない作品のアップはやめるべきかな?って一瞬思ったけど、
やっぱ、私は自分の立場を頭で考えてしまうから、仕方ないかナ?って思いました。
独身時代、淀川さんの言う通りに頭ではなく感覚で見られただけでも
幸せだったな~!って思いました。



2・この本を読んで一番嬉しかった事

「自由を我等に」を、「モダン・タイムス」が 「パクった件」で、
最終的に私が自分で思っていたように、
クレール監督とチャーリーは、お互いに尊敬しあって・切磋琢磨しあっていたんだな~って
確信できた事です☆ 淀川さんに書いてもらって、ホントに嬉しかった!



3・一番驚いた作品名

「青い麦」 オ―タン=ララ監督 「ぎょへーっ!」



4・気付いた事

まぁ、普通に チャップリンと ヒッチコックは 多いですネ~(笑)。
ベルイマン、フェリーニ、ヴィスコンティ、ルイマル?、ワイラー、フォード、ワイルダー、デュヴィヴィエ、スピルバーグ、お好きな監督さんが、やっぱ多いわ~! 淀川さんも人間です☆

製作された本数に比して、この本に載っている本数が多過ぎる!
スコラ監督 と ダヴィアーニ兄弟。 (どちらも私は好きだから良いけど♪)
アルベール・ラモリス監督は、もしかして「全部」に近いのでは???

「天井桟敷の人々」のひと言感想が「フランス魂」
その通り!!!

ジェラールさま ご出演の作品が1本もない!!!
  (淀川さん、綺麗な男優 お好きなのに、ジェラール様は お嫌いなのね
  ・・・だからドロン派なんだってば!・(笑))



5・載っていて嬉しかった作品 (順不同)

「マイ・ラブ」 「エーゲ海の天使」 「ル・ミリオン」 「黒水仙」
「クライング・ゲーム」 「男はつらいよ 寅次郎恋歌」 「石の花」
スコラ監督とダヴィアーニ兄弟監督の作品群。



7・すぐにでも再見したくなった作品 

「グッドモーニング・バビロン!」



8・その他

55パーセントが未見なので、今後も楽しみにして映画鑑賞をし、
ここに載っている作品については、淀川さんにチラチラご意見を聞きたいです☆


1998年以降の作品についても、淀川節を聞きたいな~!!!
(具体的には 「遠い空の向こうに」 とかネ☆)


これを読んでいると、「何であの作品がないの?」とは思わなくなるのですよね・・・
自分的に良いと思う作品が載っていないと ガッカリだけど、
それが、そう思わなくなる・・・
映画への愛が勝って、ないモノへの悔しさよりも、
ココに載っているモノの意味を考えたくなったりするから。


見たことある作品は、載ってて当たり前的な作品が多いのですが、
その中でどうしても「?」と思えるような作品もあって・・・
でも、淀川さんの書かれた言葉を読むと、
あぁ この映画はそういう風にも見られるんだな~って、嬉しくなったりしました。


載ってなくて悲しかった作品名や、
自分的に驚いた作品名は書かないでおきます(笑)。


淀川さんの映画への愛のあふれたこの本を読み、
私も、愛をもっていたいな~もっともっと、ってそんな風に思いました♪
映画への、そして人間への。


長々と読んで下さり、有難うございました☆



*************************************



5-413  ゴジラ (60周年記念 デジタルリマスター版)  1954年・日本

2014年7月10日(木)  BS3

監督 本多猪四郎
主演 志村喬さんかな~?

感想
60年前の大人は楽しめたのかな~?

だって敗戦から9年、よくまぁここまで頑張って作ったと思うし、
監督はイノさんだし、
他の娯楽もそんなにはなかったと思うから、
きっと子供だけではなく大人も楽しんだのよね?


私は「ゴジラ」は、もちろんどういうモノか知っているつもりですが、
映画として見たことは一度もありません。
こういう手の作品は自分の子供が見たがった「モスラ」まで見たことはなく、
時代が違うので、90年代のモスラは、地球環境に優しい良い怪獣でしたので、
今回、この作品を見て本当にビックリしました。

それにね~(笑)この作品の方が先に作られてはいるけど、
私は「第五福竜丸」を先に見ているので、
ファーストシーンにはビックリ仰天、チープ感が否めませんでした(笑)。

他も全ての感想的に「・・・」な作品でしたが、
もしも60年前に生まれていて、この作品を見る子供だったら、大人だったら、
楽しめたような気がしました。

あの女優さん、河内桃子さんよね・・・う~ん、微妙。
宝田明は何の面影もなく、志村さんだけは流石感。
平田さんは、一瞬仲村トオルか?と思いました・・・カッコ良かったです☆

流石のリマスター、「画」的には美しく素晴らしい感じでした。
(上映前に説明もあったしね☆)
一部、ニュース映像は仕方ないとして、
ラスト前の海中の映像だけは いまいちでしたが、全体的には良かったです☆

50年代の邦画のわりに、音声(特に台詞)がハッキリとしていて 良かったです☆
あの音楽、耳に懐かしいけど、ふーん、こういう感じで使われていたんだね・・・。

米国製の最新作の予告編を映画館で数回見たけど、宣伝等、すごい力の入れようで、
日本映画専門チャンネルに続いて、BS3でも連続放送、私はこの作品だけで良いです

ラストはちゃんと続編を匂わせる作りで(笑)。




<<5-414  愛、アムール | BLOG TOP | 5-412  白いドレスの女>>

comment

  1. 2014/07/14(月) 07:45:42 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
miriさんの淀川さんへの敬愛が伝わってきました!
やはり当時ずっと彼の言葉を聞いていた方にとっては、すごい方なんでしょうね~。
私にとっては「よくしらないけど凄いひと」という感じで、たぶんこれからもそれくらいの認識しかもてないと思います。
何はともあれ、淀川さんのご本を楽しめたようでよかったですね。

>宝田明は何の面影もなく、志村さんだけは流石感。

そうそう、映画を観終わって印象に残ってるのは、ゴジラと志村さんだけでした。
男女の三角関係とか微妙でしたし。途中でうつらうつらしてしまったり…。
ファーストシーンはよく覚えてませんが、座礁した船だかヘリコプターだかが映った時、一瞬子供のおもちゃが映ったと思ってしまいました。

個人的には笑えて感動できるモンスター映画が好みなので、こういう社会派な内容は好みではなかったです。
他のゴジラは…う~ん、いちおう気力が続くかぎりは観ようかな?

***************

>アニメ 「眠れる森の美女」 見ました。
>お話の内容は子供の時から知っていた通りだったし、製作年度を思えばキレイな絵で結構な作品だったのですが、「バンビ」や「~アリス」のようには良くなかったです。 

原作通りでしたか?
あの魔女三人をメインキャラにするために酷い改変がされてる気がしましたが…。
本来は眠らされるまでは両親と普通に暮らしてたのに、彼女らがでしゃばったせいで親子の時間根こそぎ奪われて、それなのにアホなミスで結局悪い魔女の餌食になっちゃうし。
この作品の魔女が「魔法にかけられて」の魔女のモデルだとわかったのは良かったです。

>何故かな~???と考えて・・・宣伝入れ過ぎは、やっぱダメだと思いました(笑)。

確かに(笑)
もう少し減らしてほしいですよね~。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2014/07/14(月) 10:22:02 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> miriさんの淀川さんへの敬愛が伝わってきました!

そう言って頂けて、本当に嬉しいです!

> やはり当時ずっと彼の言葉を聞いていた方にとっては、すごい方なんでしょうね~。
> 私にとっては「よくしらないけど凄いひと」という感じで、たぶんこれからもそれくらいの認識しかもてないと思います。
> 何はともあれ、淀川さんのご本を楽しめたようでよかったですね。

世代的に、宵乃さんはその世代の普通の感じ、私もこの世代の普通の感じだと思います。
80年代後半を境に、映画の技術的なものも色々と変わってしまい、
映画評論家のお仕事も変わっていったのだと思います。

ちょうど私は映画を見られなくなった時期と重なるので・・・
今回は本当に良い本に出会えました・・・「悪霊」のスピードが落ちています(笑)。

> そうそう、映画を観終わって印象に残ってるのは、ゴジラと志村さんだけでした。

ハハハ・・・でもまぁ多くの方の気持ちを代弁なさっているような?

> 男女の三角関係とか微妙でしたし。途中でうつらうつらしてしまったり…。

あれは三角関係なのですか? ・・・ちょっと微妙でしたね~(笑)。

> ファーストシーンはよく覚えてませんが、座礁した船だかヘリコプターだかが映った時、一瞬子供のおもちゃが映ったと思ってしまいました。

水爆実験で漁船が被ばくした(いずれ人間が死ぬ)という設定なのですが、
私の見た映画は、事実を元にしてあったので(新藤監督ですし)かなりリアルでした。
比べてはいけないと分かっていても、その映画の印象が強くて・・・。

> 個人的には笑えて感動できるモンスター映画が好みなので、こういう社会派な内容は好みではなかったです。
> 他のゴジラは…う~ん、いちおう気力が続くかぎりは観ようかな?

あ、モンスター映画ってそういう意味だったのですネ?
ひと言感想の意味がよく分からなかったので納得です。
まぁ敗戦から9年、社会派の方が受け入れられやすかったように思いますよ~。


> ***************

> 原作通りでしたか?
> あの魔女三人をメインキャラにするために酷い改変がされてる気がしましたが…。
> 本来は眠らされるまでは両親と普通に暮らしてたのに、彼女らがでしゃばったせいで親子の時間根こそぎ奪われて、それなのにアホなミスで結局悪い魔女の餌食になっちゃうし。

あ、すみません、仰るとおりです、何でそう思いこんでしまったんでしょう?(笑)
そういえば、親子の時間がないのは変ですよね~どうもすみません。

> この作品の魔女が「魔法にかけられて」の魔女のモデルだとわかったのは良かったです。

あ、そう言えば そうですね~教えて頂き、有難うございます☆

> 確かに(笑)
> もう少し減らしてほしいですよね~。

この「宣伝」の意味は、普通のCMではなく、例の新作映画の宣伝をバンバンやり過ぎて、今オンエアしてる作品に(もちろんCMを飛ばしても)集中しにくかった、という意味です。 ホントに困った事でした。

> ***************

宵乃さんのテンプレート、サイドバーも含めて戻されたのですネ。
ブックマークの展開は素敵です☆(出ました、って感じ♪)

ひと言感想は検索の索引を使ったり使わなかったりで、
「たしかこの頃」とか思いこみで調べていたので、
今後は最初から検索の索引を使いますね~どうもすみませんでした~!!!


.

  1. 2014/07/14(月) 23:15:31 |
  2. URL |
  3. こんにちわ。
  4. [ 編集 ]
どもども。
宣伝までして頂きありがとうございます。
全く同意見で、淀川氏の映画愛には、とても足元にも及びません。
一生かかっても、追いつく事はきっと出来ないんですね。
話は変わって『ゴジラ』の話。
この映画はハッキリ言って、子供の時に好きなったかどうか?でしょ。(見たか見なかったか…)
しかも、女の子でゴジラが好きって、あんまり聞いた事が無いですよ。
だから、ある意味miriさんの感想はごく普通のリアクションなんですよね。
俗に言う、男の子映画だと思うんだけど…。
記事にも書いてあったように、miriさんも子供の時に見ていたら、きっと楽しめたと思います。
また遊びに来ます!

ロッカリアさん、こんにちは☆

  1. 2014/07/15(火) 17:28:12 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 全く同意見で、淀川氏の映画愛には、とても足元にも及びません。
> 一生かかっても、追いつく事はきっと出来ないんですね。

ハイ、そう思います☆
私たちの世代は皆・多分、淀川氏の背中を追いかけて、
それぞれに映画鑑賞の道を歩むのでしょうね~!

> 話は変わって『ゴジラ』の話。
> この映画はハッキリ言って、子供の時に好きなったかどうか?でしょ。(見たか見なかったか…)
> しかも、女の子でゴジラが好きって、あんまり聞いた事が無いですよ。
> だから、ある意味miriさんの感想はごく普通のリアクションなんですよね。
> 俗に言う、男の子映画だと思うんだけど…。
> 記事にも書いてあったように、miriさんも子供の時に見ていたら、きっと楽しめたと思います。

ハイ、子供の頃にちゃんと見なかったので・・・
雑誌とかでは(弟が買っていた、少年マガジンとか?)
いろいろと読んでいたのですが・・・
ロッカリアさんにも、女の子向けの昔の映画で見ていないのはありますよね~!

大人(中高年)になって、お互いそういうのもお家で楽しめる、そんな
昔では考えられないような、良い時代になりましたよね~☆

> また遊びに来ます!

ハイ、お待ちしていま~す♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


映画館で驚いたこと☆

今日行った映画館で、普通にわらわら売っているDVDたちではなく、カウンターの前のガラスケースに入ってしずしずと鎮座ましましていたのは、売れ筋?の「君の名は。」の隣に・・・「エル・スール」!!! ビックリ仰天して2度見しましたよ、それもDVDとBDの両方!!! 誰が買うのか?と非常に疑問・・・私は手持ちのそれを再見しようかな?という気持ちになりました(笑)。

このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -