FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1070  ノー・マンズ・ランド

  1. 2011/05/18(水) 23:20:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
No Man's Land  (ノー・マンズ・ランド)  2001年・
ボスニア・ヘルツェゴビナ/スロベニア/イタリア/フランス/イギリス/ベルギー



ノーマンズランド




 
.


2011年月18日(水)  BS3

監督 ダニス・タノヴィッチ
出演 
ボスニア兵  
チキ:ブランコ・ジュリッチ
ツェラ:フィリプ・ショヴァゴヴィッチ
セルビア兵  
ニノ:レネ・ビトラヤツ
UNPROFOR(国連防護軍)監視哨(アリゾナ2のフランス兵)
マルシャン軍曹:ジョルジュ・シアティディス
UNPROFPOR上官
ソフト大佐:サイモン・キャロウ
デュボワ大尉:セルジュ=アンリ・ヴァルケ
マスコミ
リヴィングストン特派員:カトリン・カートリッジ

感想
“やっぱり英語は国際語なので・賞”



以下、「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

こんばんは☆
「ヒトラーの贋札」コメントを有難うございました☆ TBさせて頂きました。
優しいタッチのイラストが、本当に素敵です♪

「ノー・マンズ・ランド」

>コメディと聞いていたのでショックが大きかったです。

誰がそんな事を言ったのですか? お気の毒です・・・コメディだなんて・・・。

私はこの国が絡む映画は、まずヒドイ内容だと思って「覚悟を決めてからしか見ない」ので、案外ヒドくもなく、納得して見終わりました。

2本続いたのは、オスカー外国語映画賞つながりだと思います。

>共通の知り合いがいることがわかって・・・取り残された男の涙に胸が痛みます。

「ヒトラーの贋札」でも触れましたが、人間には美しいモノがあると思うのです。
それを彼らは、手にしていたのに、実際にはうまく生かせなかったのでしょうね~残念です。

一人残った彼は、それを心の底から分かって、そして残されたので、きっと誰も恨まず、運命に身をを任せたと思いますが、それにしてもむごいラストシーンですよね・・・「コメディ」ではね~。

>描きたいシーンがあったような気がしますが・・・いつか元気な時に再見したら描きたいです。

ご無理なさらずに、もし良い機会があれば・・・ゆっくりとお待ちしています。

追伸:国連軍の酷さは、実際、当時のニュースで見聞きしていたのでショックも少なかったけど、宵乃さんは当時まだ小学生くらいでしたか?あまりご存じなかったとしたら、ショックが余計大きかったような気が・・・。とにかくこの「ボスニア紛争」なるモノは、現代まれにみるヒドイ戦争だったと思います・・・。
2011/05/18 (Wed) 19:45  miri〔編集〕


  
>miriさん
コメント&TBありがとうございます。
「ノー・マンズ・ランド」は映画サイトには大抵コメディと紹介されているようですし、笑えてしまったひともいるようです(信じられないけど・・・)。いちおうセルビア、ボスニアと聞いて、トラウマ映画の「セイヴィア」や「あたなになら言える秘密のこと」を思い出したので嫌な予感はしてたんですよ。オスカー外国語映画賞つながりといっても、連続で見る身にもなって欲しいものです。

> 一人残った彼は、それを心の底から分かって、そして残されたので、きっと誰も恨まず、運命に身をを任せたと思いますが、それにしてもむごいラストシーンですよね・・・「コメディ」ではね~。

ひとりぼっちで戦争の愚かさ、むなしさを思っていたんでしょうか。家族の写真を持っていたのが唯一の救い・・・なのかな。

> 追伸:国連軍の酷さは、実際、当時のニュースで見聞きしていたのでショックも少なかったけど、宵乃さんは当時まだ小学生くらいでしたか?あまりご存じなかったとしたら、ショックが余計大きかったような気が・・・。とにかくこの「ボスニア紛争」なるモノは、現代まれにみるヒドイ戦争だったと思います・・・。

小学生から中学生の頃ですね。昔はニュースはあまり見なかったので、映画を観るようになって少しづつ見聞きしている感じです。特集も一度観たかな。国連軍が見てるだけだったというのはこの作品でしっかり記憶されました。あれで国連軍がよく描かれていると感じたひともいるようで、実際はどんなだったかはわかりませんが・・・。
2011/05/19 (Thu) 10:08  宵乃  


<<2-1071  ウォール街 | BLOG TOP | (1-141)  シャレード  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -