FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-432)  追想 1956年版  (2回目) 

  1. 2010/04/22(木) 23:30:00_
  2. アナトール・リトヴァク
  3. _ comment:0

再見  Anastasia  (追想)  1956年・アメリカ



追想




 
.


2010年 4月22日(木)  BS2

監督 アナトール・リトヴァク
主演 イングリッド・バーグマン / ユル・ブリンナー

感想
色々とビックリしたんだけど、初見時は普通のテレビのオンエアを録画して見ているので、
民放で、日本語吹き替えだったと思うから、今回も初見に近い感想だと思います。

バーグマンのオスカーは、この程度の演技で?と思ったけど、
他の候補者と作品を知らないから どうしようもないけど。

あの二人が、愛しあうというか、二人でズラかるというような心の想いに
繋がってゆく過程がどうにも理解できない。

皇太后の存在が素晴らしいと思う。
本人にしかない記憶や身体のくせ、それと皇太后のラスト前の判断で、
今回は、アナスターシアという事になっているんだろうな~と思った。

ラスト前に緑色の部屋に二人を誘導して、その後の終わり方を考えると、
やっぱり申し訳ないけど監督の力量が足りないような気がしました。



初見時感想 → こちら





<<2-588  パコと魔法の絵本 | BLOG TOP | 2-587  ラブソングができるまで>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -